2019年06月17日

頭が痛くて目覚めた朝。
頭痛薬飲んで寝直す。
おもちゃショーの筋肉痛もまだとれてないけど月曜日。
ちぃ太郎の通級の日。
集団登校の出発を見送ってから、ことばの教室までちぃ太郎を送っていく。
いつもは待合室で1時間半時間を潰すのだが、一旦帰宅しPTAの仕事をする。

ことばの教室に迎えにいって、学校まで送り届けた後、今度は子育て家庭センター?の面談。

以前、父ちゃんが暴走したのを見て食欲がなくなるくらいトラウマになってしまった事を担任や学童保育の職員に相談したら、区に報告されまして、定期的に職員が子供に聞き取りに行ったりしてる。
その内容の報告や現況のききとり。
児童相談所は都の機関だが、その1つ手前、区の機関。
ちぃ太郎からの聞き取りで気になったのが、母ちゃん帰宅前にお父ちゃんが姑にガミガミ怒ってると不安になるらしい。その時間が辛いらしい。
一応、春先からはこちらも努力して子供のために良い環境を作ろうとしてるけど、炎上をさせないためにこちらが言いたい事をこらえて受け流してる、受け流しているようでいて実は全て心に突き刺さったままで、自分の方が崩壊しそうになる。その信号はあちこちに出しといて周囲に毒吐きしたぶん、迷惑かけてるなど。
表面上良好にみえても、弱いものがさらに弱いものを叩く。叩くものがいなくなったらその矛先は何処に向くのか、そういう不安もある。

ありのまま伝えた。

午後はいつもどおり仕事場へ。



  • mixiチェック

2019年06月16日

特に呆けてたわけではない

いつも通り7時半には目が覚め、
時間になるまでゴロゴロしながらスマホでニュースを読み
8時半前にダイニングの掃除をする
今日はプリキュアは無いのでコーヒー飲みながら少し休憩し
9時にことみたんのためにファントミラージュにチャンネルを変える
子供らがようやくダイニングに来て、休みの日はここぞとばかりに子供らはカップ麺を食べる(平日は食パン)
子供らの食べ終わるのを待つとあっという間に10時
ダイニングを片付けたら、寝室や2階、階段の掃除や自身の着替え、歯磨き。
そんなこんなで11時。ようやく休憩。
昨日のおもちゃショーに行ったせいで筋肉痛。
と、おもったら町内会の班長のおばあちゃんが町内会費集金に来た。90歳近いんでね?というレベル。
11時半を過ぎたら今度は昼御飯の準備で。
12時半に昼食。
子供らはダラダラたべるし、残すので、腹八分目より少ない状態で待機し、子供らが食べ終わったら残飯を食べる。
13時を過ぎたところで昼食の後片付け。

ことみたんが午前中より公園で遊びたいと大騒ぎし、今日はお母ちゃん頭と腹が痛いしすることがあるから父ちゃんに頼みな、と言っておいたので子供らと父ちゃんは出掛けていった。

ここで休憩なわけではない。
PCを起動しPTA仕事。
55人ぶんの教職員の紹介のDTP。
文字は全て手書きとプリントしたものをスマホで写真撮って送信されてきたもの。

はっきり言うと、なぜそのプリントのデータをくれないのかと。
個人情報だからPTA端末から外に出せないという理由らしい。
いやいや、これから子供らがネット教育受けて行くのに、親や教職員が先に学ぶ機会を放棄して旧式のやり方を貫くってオカシイから!!

ご挨拶の、長い文面もPCで作成したのに紙にプリントしたものを渡され、データ渡しはNGとか。
バカじゃね?
打ち直す人の手間全く考えてないし、タイプミスや校正の手間増やすだけじゃん?

これ、外注したとしても外注先も涙目だと思う。

そんなんで気がついたら17時半を過ぎており、慌てて米といで買い出しに行く。
平日に買い物してたら夕食が遅くなるので、日曜〜金曜昼のぶんをまとめ買いなのです。
食料品5千円ぶんと無くなった調味料類を買えば大体間に合う。
19時近くから作り始め19時半過ぎに出来上がり夕食。
ここから21時ごろまでが夕食兼休憩で、腹八分目手前で子供が食べ終わるのを待機し、子供の残り物を食べる。
21時から片付け、子供の翌日の持ち物を揃えたり、1階ダイニングの掃除したり。

なお、明日から小学校のプールが始まるため、初めてのことみたんのプール用品の名前書きや、水着の腰ひもをゴムに変える作業があり…。
そんな事をしてたら22時を過ぎてもまだオワラン。

22時半にようやく父ちゃんが事態に気付き子供らを風呂に入れてくれた。
自分が風呂に入れたのは23時をかなり過ぎてからだ。

纏まった休憩をとる暇もない。
自分の為の時間も布団はいってようやくとれる状態。
おもちゃショー行くのやめたらとか
オケ練習行くのやめたらとか
PTAの仕事なんか引き受けなきゃいいとか
そういう問題ではない。

やりたいこと辞めて、家族のためだけに動いたら、それこそ自分の精神が崩壊する。
自分のやりたいことははずしちゃいけない。

それより、これが日本の縮図なのですよ。
これで、男と同じ給料払ってるんだから、男と同じように働いてね、という。
いやいや、その前に女と同じくらい家事育児こなしてみなさいよ。
土日は休みでなく余計疲れる日なんだよ。





  • mixiチェック

2019年06月15日

ことみたんが、プリキュアは幼稚、小学生になったらガールズ戦士(プリキュアの実写版みたいなやつ)と完全に方針転換。
おもちゃショーのアトリウムステージが土曜ファントミラージュ、日曜プリキュアで、体力的にキツいが土曜におもちゃショーに行くことになった。
プリキュアと違うのは、プリキュアは着ぐるみショーなのであちこちでイベント開催されるが、ファントミラージュは中・高生タレントなので、ショーが出来る回数が限られる。
生出演で無料でというのは貴重なのである。

なので頑張っていくしかないのです。

なお父ちゃんは姑の薬を受け取りにいったり、要介護認定等の判定をするケアマネージャーが来るらしいのでお留守番。
ワンオペで趣味の違う兄妹を人混みのなか連れ歩くことになる。

午前のステージに間に合うように家を出て、到着時には既にシート席は埋まって立ち見の後ろの方。必然と肩車です。
まるで忍者の修行のように気が付かないまま重量が増えてるので、イベントの度に子供をのせたまましゃがんだり立ったりという足腰が鍛えられ、多分同年代の独身男性より足腰強くなってるかもしれない。

ファントミのステージを見終えたあとは、おもちゃショーの各ブースを見て回るのですが、ことみたんが気に入ったブースがある度に遊び倒していくので、果たして今日中に全フロア見られるか不安になる。
ことみたんがすみっこぐらしのぬいぐるみにはまってる間、ちぃ太郎は剣玉にはまっており、前から競技用剣玉は欲しがってたのでお買い上げ。
なお、その剣玉のブースで「英語のパンフレットありますよ」と言われたのだが、日本人に対してそんなこと普通言わないと思うので、何処人に見えたのか気になる。

紆余曲折で13時半ごろにようやくタカラトミーの手前まで来て、ファントミステージの終わりかけを見ることが出来た。
そこからがまた長くて、タカラトミーブースだけで1時間はかかって。
別フロアに入れたのが15時近く。

そこからもまた一つ一つのブースに引っ掛かりまくりで。
バンダイナムコの前まで来たのが16時頃。
そこで並んでも良かったのだが、ちぃ太郎自体は仮面ライダーや戦隊ものには一切興味なく、ことみたんは最近プリキュアには淡白。バンダイナムコのキャラクターものにはあまり興味がなく、30分待ちまでしてみるよりは、触れる他のおもちゃが良いということになり、結局バンダイは入らなかった。

総じて思うのが、この業界は親の財布を殺しにかかってるな、という。
ハイテク化しておもちゃの単価が上がり、消耗品ビジネスになっているおもちゃもある。

17時ギリギリまで会場にいたせいで、18時からのオケ練習は遅刻。
ハードな1日だった。


  • mixiチェック

2019年06月14日

会社の人事制度が男性社会で構築されたものなので、どうしても出産育児を経ると昇進昇給のタイミングが合わなくなる。

あちこちで家購入や結婚、子供誕生後の転勤が、子育て支援からかけ離れたシステムで、共稼ぎを想定していない、という話も出てるが、女性には転勤の話を配慮しすぎて振らず、昇進も出来ないままのマミートラックに入ってしまう。
ましてや管理職研修は本社や研修施設などで1週間缶詰めというところもある。
今まで、女性にだけ家事育児を丸投げにしてたからこそ、一週間缶詰めという事が出来たし、顧客側もトラブルなどで技師を一週間どころか1ヶ月工場に留め置くなんていうこともあったりする。

一週間、1ヶ月、嫁さん不在の状態で子供の一切の育児をしながら家事も仕事もこなせるように男性側がならないと、女性に転勤や長期出張の話は振れないわけで。

だからオンナは。

ではない。家の事、家族の事、何一つ出来ない状態でいるオトコのほうが問題。
ユニセフからも、育児休暇制度など制度は世界トップクラスなのに、実際に育児休暇を取得した男性比率は最低という指摘なのだ。
そして、勤勉と言えば聞こえが良いが、会社のイエスマンだけ隷属した状態。休めないのである。

30代で結婚して子を持ち家を持ち
転勤して係長クラス
40代で課長クラス
50代で支店長や部長、本部長、専務、常務
そういうモデルケースだけど、
女性の場合、適齢期がこの転勤係長のあたりになり、出産すると末子10歳までは家族の多大なサポートなくしてはまず異動や管理職は無理となる。

長寿化、晩婚晩産で、このモデルケース自体に無理が来てたりする。
例えば定年であるが、年齢でスパッと切られると未成年を扶養しているのに無職となる。
定年延長したところで、役職定年というものもあり。

もし、役職定年や定年が本人年齢ではなく末子年齢で決まるのなら、晩産や年の差婚に対応できるのではと思ったり。

今、無理に昇進狙うのではなく、
更年期障害のピークも過ぎて子供も勝手に土日に友達と過ごす年齢になったら、
多分、今抱えてる重圧から解放され、仕事に集中出来るようになるのでは?
と思ったり。


  • mixiチェック

2019年06月13日

自分も忘れ物多くて腕にマジックで書かれたクチなのであまり責められない事だが。
ちぃ太郎が連絡袋を活用してくれない。

渡されたものを連絡袋に入れてくればいいのに、入れずにランドセルの奥底でプリントがクシャクシャになってたり、参観日に学校の机のなかを点検すると、持ち帰らなかったプリントが発掘されたり。
連絡帳も帰宅したら見て重要な連絡があるかぐらい声かけて欲しいし、
連絡袋に提出物を入れているのだから、学校に着いたら提出して欲しい。

なぜ、月曜に提出するはずのものが連絡袋に入ったままなのだ?
連絡帳を取り出すときに何の疑問ももたないのだろうか?

そして翌日習字セットを持っていくなら、何故前日に言ってくれない?

朝、連絡帳を見たら習字セットって書いてあって泣きそうになった。
買ったはいいが、未開封無記名なのだ。
登校班集合時刻まで15分を切った時点での出来事。
ゲシュタルト崩壊しそうなレベルで名前書きまくった。
間に合わせたよ。


  • mixiチェック

2019年06月12日

老人のプリウスミサイル事故が多いというニュースを見てて、多くはアクセルとブレーキの踏み間違いなんだけど、にしても老人の事故多くね?という話を旦那にされたことがあって、本当に増えたのか、増えたのは何が原因かとか考えたんだけど。

ひとつは老人人口自体が増えてる。
アクセルとブレーキの踏み間違い事故は実は免許取り立ての20代の方が発生率は高い。
しかし20歳以上30歳未満の世代より65歳以上とひとくくりされる老人の数の方が多く。
発生率より数。

もうひとつが、ちょっと前の世代まではMT車至上主義の人でAT車には乗らない世代。
クラッチ操作がうまくできずエンストを繰り返すようになったら、引退という目安があったけど、AT車にはクラッチ操作がない。ブレーキを緩めれば1速で動きだし、アクセルを踏み込めば勝手にシフトアップし4速まで行く。

つまりアクセルとブレーキの踏み間違えが起きると、MT車はエンストを起こしたりエンジンブレーキがかかったりしてスピードが出ないか止まるが、AT車は加速し続けてしまう。

プリウスがダメなのではなく、AT車全般、そのなかでシェアが高いのがプリウス。

ちなみにAT車には坂道用に敢えて1速や2速に落とすシフトがあるし、セミオートマの場合、クラッチは無いがシフトチェンジは手動というのもある。

免許にAT限定があるように、老人向け車限定ににて、あえて面倒な操作をおこしエンストで止める仕組みが要るよな。


  • mixiチェック

2019年06月11日

プールが来週から始まるらしいのだけれど、眼科健診や耳鼻科健診で問題があると、医師に受診したという用紙に記入してもらわんとプールに入れないらしい。

花粉症のちぃ太郎、見事にアレルギー性鼻炎で受診するよう紙が届く。
こればかりは仕方ない。
耳鼻科のあいてる時間に仕事休んで行かせるしかない。
なお、小学校に健診に来た耳鼻科の医師はちぃ太郎が0歳からお世話になってる耳鼻科の医師。

健診の時に問題ないのはわかっているが決まりだから。

10年近くお世話になってるが、昔よりは人が丸くなった気がする。
0歳の当時は、0歳で保育園入れるなんて!みたいな口調でかなり怒鳴りに近い叱りを受けたものだ。
しかし多分、自分を皮切りに子育て支援法の施行で育休がとれるようになり仕事をやめずに続ける人が急激に増えたため、同様に0歳から耳鼻科に世話になる子供が増えたと思う。

しかも男児率高い。

更には、今言葉の教室に通ってるわけだけれど、0〜4歳に中耳炎で耳鼻科の世話になっていた男児率高い。
子音の発音がおかしくて来る。
耳で聞いて覚える時期に、中耳炎で高周波数の音が良く聞こえておらず、中途半端な発音で言葉を覚えてしまった感じ。




  • mixiチェック

2019年06月10日

ちぃ太郎の言葉の教室の通級日。
発音の悪い箇所、文章読解能力の状態など担任から報告を受ける。

自分自身、短期記憶が苦手で、単語の意味のイメージがつかめるまで頭に入らないタイプなので、ちぃ太郎がわからない単語が出てきた瞬間に頭がフリーズしてしまい次に進めなくなるのは良くわかる。
読書感想文で本を読まなくてはならないのだけれども、文学作品は作家が良く使う古い言葉が出てきたり、都会経験値の無いものには新しい言葉などで書かれてる書物はかなり壁を感じる。

マニュアルを読める力はつけないと、将来の就職に障りがあるので、頑張って欲しいところ。


  • mixiチェック

2019年06月09日

先週、日曜日にリポビタンDを飲んで少し疲れがスッキリしたので、今週も飲んでみたが全然スッキリしない。
何故かなと思ったら頭痛も始まったのて、いわゆる月経前症候群ってやつかね?
乱れまくってるので本当に自分の体調が読めない。
それにプラス、やはり体調が落ちると不安が急に襲ってくるみたいなのがあって。精神が不安定になる。


例えば、ことみたんが粗相して父ちゃんがヒステリックな声をあげると、昨年浴びた罵声がフラッシュバックして、涙が出てくるとか。(その当時はポーカーフェイスで泣きもせずただただ興奮状態がおさまるのを待って、相づちうってやり過ごしたんだけど、深く記憶に刻まれてしまった。多分当人は何言ったか覚えてないと思う。)

ことみたんに「おかあさんは、泣いたり笑ったりしないの何で?」と聞かれてしまった。
それくらい、無表情というか、感情を出すタイミングを失ってる。
ことみたんに言おうかと思ったけどやめた。
ことみたんが寝たあとや鍋洗ってる時とか、勝手に涙が出てしまう時があるんだけどな。

こどもにそう言われるレベルで病んでるんだなとハッとさせられた。
トラウマは少しずつ自己解決していかないと。

良いことをひとつずつ見つけていかないと。


  • mixiチェック

2019年06月08日

中々連続した時間がとれなくて、ようやく1つ保育園関連のDTPを終えた。
しかし連続して今度はPTAの広報誌のDTPがある。

PTAを今の共稼ぎ過半数の状態でも参加しやすいように改善させるからには、従来のものを一通り体験しないと説得力がない。
通年でなく半年の担当というからやってみてるわけだが。

これは、普通のフルタイム勤務者と未就学児持ちはやっちゃいけないものだ。
普通でない、経験者でもフルタイム勤務者は休暇をとってやらないとダメな部類。
今のやりかたのままなだとな。

多分、広報誌コンクールみたいなものがあるから、先鋭化して大変な事になってる。
今の時代は紙ではなくネットだ。
情報を会員に伝える、という目的なら会員制サイトを持って内部公開、スマホなど持っていない人は学校の端末で閲覧でも良いのでは?と思ったり。

それこそ、学内撮影画像をネット掲載禁止とかやってる訳だけど、逆に教員も入った独自の会員制サイト内ならOKならば、現状非公式に外部SNSやクラウドで行われてる撮影画像のやりとりが教員の監視下で行えるんでは?と思ったり。
そして、ハイスペックカメラをお持ちの方々がおるので、写真サークル作らせ、行事撮影等を一部依頼したりとか。

みんなLINE使いたがるようだけど、出欠の話だけで通知山盛りで、はっきり言ってグループウェアのほうが出欠やアンケートが楽だし。

アンケートとか、原案→校長などに確認→印刷→クラス配布→保護者→クラス回収→集計という一週間スパンな手間がかかってたのに、グループウェアだと即日集計出来るし。

今ね、手書きで回答されたプロフィールアンケートと、写メで送られてきた教職員一覧で涙目になってる。
教職員一覧を元データでくれれば、肩書き名前のコピペが出来るし、アンケートもネット回答ならコピペで文字入れられるのよ。
それが、目視で打ち直しなのよ。

グループウェアならアカウント情報に記入してもらって、CSV書き出しして、DTPソフトの可変データ流し込みで一括で入れられるのよ。

そもそも、アンケートの様式を、実レイアウトと同じレイアウトにしてくれれば、縮小スキャンして教職員の直筆プロフィールという事も出来たのに。

手間を減らすための段取りというの、反省会で提案しないとな。


  • mixiチェック