2017年10月12日

うちの会社、古くさいところがあって、月末締めの信用取引がメイン。
前払いで10万円をこえる買い物は社長決裁が要るとか、予算外の購入は超めんどくさい手順を踏む。

そして、新しい商品を見つけていざ仕入れして売ろうにも、仕入れコードを新設して口座振込が出来るようにするのだが、てっきり振込口座を教えれば作ってもらえるのかと思ったら、与信情報を記入しなくてはならないという。
設立年や資本金、筆頭株主やその株数、主要取引先、仕入先。
倒産情報のチェックリストに入れるためとかだとは思うが、その会社の社員ですらちょっと調べなきゃわからん事まで書かなきゃならんのかと。

筆頭株主が何株所有とか、自分の会社の知らんがな。
手形の期限とか知らんがな。

経理のベースに動いてるシステムが、表面上Windows10で動いてるけど、サーバはまだNTなんではないかと思えるような、DOS窓コンソールのような画面がまだ現役。
そもそも今時ドットインパクトプリンタ使う意味がわからん。




2017年10月11日

月曜が休みだと曜日感覚が狂うね。
木曜なんてまだ先だろうと思ってたら明日が木曜だったり。

ちぃ太郎のクラス、今週先生の連絡帳のコメントが担任でなく副担任のコメントだったので、ちぃ太郎に先生どうした?と聞いたら、熱だして休んでるという。
熱ならそれで良いんだけど、登校許否というか出社拒否だったらどうしようかと思った。

先週末、通信簿を配ったので、その通信簿の記入内容に不服な親に嫌がらせ受けてたらヤダナーと思ってたところ。

ただの風邪と信じたい。

丁度半年。張り切りすぎて、いきなり体調崩す、そんな時期なんだ。




2017年10月10日

せっかく通信簿を鞄のなかに入れたのに、ちぃ太郎が提出せずに持ち帰ってきたり、明日集金があるのに集金袋が入ってこないとか。

色んなチラシが入ってくるのだが、よくよく見ると視覚的に何のかわからないものがある。日時場所などは最低限備えるべきで、文字が読めなくても絵柄でわかるように作るのが鉄則。
例えばスポーツイベントがある場合、文字だけで体験プログラムを表記すると、何の競技かわからないものがある。そのためのイラストを添えてくれないと、わからない。

コンサートにしても、文字だけで書いてあるポスターは、離れて見た場合にコンサートのポスターかよくわからない。
野暮ったくても、楽器やステージ写真などがあれば、コンサートのポスターとわかる。

最低限いれなきゃならない情報、いつどこで誰がどのように何をどうしたか、と、誰がとか何ををあらわす象徴的な絵が必要。

学校配布のプリントも、いつどこで誰がどのように何をどうしたのか、分かりやすく必要な情報を簡潔に書いてほしいなと。



2017年10月09日

今日はナショナルトレーニングセンターまで行って、スポーツ祭というやつに行ってみた。

メインの各競技のクリニックは先月頭までに申し込まないと参加できないが、主に小学校高学年以上が対象。当日やれる体験ものがあるので行ってみた。
ニュースやスポーツ番組で名前はよく聞くのだが、トレーニングセンターは行ったことがないというか、行く用事がない。
新入社員の頃、ダイエットのために徒歩で板橋区内を歩いたときに、道に迷って近くを通った事があったが、こんな建物は無かったぞというレベルでどでかい建物群がある。

最初に変わり自転車の列に並ぶ。
ようやく番が来たところで、ちぃ太郎は自転車を選ぶのに時間がかかり、あれよあれよといううちに乗りたい自転車が持っていかれ、1台ぶんくらい乗る時間損してた。

自転車発電のかき氷は長蛇の列なので諦めた。
競輪テントで、実レースの予想してて、父ちゃんがマジになるなど。
屋内に入って、ボートレースのトレーニングシミュレーターで、船こぎ体験。
ちぃ太郎は車椅子バスケットボール用の車椅子が気に入って2回やってた。
ことみたんは巨大なピンクの玉にひかれてキンボール。
ブーメラン体験をしたところでタイムアップ。

公務員系や自衛隊もだが、体育会系行事は朝早く、15時には終了な事が殆ど。
撤収して17時には業務終了にするから。
商業施設の夜までやってる感覚で昼過ぎに参加すると、ノッてきたところで終了時刻なのだ。

近頃短気なことみたんに怒られまくり。



2017年10月08日

金曜日にキャラクターショー情報サイトをみたら、東京競馬場(府中)でプリキュアショーがある事を知り、今日は府中まで行くぞと心に決めていた。

難点は、ちょっと距離がある。
長旅が苦手なことみたんは落ち着きが無い。
ようやく競馬場前駅までついても、競馬場自体が広大でイベントをしている馬場内まで結構あるく。
パドックだけでも野外コンサート場か?と思うくらいの規模。

イベントスペースという大きなカテゴリにしても、世界屈指の規模なんだよね。
オリンピックの開会式、府中競馬場借りてしまえ。
そういうレベルで広いし、大人数をさばくための施設が充実している。

プリキュアショーのほうは、今まで見てきたストーリーと同じ。
握手会が混雑緩和の為に整理券が配られる他、実際の握手会は最後のほうに整理券なしでも握手出来て、人がとぎれるまでやっていた。

イベントはこれだけではない。ふわふわ遊具計5種類や物産展など沢山ある。常設の遊具もかなり沢山。
大人200円の入場料でこれだけ子供が遊べる遊具があるのだから、ちょっとしたテーマパーク。

ことみたんは、そのふわふわ遊具で遊びたかったのに、目先のブランコやシーソーに夢中になり、ふわふわ遊具に行く気になったときは既に終了時間で号泣された。
気分を持ち直すために別の固定遊具に連れていき、なんとか機嫌をとりもどしたが、しばらく燻っていた。
まだまだ時間をみて優先順位を変える芸当が出来ないので、しばらくはこの癇癪持ちと付き合わねばならぬ。

最後に、小、中学生騎手による、ポニーレースを見た。
そういうのがあるんだなというのと、これのために全国各地の代表が東京に呼ばれてきてる、連休の中日にレースという。明日は東京見物出来るのかね。

陽射しがきつくて日焼けが痛い。



2017年10月07日

今日は午前中は自治体のお祭りのお店巡り。
朝まで雨が降っていたので、フリーマーケットは半分ぐらいしか来てなかったけど、町会のテントなどは賑わっていた。

その帰りに同じ保育園の母子とあい、これからバドミントンクラブがあるから子供預かってくれないかと言われ、まぁ午後も予定ないからと預かった。
そしたら片付けたトミカの立体駐車場やポリスステーション、高速道路を発掘して足の踏み場もないくらい展開。
自分も他人の子にも容赦しない系なので、電源入れっぱなしで他の遊び始めたら「電源切る」、「開けてくれよ」なんて言うから「開けてくださいダロ」と容赦なく切り返してた。

子供もこんな調子なんで、バドミントン終えてきたママが我が家で着替えたのは目がテンになったけどな。(旦那となりの部屋で競馬してるぞ)

そういう嵐が過ぎ去った後。
午前中、フリーマーケットでちぃ太郎にどうしてもと言われてラジコンカーを買ったんだけど、早速壊してしまってお父ちゃんに大目玉くらっていた。

お父ちゃんの怒りかたは叱るじゃないんだよな。
ムカついた感情が支配してるから、何度も何度も同じこと言ってる。
ちぃ太郎は悲しみだけが支配してしまって、パニックになってしまうだけなので、本当に叱る時こそ冷静に、相手の気持ちも落ち着かせた上で説教しないと、今度同じミスをしたときに恐怖から逃れるため隠蔽やごまかし、嘘のほうになってしまう。

姑が典型的なソレ。

ま、姑の場合は完全なるADHDなんで、落ち着いて説明したところで、馬耳東風なのですが。

前もって注意したのは、ちぃ太郎に意地悪するためでなく、壊して悲しい思いをしない為に言ってること。
止めなさいと言われたらすぐ止めないとこういう事になること。

幸いというか、ラジコンの電気系統は無事で、後輪ユニットの接着が剥離したのと、前輪の軸が折れたという状態なので、車軸の歪みは残るが接着で走行できるレベルには修理できた。

ラジコンだからまだ良いけど、乗用車で若気のいたり走行して事故とか、マジ洒落にならんので、こういう小さいことでも経験して痛い目にあっていかないと、事故を防ぐルール守りは出来ないんだよな。
その時々の逸る気持ちをコントロールするのは、低学年は難しい。
だからこそ低学年男児の事故って多いんだけど。

叱る時に、恐怖を感じてしまうと、それが責任逃れの思考に行って、反省をまったくしない。そういうのは避けたいのよね。
同じく保育園ママで、叱り方が先に手が出てしまう人がいて、その子はいつも俺じゃないあっちが悪いんだ的な口応えして、またビンタされる悪循環してる事があるんだけど。本当に反省なくまた同様のトラブル起こしてるんだわ。

怒らず叱るのは本当に難しい精神コントロールで。

昨日、ちぃ太郎の通知票の国語力の無さに白眼になっていたが、コメントにやさしい子である事がかかれてた。
出来るだけ怒らず、理由を教えてルールを守ること、逆の立場の気持ちをプチ体験させる程度の精神的な罰をしてるからかもしれない。
出来るだけ頭ごなしに叱ったり決めつけて叱ったりというのはしないようにして、事実確認をするように気をつけている。

でも姑といい、それに育てられた父ちゃんといい、事実確認せず頭ごなしに犯人を決めつけたような言動をする。
もう、年齢が年齢なんで、今から変えろというのは難しいので、とりあえず事実確認を最初にするように都度言ってるけどね。

怒らず叱る。叱る前に事実確認して、その間に自分の怒りの感情や相手のパニックを落ち着ける。
その上で、落ち着いた状態で説教する。
むずい。



2017年10月06日

小学校が2学期制ということで。
今日終業式で通信簿持って帰ってきたちぃ太郎。
先月のクラス懇談会で、評価のつけ方の基準を説明された。

8割方は、真ん中の「できた」。特に優秀な人は「よくできた」。問題がある場合は「がんばろう」に○がつく。

ほぼ「できた」なんだろうと、開いてみたら「がんばろう」が23項目中6つもある。

約25%出来ない。

特に国語。
多分幼稚園組や公文に通ってる人たちが早期教育で早く出来てるだけと思うが。

何が辛いって、連休明けから2学期が始まるのだが、判子だけでなく親からのコメントを書いて返却しなくてはならないこと。
決められたスペースに手書きで。

国語苦手なの遺伝だわ。



2017年10月05日

集会施設が保育園になると聞いて、保育園が増えるのかと思ったら、古い保育園が移転するとのこと。
この保育園、いわゆる迷路みたいな路地の所にある。
救急車や消防車が入り込むのが難しい。
法律では道路は4m幅以上無いと道路とは見なされない。ただし例外があって、公道であるとか、そこを通らないと家まで道路がない状態になってしまう場合は、狭くても道路の扱いだ。
園舎も古く、耐震補強工事が必要。

それが、敷地も広く建物も大きい集会施設に移動。
定員増を狙ってるのかな。

前より駅に近く周りがひらけてるので、第一希望率が低い滑り止め扱いから、第一希望率が上がるのかね。




2017年10月04日

早期教育、幼児教育の記事で、子供の能力はDNAでほぼ決まってるから、という身も蓋もない記事があった。
確かにそうだとはわかっていてもあまりにもストレート過ぎて噴いてしまった。

幼児から英才教育されて、大人になっても大成してる人って、大体親もプロかプロ並みに出来てる人だったりね。その分野にはたまたま行ってないけど、やらせてみるとソコソコのレベルですぐ出来たり。

トンビが鷹を産むというのは稀で、蛙の子はお玉杓子。どのお玉杓子より先に足が生えたところで、蛙にしか成長しない。

でも教材会社や学習塾、お稽古ごとは、金づるとして早期教育を煽るわけね。
コンプレックス商売とはよく言ったもので、親が一定レベル以上出来る人だと、そんなもの幼児からやらんでも中学生ぐらいから真剣にやれば学校1番になれる事はわかりきってるから、特に子供には早期教育させず、逆に幼児の時にしか出来ない事の体験機会を持たせる事が多い。
親がその分野で一定レベルに達していない場合ほど、早期教育神話にとりつかれるし、それにより過度の期待を子供に押し付けてしまう。

記事では、親の夢を子供に被せるくらいなら、自分自身で自分の夢を叶えなさい、という事も書いてあった。
まったくその通り。

ピアノの稽古ひとつでも、教室のレッスンだけでうまくなるわけではなく、自宅での練習が鍵になるのだけど、子供は何が正解かわからない。間違ったまま反復練習しても無駄でして。親が合ってるかどうか確認して正解を教えられるレベルに無いと、ピアノは全く上達しない。
始めた時期ではなく、親のレベルが高くないと駄目と言われるが、客商売なのでそのあたりをうやむやにして「努力すれば報われる」的な持ち上げ方をされておだてられているわけで。

努力で報われてある程度伸びるのは小学校高学年あたりまでで、そっから先はやはり努力の質を考えられる能力、先祖から受け継いだDNAだなと思うことはある。

でもそれを表だっていうとDNA差別になるわけで。
難しいよな。



2017年10月03日

ちぃ太郎の小学校低学年のバス遠足である。
朝まで雨が降っていて、
晴れだったら体操着、雨だったら普段着で登校だったので、直前まで判断に迷ったが、無事昼には晴れた模様。

なお、弁当持参。台所の主導権がない状態では調理が難しいので、冷凍食品詰合せ状態。
学童保育と違って保冷もないだろうし、キャラ弁みたいな文字通り手塩かけてのものは雑菌混入のリスク高いから、いかに手や調理器具に触れないで詰めるかにかけてるぶんがある。

バスに乗れたし、高速道路走ったし、多くは語らないけど、ちぃ太郎的には楽しかったようだ。