2017年04月19日

今まで行ってたイベントが、小学校行事やら親の都合で行けそうもない。

例えば、幡ヶ谷の消防技術安全所の公開イベントは、小学校の公開授業、つまりちぃ太郎が登校日で午後から行くにしても、中途半端。
先月の米軍横須賀基地の公開イベントは卒園アルバム編集と被ってた。(寒空だった為、無理して行く距離でもない)

5月の東京みなと祭りは、土曜が小学校の運動会で、日曜日は予備日。
その日曜日の午前中には地元音楽教室の発表会の練習を入れてしまった為、例年日曜日午前中に行われる消防庁の水のページェントは見れない。

第六消防本部の公開イベントの告知はまだされてない。
なお、5/2に小学校の引き取り訓練があるので、5/1、5/2と休みをとって遠出というのは出来ない。
なんつー日に引き取り訓練をいれるんだよ。

行ってみたいのが米軍厚木基地の公開イベントだが、距離的にことみたんがついて来れるか悩みどころ。

他に気になるイベントとしては、各地のららぽーとでレゴのイベントがあるらしいが、最寄のららぽーとが豊洲、三郷、南船橋。
一番大きいイベントが南船橋のららぽーと。
それだけの為に行くにはちょっと距離がある。
ちょっと足を伸ばせば三番瀬があるので、潮干狩りとセットかと思ったが、ららぽーとと三番瀬って微妙に距離があるのね。
むしろ海浜幕張まで電車で行ってカンドゥーに行くのも手段か?と思ったが、カンドゥーの入場料って結構するのね。

一番近場としては東京ドームでトミカスタンプラリーがある。
遊園地に行くのはよいが、身長制限で乗れないというのがかわいそうで、それで二の足踏んでる。

たまには、ことみたん合わせのイベントに行きたいが、女の子は何が好きなのかようわからん。



2017年04月18日

小学校のプリントチェックに気をとられ、ことみたんの保育園の持ち物に足らないものがあったり。
今日も替えの布パンツを用意するのを忘れてて、保育園の予備パンツ履いて帰ってきたことみたん。
「おかあさん、わすれちゃだめ」とプリプリしてました。
新品のパンツで保育園に代わりを返却せねばなりませんが、5枚組のうち2枚献上し、見事に2枚ともことみたんが履いて帰ってきたこともあり。
3枚目献上します。

さて、その気をとられたプリントと連絡帳ですが。
明日は集団下校すると。
そして学童からは「学童ではお迎えしませんので、学童の出欠と、学校にも連絡をお願い」という内容の謎指令。

はっきりいうと言葉たらず。

良心的に解釈して、集団下校日なので、集団下校の整列時に、登校の班に並ばず学童用の列に並ばせるよう、担任の先生に伝えるよう連絡帳に書いて。集団下校で家のまで帰ってしまったら学童保育ではお迎えに行きませんよ。という事なのだろうか?

学校側は家に帰る前提でしか指示がないので、集団下校とその周辺の指示しかない。
親学というエビデンスもないものを有り難がる文科省VS生産年齢は働けという厚労省の狭間というか。

良心的に解釈して、学童の連絡帳には明日の学童出席、学校の連絡帳には集団下校の後は学童にお願いと書いた。
もしかして、集団下校の為に会社休んで子供の帰宅を待つのがスジなのか?そのほうがイレギュラーなんだが。

引き取り訓練だって、全員の親が引き取り時間に来るという内容だが、実際の災害の場合は親が来るのもバラバラで、逆に災害対応の職務の人は引き取りに来れないだろう。
実際の環境とは違う、予定通りの段取りの訓練って役に立たないというのは、東日本大震災の時に学ばなかったのかね。
保育所なんかは、色んなシチュエーション、親が来れないときの段取り、色々と訓練してるんだけどな。



2017年04月17日

昨日のフリマに出掛けたときから、ことみたんがのぼせたような手の暖かさがあった。
午後あたりから、ことみたんがトイレに行ってはお腹痛いお尻痛いという。

そして就寝。
2〜3時間ごとに起きてはお腹痛いという。
熱はのぼせた感じの微熱で、汗をかかず乾燥してる。

朝も登園可能な程度の微熱なんだけど、眠れないくらいの腹痛だったのが気になって、念のために診療所行った。
症状的に熱で糞詰りだと思うが。
そしたら、ことみたんの痛い箇所が胃のあたりとか右下とかいう。
通常の糞詰りはS字結腸の左側が痛い場合がほとんどなので。

虫垂炎の可能性も否定できないから、念のため総合病院の小児科で検査した方が良いと、紹介状書き始めた。

普通に歩けるくらいなんですがね。

診療所から自転車をこいで総合病院までの坂道をのぼるも、ことみたんを後ろに乗せては流石に難しく、手押しで急な坂をのぼる。

総合病院は待ち時間が長いもんで、格安スマホのバッテリーが半減するほどことみたんがスマホを独占。

医師の診察では、虫垂炎ではないだろうけど、一応レントゲンとって腸の状態確認しましょうとの事で、レントゲン撮ってみたら笑うしかなかった。
上行結腸までウンコパンパン。
胃を圧迫するレベルで便秘でした。
レントゲンの写真をとらせてもらうんだった。

まず、ウンコ抜いて、それで反応見ましょうと。
浣腸して1分で便意、3分は頑張ってようやくレントゲンに写っていた量の半分くらい出た。
ことみたん、スッキリな顔になってるし。

マジで糞詰りでした。

念のため、抗生剤と整腸剤が処方された。
腸壁が傷ついたり、炎症があったりしてるかもしれないので、熱はそのせいかもしれぬ。

なお、虫垂炎の場合は血液検査やCTなので、午前中だけで検査するのは無理。
虫垂炎だと入院もあるので、糞詰りで済んで良かった。



2017年04月16日

午前中、公園でフリーマーケットしてるから、おもちゃを物色しに出掛けた。
春休み明けの4月5月、夏休み明けの9月10月はおもちゃが出される傾向がある。
進学、進級で、おもちゃ整理をしたり、何かと物入りで捨てるよりは小銭になったほうが良いと売りに出てくるのかもしれない。

ちぃ太郎は早く自由になる現金、お小遣いが欲しいようだが、3桁の算数が出来るようにならないと、計画的に使うのは難しいだろう。
そもそも、物の価値がまだわからん状態だろう。
1イベント千円と割りきって、残金で次の買い物を考える程度かもしれない。
相変わらず車ばかり買い漁ってる感。

ことみたんは、おしゃれ道具のセットの手提袋を買い、そのなかに別の場所で買ったアクセサリーやキャラを入れてルンルン状態。

そして今日もハッピーセットを買わされた。
トミカ熱はおさまるんだろうか?



2017年04月15日

ちぃ太郎にもIC乗車券をと、ちぃ太郎に緑のカード(Suica)が良いかバスが描いてあるピンクのカードが良いか聞いたら、最初は反射的に緑と答えたけど、バスと電車の絵を見て、バスのカードって言った。

通勤用定期は自動券売機で買えるが、学割や子供用は窓口で証明書や年齢を証明できる書類が必要。

正直、幼児と小人の境界は曖昧で、こういったIC乗車券が出る前は親の申告と駅員の目視判断。
親についていく幼児は無料だが、幼児だけだと小人料金。
昔、「まことちゃん」のお父さんの忘れ物を届けるシーンでは、まことちゃんが改札に入る際に他人の服をつまんで親子のフリするシーンがあったけど、それなら無料。
しかし小学生からは小人。

セコケチとしては、グレーゾーンを駆使して、ギリギリまで幼児のふりをさせたいところだが、法令遵守を教えてるのに無賃乗車をさせるのは矛盾。
なによりも本人が、自分専用のICカードを持ちたいのだ。

なので作りました。
次は合鍵作らないと。



2017年04月14日

普通事件が解決すると安堵するものだが、今回の事件は別な不安を呼び起こした。

容疑者が保護者会の会長。

同じ親であり、登校時の見守りをしていた人が容疑者。
保護者の動揺もだが、容疑者の子の人権をマスコミらが侵害してる。

前からニュースのワイドショー化が気になっていたのだが、新聞記事もタブロイド紙並みになっている。
知りたくもない情報までお節介レベルで報道する。
子供の世界は残酷なもので、負の意味を持つ特別な事は即いじめのイジリポイントになる。
親が容疑者、それだけでそれをからかう子供はいるだろう。
そこに追い討ちをかけるように、容疑者宅を地図をのせて報道したり、第三者が冷やかしに行く素材をマスコミが提供してる状態。

親が何であれ、子供は子供の領分がある。

何より、実親が犯罪者というだけで動揺しまくりなのに、そこにマスコミや野次馬が家を取り囲んだら、子供は学校にも行き辛いだろう。
マスコミには子供への配慮全くなし。

もし誤認逮捕の場合、子供に損害を誰が補填するのか。
親が犯罪者だから子も報いを受けるというのはおかしいし、まだ容疑者であるので犯人ではないという位置。

果たして容疑者宅が特定できる報道は必要なのか。
自分は要らないと思うが。



2017年04月13日

ちぃ太郎が毎日のように、手を挟んだ、ぶつけた、擦りむいた、と生傷増やして帰ってくる。
そこにもうひとつ増えた。

腹痛を訴えて保健室の世話になる。

連絡帳に挟んであるから何事かと思い、どういう風に痛かったのか?とちぃ太郎に聞いてみても、痛みを伝えるのではなく、避難訓練の話をしだす。
痛みかたを聞いてるのに、いつ痛くなったかを答えてる。
聞き方を変えても避難訓練の話。そして保健室で同室になったクラスの子の話ばかり。自分自身の話はない。

よくよく誘導して得た答え。
避難訓練の時に机の下に隠れる訓練をしたときに、机か椅子の角に腹を打った。
それで痛いと言ったら、担任の先生が病気による腹痛と勘違いし保健室へ。
保健室では勿論平熱。
保健室で過ごしてたら、同じクラスの子が熱を出し、保健室に来た。
昼食前までは一緒に過ごした。
これが大筋らしい。

てっきり疲れがでて腹痛か?と思ったら、自爆して腹が外傷的要因でいたかったのだと。




2017年04月12日

入学後の初の保護者会。
保護者会の出欠とる割には、内容告知やかかる時間のお知らせはないという。
小学校ルールって謎ばかり。

先生たちや上の学年は例年の事でも、第一子の1年生は何から何まで初なのだから、当たり前でもスリッパと筆記用具、必要に応じて母子手帳持って来て、とか、PTAの係り決めするから係りの内容を把握するように、とか案内しとけよと。

何も知らずに母代理で来た人とか、困るだろ。

そもそも、全体に関わる話や作業の間にズッポリとPTAの係り決めを入れたら、PTAに入らなかった人の立場が無いだろう。

とはいえ、ちぃ太郎のクラスは意外とすんなり立候補が出たので、短時間で済んだのだが。

謎な係りとして「指名」係りというものにPTAの闇を感じる。何をするかというと、次年度役員の指名。目星をつけた人に役員になる事を懇願する係が存在するという。謎過ぎだろう。

そして、自分ってよく考えたら、世間一般の人がやりたがるものは苦手で、やりたがらないものは得意分野なんだなと実感。
コーラス係って誰もやりたがらないものなんだな。
(広報係りはことみたんが小学校になったらやるよ)

しかし、事前アンケートの意味とは…。誰も立候補が居ないときに、教師がアンケートをもとに「○○さん、第○希望にしてありますが○○係いかがですか?」と声をかける優先順位だったらしい。
そういう趣旨も事前に伝えて欲しいと思ったり。

教室の片隅にはPTAの役員が進行具合のチェックにきてたり。

新入社員にいきなり主任の仕事をやらせるような事が、PTAではまかり通ってるのもおかしいよな。
顔合わせして間もないのに常任委員とか。
PTA在籍年数1年未満は見習い扱いで常任委員選出義務は外したほうが良いと思うんだ。

さて保護者会が終わり学童保育に迎えに行ったら、学童の職員が学校の教員と異なってフレンドリー。

文科省管轄と厚労省管轄の格差を感じるよ。
文科省は子供の教育のために親は子に尽くせ、親も理想にむけて最善をつくせ的立場。
厚労省は子供の生活のため、親がしっかり働いて収入を得られるようサポートする。
そのギャップをもろ感じた。



2017年04月11日

先週末、会社の仕事用PCが職場に届いて、ひたすら環境移行作業してたわけですが。
今日、家にも自宅用ノートPCが届きました。

届いてから気づいたが、古いほうのPC、15インチ液晶だったのね。
17インチだと思って17インチの機種にしちゃったよ。

会社のPCも自宅PCも似たようなスペックであるが、大きく違うのはグラフィックガード。
会社はAMDだが、自宅のはGeforce。

会社の前のPCはちょっと重い作業をすると、排熱が追い付かず、キーボードに乗せてる手が低温やけどしそうなレベルまで熱くなるので、USBファンで風あてて冷やしてたくらいだが、新しいPCはクール。

古いものを大事に使うのもエコだが、時として古いものを使い続けるのは無駄なエネルギー使いすぎになるんだよな。
illustratorもPhotoshopも快適に動いて、visual studioも早く起動して、ただただ感動。
同時に必要データを優先的にコピーしてるのだが、いかにつくりっぱなしデータがディスクを圧迫してるか。

自宅のほうは、前に買ったのはちぃ太郎が生まれた直後だったので、6年半使い続けていたのだね。
まだまだ移植は終わってないが、これもまた快適な早さ。

ファイルコピーだけで半日かかる。終夜運転だな。



2017年04月10日

朝、ことみたんと登園してると、突然知らないじいさんから「おにいちゃんどうしたの?」と言われ、小学校なんですと答えたら「おめでとう」と言われた。
このほか集団登校をみまもるボランティアの老人がたにも同様の声かけ事案。

保育園に登園する親子はたくさんいると思うが、ほとんどが自転車で挨拶もせず過ぎ去っていくので、徒歩で挨拶していく我が家は少数なのかも知らん。

さて、集団登校の世話人かプリントが渡されただよ。
集合時に出欠チェックや連絡帳の受け渡しを監督する係。輪番制なのだよ。
年に3回(週)回ってくる。
そしてそのプリントの裏には集団登校のメンバーの住所と名前が…。

個人情報も糞もない。