2017年09月19日

会社の育児休業規定が、国の法律に従って改訂の、組合の承認があったんだけど。
会社の組合員と言っても、子育て世代になると一部管理職になってたりして、殆どが未婚や子無しで構成されるわけでして。
子持ちでも奥様は専業主婦とか、実際に保活に苦しんで入れず辞めちゃったりで、本当に育休延長に直面した人というのは少ないので、誰もピンと来ないまま承認というのを繰返していた訳です。

なので、おいらから。
実際に育休延長せざるを得なかった人、延長しても保育園に入れられず退職した人はいるのか、をまず質問。
1〜2人は出てるらしい。
なので、一から新人を育成するコストを考えると、育休延長しても保育園に入れられず復職できなかった場合に、無給でもいいから、幼稚園に入れる4月度3歳まで休職して、復職できる救済措置が出来ないものか。
女性に限らず男性だって、相手が専業主婦であってめ突然の死別や離別で、子供を保育園に入れなきゃならない時がくるかも知れない。その時にすぐ入れる訳ではないので、休業せざるを得なくなる。
最近は幼稚園でも2歳児を入れられる仕組みを検討しているし、企業主導型保育で企業が会員になると1口1枠優先入園出来るものも出来ている。
生まれ月によって満2歳から4月度3歳児まで最短1年、最長2年弱開く。
法に準拠するだけでなく、その時になってばたばた協議するのではなく、今から何らかの救済措置を独自に設けた方がよいのではないかと。

俺は育休とらずに復職したけどな。



2017年09月18日

台風が日本海に抜けて南風が入り、一転猛暑。昨日、一昨日は寒かったのにな。

昨日に引き続き掃除。
といっても台所。
昨日、あまりにもシンクの汚さとカビ臭さが気になって、子供の放牧前に掃除したんだけどね。
普段、姑に任せてるんだけど、ここ1、2年の耄碌ぐあいが酷くて。
ズバリいうと、シンクの見える位置に黒かびが10×3cmの横線になって見えてるのに、掃除しないんだわ。
その他に三角コーナーの網目が塞がるくらいに脂とカビのコロニーとか。

もう、そういう掃除が出来なくて、食器洗うだけみたいな片付けしか出来なくなってる。
その食器というか、調理器具も調理でミスト化した油脂がびっしりと付着してて、ギトギトする。
調理に使ってるザルやボウルの縁にはびっしり黒カビ。
真ん中しか洗わないで、縁まで洗わず、の典型的な末路。
フライ返し等をかけておくスタンドに到っては、何故か魚臭い油がびっしり付着。

旦那妹が来て姑とご飯食べに出掛けてる間に、これらを掃除しただよ。
この一年、何回か腹の調子が悪くなったりしたけど、こういう汚れた調理器具で水切りとか加熱後の工程につかわれて汚染、普通3日もつところ、1日でヤバイ状態になるのですわね。

小中で家庭科を習った世代には当たり前の家庭科の知識、戦前生まれにはないから。

夕方は、子供たちとプールで泳いできたよ。
学校や保育園のプールシーズンが終わったので、プールに行きたい熱が復活。
日中は整理券が配られるほど混んでいたが、夕方は並ばずとも入れるので。



2017年09月17日

雨なので、午前中はお掃除。
山盛りに無造作に積み上げられたおもちゃを何とかしなくてはならない。
元の場所に戻せば済む話、戻さず適当な場所に置きっぱなしで、それを更に姑が無造作に袋やら空き箱に入れて積み上げる。
子供には見えなくなった=無いのと同じなので、また新たに出してきて遊んでまた出しっぱなしで、以降無限ループ。

子供は「片付ける」というと、箱にしまわなきゃならない=見えなくしてしまう、しまう=おしまいにする、というわけで、かなりモチベーションが下がる。

見えやすく分けようか?
格好良く並べようか?
と言うと、反応は変わるものである。
見えなくする片付けでなく、取りやすくする、格好良く見せる、陳列というやり方は、児童館等のおもちゃ棚のやり方。

多分、天井突っ張り型の間仕切りを改造してトミカが入る厚みの棚を作ると、見える収納になるんだろうな。
純正の引き出し式のケースをいくつか持っているけど、車が見えないわけで。
トミカ博やトミカショップにある陳列ケースみたいな感じにしないとダメだろう。

コミック棚より薄い棚は既製品では無いので、作らなきゃならんよね。

午後は、そういうストレスがたまったようで、ちぃ太郎みずから室内遊技場に行きたいと言い出し、放牧。
1時間のつもりが1時間半居座った。

しかし世の中、さらに強者が居るもんで。
会話の内容から3時間近くも親同士が話し込んでるグループとか。
夫婦?でノートPC持ち込んで険しい顔でパワーポイント作成してる人が、俺ら来る前から居て出るときもまだ居たので、ずーっと子供あそばせてんのか…。
という感じの人もいるので。

親の息抜きや、集中して仕事したいときは、必要だよな。



2017年09月16日

先週はちぃ太郎向けのお出掛けだったので、今週はことみたん向け。
ネットとは便利なもので、キャラクターショーの開催イベントをまとめてくれているサイトがある。
近場のプリキュアイベントを探して行ける範囲のものをピックアップ。

ショッピングセンターのイベントを発見し行くことにした。
とはいえ、鉄道ではかなり大回り。バスで行くことにしたのだが、始めて乗る路線…。と思ったら、とある公園に行くときに乗るバスで、終点まで乗るだけだったということに、乗って最初のバス停で気付いた。

バスの終点近くになって、ことみたんが便意をもよおし、バス降りてすぐ駅ビルのスーパーのトイレに駆け込む。
10分以上遅刻して現地入り。

規制線からはみ出る状態の人だかりプラス、変なところに柱が何本もある関係であちこちに死角が出来て、フロアを有効活用出来てない感。

ショーの内容は先月競馬場で見たものと同じ。
しかし、着ぐるみの身長や太ももの太さが違うのもあるので、中の人は競馬場のとは違うと思われる。

ビブリーがバック転するしな。

1回目のショーではやはり見足りなかったようなので、室内遊技場で発散させ、おもちゃ売り場で買い物したあと、2回目のショーの席取り。
殆どシートで場所取りされてたが、端っこがかろうじてあったので、そこで席をとり、とりあえずドーナッツで空腹満たして、買ったおもちゃで気をまぎらわせで待つ。
時間30分前になると、プリチューム姿に着替えた子供がぞろぞろ前列に戻ってきたので、多分筋金入りのプリキュア追っかけなんだろう。だからレジャーシート持ってくるとか段取りがいいのね。

2回目はフルでみました。
柱は相変わらず邪魔な位置にあったけど。

この混雑ぶりやサンシャインのイベントの混雑ぶりを考えると、競馬場のイベントはある意味見やすくて握手もできたお得なイベントだったのかもしれない。



2017年09月15日

電動アシスト付き6人乗りベビーワゴンが軽車両な件。
自分は最初から「そーよねー。照会された奴はでかいから軽車両になるよねー。警笛やブレーキ必須になるよねー。」と読んでたのだが。
半日後にその記事関連みたら、いつの間にか「電動アシストベビーカーは軽車両だから車道を走れ?シルバーカーは歩道走ってるのに?」みたいな話になってて、伝言ゲームの恐ろしさと原文を確認しない恐ろしさを感じてしまった。

規定のサイズ以内なら電動アシストベビーカーも歩行者扱い。
サイズ超えたり、尖ったデザインだったり、アシストし過ぎて加速や自走するようなものなら、軽車両や原動機付きになる。

電動車椅子だって、規定の速度以上なら歩行者から外れ原付自転車になる。
たまに、電動アシスト自転車がアシストしすぎとして回収されてたりする。

セグウェイは小型特殊扱いになったらしい。
小型特殊というとどうしても田植え機や耕うん機、市場のターレーを思い出してしまう。あれと同列なのか?

それよりも。
原動付き自転車、またはミニカーの幼児2人乗せのガイドライン作って製品化して欲しい。
車買えよ、と言われるかも知れないが、都市部の特殊事情で、自転車置き場しかないアパートに住んでるとか、保育園幼稚園の送迎は車禁止とか、駐車場の無いスーパーが多いわけで。
都心のミニ戸建になると軽自動車置くのがやっととか、道路が狭くて家から離れた駐車場借りてとか。
自転車置き場に置けるサイズで、安定感のある荷物や幼児乗せが出来る、風雨カバー付きの3輪、4輪バイクあると便利。



2017年09月14日

昨日、人間ドッグの結果届いた。

内臓系、要経過観察だらけ。

バリウムなんで詳細は内視鏡じゃないとわからんが、胃にポリープらしきもの。
これは、前に胃カメラ飲んだレベルで痛かった時に、びらん(ただれ)があると言われてたから、そういうのが出来て治っての繰返しで胃壁に凹凸があるのだろう。
どうりでバリウム検査の時に特定の角度、何度も撮ってたわけだ。

肝臓は、前からある血管腫。1つだと思ってたら2つあるよと言われ。
これも経過観察。

心臓は低電位。

腎臓は尿素窒素低すぎ。赤血球白血球混入。

コレステロールが高い。

追加オプション(自費)の婦人科系は特になし。




2017年09月13日

風邪が治らんで、マスクしてます。

昨日、夕方に新校舎の説明会だったものでお迎え頼んだんだけど、帰宅したらお父ちゃんパニック状態。
ことみたんが下痢をした。
そこまでは良いのだが、血便が出てるという。

ウンコまだ流さないでいたので見たら、確かに赤いのある。
そらパニックになるわ。

しかし、なんか違う。
赤いのは何となくゼリー状にまとまりがある。
出血というより、経血みたいな。
よく見ると食物繊維みたいな。

保育園に電話して、昼食などに赤いものがあるか聞いてみた。
その日は保育園では元気だった。
昼はパプリカ。その前の日のおやつはスイカ。

スイカだ。

以前、大学の後輩が子供が血便だした!とウンコ紙おむつを持参して病院に駆け込んだら、スイカの食物繊維というオチを聞いていたので。
月曜のお迎えの時にスイカ割りの写真が掲示されてたし。

夜はことみたんはお腹が落ち着かない様子だったが、寝る頃には元気で、翌日も元気に登園。

赤い便はスイカ。
それはいい。
んじゃなんで下痢した?
以降下痢してないのでそのまま有耶無耶に。



2017年09月12日

土曜日うっかり学校新校舎の説明会に行き忘れたので、地域むけの説明会行ってきた。
配布資料に日付会場が入れられていたので、保護者むけと異なる内容もあるのだろう。

蓋あけてから、思ってたんのと違う、前は出来てたことが出来なかった、新しいことがあるのに手続きの時期逃した、そういうのは困るから、なるべくこういうのは出席したい。

結論からいうと、資料には書いてないが、集会施設は金管打楽器禁止の方向、
音楽室など特別教室の一部は教育委員会に団体登録のうえ、貸出し。
ただし音楽室も金管打楽器の利用は考えてなく、ピアノ伴奏の合唱程度を考えていた…と。

これで黙ってたらその通りになってしまう。
今までも楽器演奏者がこういう説明会に出席して意見を言うというのは無かったのだろう。
資料に明記なしと言うことは、まだ方針段階で確定事項ではないと読んだ。

質疑応答で、言ったわ。
金管打楽器禁止との事ですが、区の楽器奏者は合奏する場所が無く、しかたなく他区に行って活動してる。子供が出来て移動時間がかからない近場で探してもなくて、やめざるを得ない人もいる。
学校内にある施設だからとの事で金管打楽器禁止としたわけだけど、授業のない休日、近隣の迷惑があるなら日曜の日中だけとか、使える団体は何かの審査をして制限があっても良いから、金管打楽器を使えるようにならないかと。
地域に根差した、地域のお祭りにも参加できる楽団にしたくても、活動の場がない。

こういう意見を議事録に残さないと、なかなか区政に反映されない。
多分、陳情や請願をしないと本気で考えてくれない。

みな、無いよな、出来ないかな、ばかり言ってて、実際に行政側に市民として意見を言う事をしない他力本願指示待ちな人ばかり。

出席しておいて良かったよ。
決定事項になってしまうと改訂が難しい。(パンフやHPに明記された後だと、修正変更は金がかかる)




2017年09月11日

小田急線の火災延焼について、システム運行のバグに似てるなと思った。
色んな装置やシステムに緊急停止ボタンというのがある。
特に命に関わるような機械には必ず赤ボタンがある。

ただ、その赤ボタンを押すと単純に電源を強制切断するタイプは、だいたい何かの不具合を起こし、再起動に時間がかかったりする。

エレベーターみたいな途中階で停止すると困るものは、今では緊急地震速報を受信して最寄り階に停止する。

ウェブシステムのサーバーの場合、ディスク書き込みの途中で電源が落とされると、ファイルが途中で途絶えDBが壊れたり、ディスク自体がクラッシュするので、無停電電源UPSに切り替え、外部アクセスを中断し、ファイルの書き込み終了を待つ。

話は戻って小田急線だけでなくすべての鉄道の緊急停止について。
以前、京浜東北線だったかで、長時間停車していけない区間で停車し、ショートして大停電になった事故があったけど、止まっちゃいけない区間は結構ある。
そして電車はポイントを通過すると戻ることはしない、そういう前提がある。
例えば津波浸水地域で地震にあったとき、高台から平地の下り坂で緊急停止した場合、送電がストップした場合、津波警報がなったらどうするのか。

客観的に、引き返してさっきの高台にと行きたくなるが、バックは出来ない。
現場の運転手の判断で移動する権限がいると思う。

今回の不運、
消防士が電車を止めるよう警察に指示をし、警察は踏み切りの緊急停止ボタンを押した。
列車の運転手は火事の煙に気付かず、踏み切り事故と思いすぐブレーキをかけ停止させた。
もし煙に気づいてたら現場を過ぎてから停止してた。
停止してから沿線火災に気付き、手動で解除し運行指令に移動の許可を取ってる間に延焼し始め、気付かず移動し始めたところで消防が延焼に気付き再度停止。

本当にタイミングがすべて悪いだけなのだが、何となくシステムのバグのように感じる。



2017年09月10日

60698d74.jpg
e567771d.jpg
69aca3b0.jpg
031a9fa0.jpg
786f1252.jpg
8cc23be5.jpg
8f46e3e8.jpg
f81bba97.jpg
かれこれこのイベントに来はじめて3年目。
少しは知られ始めたのか、いいカメラを持ったブロガーらしき人が3人ぐらいいた。
とはいっても、やはり宣伝をたいしてしていないというのもあって、他のイベントに比べたら並んでもすぐ順番がきてしまうレベルで人が少ない。

今年は浅草や神楽坂でも似たようなイベントがあり、ハイパーレスキューの展示が今年はなかったのだが、その代わり国土交通省の作業者を増やしたという感じ。
今年はヘリコプターも参加。

見ごたえはあるのだが、なにぶん宣伝が足りず、知る人ぞ知る状態。