2018年01月23日

なんだかんだと20cmぐらい積もる大雪になりました。
近所では夜のうちに除雪している人が居たけど、結局さらに積もったわけで。

朝、斜向かいが除雪する物音で慌てて起き雪かきしました。
車の轍だけ踏み潰されて圧雪で固くなり、角スコップでないととれないレベル。
その辺はだてに北国の農家生まれではないので、要領よく砕いて除雪したわけですが。
昨夜除雪した人が道路の側溝の排水穴塞ぐように積み上げているわけで。
排水の為の溝掘りをしたり。

融けた時も考慮して積み上げる位置を考えないと。

自分家のまわりはほぼ終わったけど、アパートや老人世帯の家の前は除雪されておらず、小学生の集団登校時に歩き辛そうだった。
コンビニ前は7時過ぎてからオーナーがようやく雪かき始めたけど、駐車場が広く、そして慣れてないみたいでなんか要領が悪い。

結局、ちぃ太郎を見送った後も通学路周りを軽く除雪したわけだが、待たされたことみたんに怒られた。

そんな雪も日が昇ると幹線道路のはほとんど融けたわけだが。
日陰になりやすい路地のは夕方になっても残ってシャーベット状。

ことみたんは帰り道あえて雪の残る場所を踏み潰して歩いていた。



2018年01月22日

予報通り大雪になったわけですが。
3時前からボスが早く帰っていいと声かけたものの、誰も動かない。
向かい側の席の人が横浜よりむこう側から通勤してるので、声かけて3時に帰らせた。
案の定、東急線などは4時過ぎから駅ホームへの入構制限が入ってたので、それは正しい指示だと思う。

自分の路線は台風で全滅でも30分だけ運転見合わせただけ、震災の日ぐらいしか止まらなかった路線だし、自分が一番近くに住んでいるので、定時まで仕事しても問題ない。
しかし、保育園に子供を預けている以上、保育士だって早く帰りたい人もいるだろうし、人数少ない方が負担軽減になるので、敢えて早退することにした。

自分は大丈夫でも、何らかのサービス受けている以上、そのサービスを行ってる人を留めてしまうこと、考えた方がいい。
同じく子持ちの人がまだ居たので、保育士だって早く帰りたいんだから俺は帰るよ、と帰る服装してその人にも帰ること促したよ。

なお、我家、40Aの契約なんだが、昨日今日と続けてブレーカー落ちた。
今まで寒い日でも落ちなかったのに。
ちょうど浴室暖房つけてる最中なので、その間にフル稼働エアコンとポットと冷蔵庫起動が入ると落ちるのだろうか。

ちぃ太郎と風呂入ってる最中だったので、ちぃ太郎は怖さを通り越した笑いをしてた。
昔なら懐中電灯探すところだが、今はスマホライトがすぐつけられるので便利になったもんだ。

なお、ブレーカーは脱衣所にあるので、全裸でブレーカー戻したわけだが。
結露による漏電の疑いもあるので、家電の点検しないといかんね。



2018年01月21日

昨年ポケバイを初体験したわけですが、今年も川口オートレース場で行われる体験に応募しました。
昨年は年齢が満たなかったことみたんも申し込んでみた。

ちぃ太郎は昨年受講した事もあり、エンジンスロットルの扱いに慣れると、フリーで単独周回にうつり、多少のぎこちなさはあるものの問題なく走行できるようになった。
ことみたんはエンジン音にびびって、それ以降イヤイヤモードに。エンジンを切りストライダー状態でなれさせる方に切り替えた途端に元気になり、疲れたとかいいながら何回か足けりではあるが周回してた。

レースコースの方では、ポケバイスクールの生徒が体験走行していた。
そのうちの1台が転倒というハプニングがあったけど、マシンもレーサーも無事で、自走でピットに戻っていた。
女児レーサーもおり、やはりマシンもスーツもパステルカラーで、原色だらけの男児スタイルとは一線をかくす。

ポケバイ体験は午前中で終わりで、午後はちぃ太郎の要望で上野のヤマシロヤに行ったのだが、昨年はハンドスピナーコーナーがあったのに、無くなってた。
ちぃ太郎の落胆が凄すぎたので、ヨドバシカメラに行って探したら、レア物も置いてるコーナーあった。
一気にちぃ太郎のテンション上がり。

でもちぃ太郎のハンドスピナーの買い物額より、待ちきれずにアレモ欲しいコレも欲しいになっていたことみたんの買い物総額の方がでかいのよね。
ちなみにちぃ太郎の買ったハンドスピナーはタイヤ型やホイール型と言われる円形のもの。
レア物なのか鍵がかかったショーケース入り。




2018年01月20日

トミカ発売日なので、昼前にヨーカドーに行き、そのまま昼食をヨーカドーで済ませ、なしくずし的に公園遊びに突入。
早く遊び始めると、飽きるのもいつもより早くて、まだ日の当たる3時にはもう室内遊技場にいきたいと言い出す始末。

しかし、今日は何があったのか知らんけど、公園にも身なり整えた親子の組合せがいたし、室内遊技場付きのカフェも満員御礼。(しかもここの人ではなさそうな会話してる)

その時は気付かなかったが、大規模マンション開発の発売開始だったらしい。
モデルルーム見学と近隣下見の人と言えば、身なりも聞こえてくる会話の内容も合点がいく。
(流行りなのか知らんけど、そこの奥様方、なんで高そうなコートがお揃いなの?みたいなw)

自分だったら、この立地のマンション、どんなに付帯設備が良くても、売り出しの値段で買いたくないな。
そこのマンションよりは、ことみたんのクラスメイト2名が住んでる中古マンションの方が立地がよく、築20年でも値崩れなく中古取引されてる。子どもがいる間だけと割り切るなら、絶対その中古マンションの方がコストパフォーマンス高く質の高い生活が出来ると思う。
共稼ぎなら尚更、駅、学校、保育園、スーパー、病院の距離は重要。


なお、室内遊技場は30分くらい待ったら入れた。
暫くすると、

「えんだーーいあー」

と熱唱する声。ちぃ太郎の声である。
そしたらカフェの隣席の親子が、さっきまで公立校の校長の子ですら私立中学入れるレベルで公立は酷いと話してたのに、「今この曲はやってんの?ホイットニー・ヒューストン?」みたいな会話になった。
「えんだーーー」だけで曲を想起させるレベルで歌えるちぃ太郎もスゲェ。

ここの学区はこういう子も居ますわよ。
皆様なんか余所行きの出立ちですが、思いっきり普段着で来て男言葉で子供をあしらい、子どもを放牧中ネトゲしてる親も居ますわよ。
もしかして、俺、外国人みたいに思われるの、日本女性らしからぬ振るまい出立ちだからか?



2018年01月19日

昨日今日と学校公開(任意の授業参観)だったので、今日仕事前に行ってきた。
(というか、午前中の会議、自分がいる意味を感じないから会議に出ない理由にしたいのもあった)

子どもって、友達の親がわかるのか?
それとも、ちぃ太郎や俺の顔のインパクトが強くて覚えられやすいのか?
朝の運動の後に教室に戻る子どもとすれ違う度に「あ、ちぃ太郎のお母さん」と言われるのだ。
顔もよく知らん子から。

保育園なら毎日送迎で顔合わすから、子どもが他人の親の顔を覚えるのはわかる。
小学校はそんなに顔合わせてねぇぞ。
そりゃ、出来るだけ行事には顔だしてるけどよ。
PTA役員みたいに頻繁に学校に出入りしているわけでもない。
大平洋ベルト地帯の弥生人顔にとって縄文人顔はやはりインパクト強いのだろうか?

自分自身思い起こしてみると、特徴を持った親子瓜二つタイプは子どもの目からも、友達の親というのが直感的にわかってた気がする。
そうでない親子は、親の顔見て誰の親か言える自信がない。

個人的には、自分は人の顔と名前を覚えるのが苦手なので、顔写真つきの名簿が欲しいところですが。
個人情報とかうるさい世の中なので作りにくい事情もわかるけど。
そもそも作るのが手間なのもわかるけど。
PTAのIT化はして欲しいところ。



2018年01月18日

今週ほとんど仕事場で眼鏡かけてる。

朝の支度の時は気にならないのだが、地下鉄のコンコースに降りたときに目のみえなさに気づく。
明るいときは瞳孔が小さくなって被写体深度が深くなりそこそこ見えるのだが、地上から地下などに行くと蛍光灯の暗さでボケに気づくわけで。

乱視ならまだいい。

ずっと同じ距離のPCのモニタばかり見ていると、別の視点に眼を合わせようとしても暫くぼやけたまま。
この暫くがだんだん短くなるとよいのだが、長くなってる。
そして子供らが見て見てと差し出すものが至近距離というレベルで、そろに焦点が合わなくなってきている。

世間ではそれを老眼という。

ボチボチ、新しい眼鏡買わないとだめかね。



2018年01月17日

ちぃ太郎がお金持ちになりたいというから、時々マジレスしてる。

まずもって、金持ちになる人は無駄なことはしない。
ものを大事にするし、人も大事にする。
そして、価値のあることに金を使い、価値が下がるものには金は使わない。
そして、だいたい頭がいいし、自分の欲のコントロールが出来てる。

おもちゃひとつにしても、テレビ放映が終わり次のシリーズになるとたたき売られるようなものには手を出さない。
中古になっても使える流行り廃りの関係のない普遍的なものを持つ。

YouTuberが贅沢や浪費してるのは、その浪費自体がコンテンツになっているからであって、浪費のネタギレや視聴者が浪費の見学に飽きたらバブル崩壊になる、薄氷を渡るような人気なのだ。

ちぃ太郎がYouTuberになりたいという時も、毎日みんなに見てもらえる内容を考えられる引き出し=知識やひらめきが必要な事を説いてる。
客観性とコンプライアンス、知識、そして叩かれても耐えられるメンタルが必要。

自分で面白いと思った話を、しゃべっている途中で自分が笑ってしゃべれなくなってしまうようでは駄目。

仕事は、誰かがやりたくない事、誰かができない事を代わりにするからお金をもらえるわけで。
好きな事を仕事に出来る人は少ないし、仕事に出来たところで、やりたくない事も仕事として受けなければならず、好きな事をしているはずなのに苦しい時期というのがある。

まだ子供にはピンとこない話だけどね。
たまにマジレスする。



2018年01月16日

昨日の学童保育申し込みの後の出来事なんだが。
敢えて面談時間をちぃ太郎の帰るより前の時間にして、帰宅を一緒にしたわけで。
面談終了後にちぃ太郎の帰り支度を眺めてたのだが。

ロッカーにランドセルに押し込められてグシャグシャになった紙くずが。

ちぃ太郎が落書きして突っ込んでたのかと思いきや、ちぃ太郎の筆跡とは違う文字が。
そしてピンクでハートマークなんてついてるし。
明らかにちぃ太郎の落書きではない。

職員と一緒にちぃ太郎が紙くずを展開したところ、ちぃ太郎の名前ハートマークと女子の名前が。

ラブレターかよ。

しかしがさつなちぃ太郎はロッカーの手紙には一切気付かず、ランドセルとともに押し込んでいたわけで。いつのものやらわからんね。

そして訳がわからずいきなり捨てようとするちぃ太郎を職員が止めた。

もしかして、時々鞄に入っているちぃ太郎のではなさそうな紙くずはコレか?
マセ女子はこういうの好きだからな。

ちぃ太郎にはまだまだ理解不能な紙くずなのである。



2018年01月15日

学童保育の申し込みの為に早退しました。
保育園は継続手続きなのに、学童保育は毎年申し込み、しかも該当の学童保育に対面で面談しながら申し込みという。

他の地域は公的学童保育の他、保護者運営や塾やスポーツクラブ経営の民間学童があるわけですが。
この地域は下町の町工場で昔から共稼ぎが多かったのと、区議に左翼が多いのもあって、ほぼ100%公的学童。
認可保育園のような審査を経て学童クラブに入ります。
過半数が学校内にあり、不足の場所は最寄の児童館内や旧公団(UR)にある。
小1ならば一定水準以上ならほぼ入れるよう、自治体が定員の見なおししてくれる。配置される職員も、公立保育園や児童館の保育士が持ち回りで転属してきた職員。
もし親の勤務形態や祖父母近居、年齢が上で基準が達せず、学童保育に入れなくても、ボランティアの見守りがある自主活動主体の放課後クラブがあるので、居場所は確保して救済するようにはなっている。

年齢が上で、というのは、審査の点数が小1、小2で加点があるため、小3は両親が外勤フルタイムでないとほぼ無理、という感じ。
小3にもなれば、公共プールも保護者無しで行けるし、塾やスポーツクラブ通いも親の付き添い無しで行けるようになるので、逆に出欠連絡の管理が厳密な学童保育が合わない家庭も出てくるわけで。

人それぞれ。

小4からは、学童保育の特例利用で放課後クラブへ所属という形になるらしい。

小1の壁で学童保育問題があげられるけど、記事を書いているライターがだいたい城南や城西、湾岸の方なので、私立小学校通いや、公的学童と民間学童がせめぎあう地域の視点で書かれてるため、地域によって仕組みの差や温度差がある。

昔の人口密度が低く広場や空き地があって、自営業の人が見守っていた昔の感覚で「小学生なら留守番出来るだろ?」なんていう年配の人がいますが。
広場は公園と校庭しかない、友達が集まれる広い家は限られ、最近は子供の友達を家に上げる親も少ないし、他人が家に招き入れようものなら通報されるレベル。

犯罪が増えたんではなく、昔から子供に対する犯罪はあったが、特に性犯罪系は立件されていないで隠していただけだと思う。
事故にしても昔のほうが事故があったわけで。

それだけ少ない子供を守らなくてはならない世の中になったわけで。

甘ったれの愚息が、高学年になったら自主活動出来るのかという市松模様な不安。



2018年01月14日

昨日今日と、午後は公園で2時間遊ばせた後に室内遊技場で暴れさせた。
暖かいときは外で3時間は遊び倒す子供らなので、寒いこの時期は辛い。

ちぃ太郎の保育園時代、A公園に行けば必ずちぃ太郎に会えるというレベルで、保育園に知られてたわけだが。
昨日一緒に遊んだ小学校の子が今日も来ていて、ちぃ太郎に会うなり「今日も来ると思って午前中来たけど居なかったじゃん」みたいな事言ってた。
さすがに午前中から来ないわ。
小学校でもA公園常駐認定か?
そして相変わらずちぃ太郎は弄られキャラ。
本人は小山の上でボーッと日なたぼっこしていたいのに、他の子のゾンビ遊びに絡まれてる状態。

一方ことみたん。
昨日、室内遊技場内で髪結いゴムをなくしたらしい。昨日は夕方外出なので父ちゃんに迎えをなのみバトンタッチしたのだが、無くした悔しさで号泣だったらしい。
今日遊んでいる途中で発見し、かなり上機嫌だった。

あちこちにポイっと置くクセ、その置いた場所を訊ねると置いた事を思い出そうとせず、勝手な推察で違う場所を探し始めるクセ。
全部に付き合ってるとなかなかイラッときます。