2017年02月08日

久しぶりに展示会行ってきたんだけどね。
この業界のどん詰まり感を感じてしまう。
展示会、ビジネスショーなんだけど、いわばメーカーや販社の華なんですけど、それにかけるコストが露骨に見えてくる。
例えば企業ブースの装飾、例えばイベントコンパニオンの質、例えば配布される販促グッズ、配置される企業数や会場面積。

明らかに自分が新人の頃よりショボくなってます。
会場は1フロア減ってるし、大手メーカーの参加数が減って、細かい販社で場所を埋めてたり。
企業ブース内はバックライト型のサイネージや大型ディスプレイが多かったのに、プリンター出力のパネルになっていたり。
イベントコンパニオンやナレーターを雇ってたのに、社員がナレーターしてたり。
ペンやクリアファイルを配ってたのに何も配らなかったり。

そして帰る頃には紙袋一杯のパンフをもらっていたのだが、紙袋を配る企業も減り、パンフを配りまくる企業も減り。

人の入りは受付が常に行列になるほどなんだけど、会場がぎっしりなわけではなく、単なる主催者が用意した受付要員が足りないだけの行列なんだと思う。

そして、高速、大量印刷系の技術は飽和してるので、いかに特殊な事をするか。
それに果たしてどれだけコストをかけられるか。


別件だけど、人材不足と長時間労働という社会問題を解決する提案を考えろという話があって、営業が自動運転系の話をする訳だが。

一方でその自動化で仕事が無くなった人の仕事を考えてやらんと、貧困問題は悪化する一方だと思う。
つまり、自動化装置などを考える人、装置をマニュアル通りに操作できる人、人と対話し人を動かす人は仕事があるが、いずれも出来ない人は仕事が出来ない人として解雇され、そして就職しようとしても採用されない。
体は元気でも、一定水準以上の能力や社会性が無いとまともな職に就けず貧困に陥る時代になったわけで。

つい最近まで、刑務所の作業で印刷経験を積み、出所後も印刷会社に就職しソコソコの生活をする事ができたのに、今では低賃金ブラック労働か夜勤必須ぐらいしか求人が無い状態。

技術をいかした別の副業を提案できるような何かを考えないと、世の中厳しいね。



2017年02月07日

今年も保育園落ちたの季節が来た。
他の区ではもう通知が出てるのね。
自分の居住区は4月度産休明けの人の申し込みを待つため、通知は来週以降だ。
4月2日に産後8週を過ぎてる、つまり2月4日に産まれて出生届を出しに来れる日まで受け付ける。
先月末に発表するような区は予約が出来るのかそれとも産休明け保育は実質してない、後者のほうが多いのだろう。

ここに大きな問題があって、月齢が低いほど保育というより看護に近いものがあって、保育コストも高い。
しかし、このような待機児童が多い世の中で、育休明けの1歳児を受け入れなければならない、1歳児入園枠が狭いし満1歳月から入園出来ないので4月度0歳児で入園する人が多数なので、育休明けで働かねばならぬ人は認可外保育、無認可保育に頼らねばならない。
料金の高額なセレブ認可外保育園か、料金は安いが質は保証できない無認可保育か。

新聞記事で、女世帯主だけど保育園に落ちたから月17万円の認可外に預けるというのがあったけど、子供の保育料に月17万円払える時点で世帯収入が基準以上で、公金補助が入った認可園でなくても私費でなんとかなるじゃん!という。
世帯年収1500万円はこえてそう…。

月17万円なら保育士資格者を専属で雇って家で保育したほうが、病児対応もして貰えそうなんだがね。

まぁとにかく、よくまぁ運よく二人とも産休明けで預けられたなと思う。



2017年02月06日

ニュース記事見てたら、実家の東北ニュージーランド村が閉園するらしい。
まぁ、前からつぶれるとか言われてたし。
犬が人を噛んだとか、園内バスで人轢いたとかトラブルもあったわけで。
で、自分も含め、地元の知人らも行ったことがないという。

地元民が金払っても行きたいと思えない施設に、外部からわざわざくるわけがない。

平泉観光のおこぼれにおんぶに抱っこ状態。
周囲に幼児向け遊戯施設がないから、帰省客や平泉観光の子連れが寄る程度だ。
あとは市街地の農家には知人が居ない人ぐらいしか行かないと思う。

何故なら、その辺の農家行けばただで見れる触れる動物だし。
ポニーや馬は競馬場の子供向けイベントや阿原山などの放牧場行けば居るし。
ソフトクリームや農産物加工品は産直でもあるし。

そんな存在なので、敢えて行くという気は起きなかった。
まだ、宮城県のチャチャワールドいしこしのほうが行く気になる。

バブルの時のレジャー施設乱立もそうだけど、客観的に低収入の地元民でも奮発して年一回は行ってみたい施設なのかどうかが、長続きする施設になるかの分岐点だと思う。
地元民が行かない施設は、外部の人がわざわざ来る施設にはなり得ないし、一回行ったら飽きる施設はリピーターがないわけだから、廃れる運命なのである。




2017年02月05日

9a33fff0.jpg
bec0155b.jpg
56877fce.jpg
e16b5d2d.jpg
午前中、雨降る前に公園遊びさせましたが、年末年始に味わったお出かけ癖がついてしまい、すぐ室内遊技場に行きたいと言う。
ま、実際寒いし、このところ公園にくる子供の数か増えて遊びにくいのもある。

自分も更年期が近いのか、めっきり冷え性にはなるわ、仕事の疲れは抜けないわ、何も考えない時間が取れないわで、実のところ放牧しないと、ストレスためたまま月曜日を迎えることになる。

時間を金で買うわけではないが家族が意図的に配慮しないと、仕事と家事育児以外の自分の時間は無いわけで、場所代払って放牧は開放系の公園遊びより監視の目を緩める事が出来るので、子供のためというより自分の為に行ってるようなもの。

もし場所代が勿体ないと思うのなら、家族が同じく子供の監視の重責を負って母業の休息時間を作らないと駄目だろう。

都内にはなかなか無いが、マクドナルドにあるキッズスペースがどんなもんか覗いてみたが、
小学校低学年以下(身長120cm以下)と書いてあって、ちぃ太郎が120cmあるので微妙。

本命の室内遊園地に行くと二人ともスパイダーマンのコスプレしてた。

後半に見知らぬ男児と意気投合してずっと一緒に遊んでいた。
昔は、知らない人がいると人の影に隠れていたのだが、知らない人でも一緒に遊ぶようになったのは進歩。


2017年02月04日

自宅のPCがやたら動作が重いと思ったら、ウィルス対策ソフトのマカフィーが二重に稼働してた。

片方は正規に年間料金払って自分でインストールしたやつ。
もう片方はPCにバンドルされたやつ。
インストールの時に他のバージョンの検知しねぇのかよ。
二重にウィルスチェックしたら、そりゃファイルの読みこみ遅いわ。

バンドル版のアンインストールしたら軽くなった。
今までの待機時間返して欲しいくらい。

今日は卒園アルバムの編集してたんだけどね。
そのディスクアクセスのトロさもあるが、やはり扱うデータのデカさ。
4Kな画像ファイルを20枚貼りつけたらそりゃ重くなりますわ。

それより千枚以上ある写真から20枚セレクトする方も大変だと思うけどね。

何て言うか、自動顔認識でタグつけてDBに入れるシステム無いと、これからの保育園、幼稚園、学校は画像管理が大変なのではなかろうか。
雇われたカメラマンは、昔はフィルムの限度があったから数は限られていたけど、デジカメになってからは同じ時間内でも枚数を撮って沢山写真を購入してもらったほうが儲かるわけでして、写真の枚数がすごいのです。

アルバム係りとしては最後にはまんべんなく人が入っているかチェックをし、極端に誰かが写っていないとなるとその人が写ってる写真を探し出さなきゃならなくて。
保育園1クラス12〜14人だからまだいい。
1クラス30人、1学年2クラスある幼稚園は大変だろう。
ましてや3月の卒園式納期だともう入稿してないとダメ。

自分等はオフシーズン割引のある6月納期。卒園式の写真まで入れて入稿なので猶予はまだあるけどね。

デザイン能力は無いが、仕事柄イラストレーター使いなので、データ入稿能力はある。
これがデザインまでアルバム会社に委託だと、締め切りはもっとシビアだしスケジュールももっと前倒しだし。

幼稚園のほうはアルバム係になると本当に大変らしい。
小学校はどうなのかしら?



2017年02月03日

2d78df99.jpg昨日、小学校の通学帽を買ってサイズが合っているか確認したのと、
ちぃ太郎はちぃ太郎のほうで、午前から昼にかけて小学校の体験で、給食や授業等を体験し、その時に後ろのロッカーにランドセルが入っているのをみたせいだろうか?
先月まで朝は7時半になっても床にゴロゴロしていたのに、7時前の父ちゃんの起床と同時に起きるようになり、朝の集団登校の時間に保育園の登園のために家を出るという事が出来てきた。

今朝は早々に朝食を食べ終わると、「ランドセル出したい」と父ちゃんの部屋のクローゼットに隠してた箱を出し開封し始めた。
年末に在庫僅少の売り切れ直前で買って以来、梱包を開けもせずしまいっぱなしだったのが、思いもかけず朝から開封。

いきなりのやる気スイッチ

1ヶ月前はまだ床にゴロゴロして保育園行きたくないだの時間稼ぎしてたんですが。
中身は詰まってないが空のランドセル背負って支度するまでした。

10分後にはピカチュウ帽子にリュック姿になりましたけどね。


2017年02月02日

今日は小学校の保護者説明会。
真冬の体育館に2時間椅子に座って聞けとか、マジ拷問。
稀ならともかく、学校はしょっちゅう学年単位の行事や保護者会があるのだから、体育館だけでなく、1学年×2の定員の多目的集会室を持つべきだろう。

どんな強力な石油ファンヒーター使っても、あんな屋根の高い容積大きい空間には焼け石に水ならぬ、氷河に焼け石。

小学校に入るまでに身に付けること、
入学までにそろえておく学用品、提出書類、
集団登校の班、給食用品、保健関係の説明を延々とされる。

2時間と構えてたのだが説明自体は1時間強で終わり、集団登校の班の確認。
これがまた要領の悪いことに、各自掲示の集団登校集合場所の地図を見て、最寄りの番号を探し、掲示されている世話人のリストから該当の世話人を探しだし、配布された用紙に記入のうえ世話人宅へ子供を連れて訪問しろという。

なにこの手間がかかるシステム。

世話人もバラバラに訪問されて面倒だし、新入生側もその集合場所が通学経路にあってるのかピンと来ない地域もある。

もうひとつが、使用する通学路によって帽子につけるリボンの色が決まるのだが、その集団登校の集合場所を使う場合の通学経路がわからない。

自分は、集合場所が斜向かいで世話人は隣の奥様で顔見知りだから良いが、川っぺりの袋小路が入り組んだ区域は、全くもってワカラン状態。
世話人につけられている番号も何度も統廃合や分割を繰り返して、Aが無くてBが残ってるみたいな意味不明状態。

つっこみどころ満載な、世話人への顔合わせシステム。
PTAもこういう旧来の仕組みを使い続けた無駄に労力が要る仕組みが残ってるんだろうな。

ちなみに午前中はずっと卒園アルバムのデータ修正をしてて、説明会後も作業し、
子供のお迎えをしたあと、今度は謝恩会の打ち合わせ。
続けて、保育園のちぃ太郎のクラスの保護者懇談会という、ちぃ太郎の為の作業や行事に追われた1日であった。



2017年02月01日

会社の変な制度なんだけどね。
年間の労働時間が完全に固定で決まってる。
通常の平日定時勤務ではその年間労働時間に満たない場合、一定期間30分の就業延長をして帳尻を合わせるというもの。
会社の理屈としては、毎月決まった基本給を支給するのに、月によって労働時間が変動する、時給換算で差が出るから、年間労働時間を決めて時給にかけてそれを12等分にした額を月給にしてるらしい。
昔は土曜の半どんもあったし、法定の祝祭日も今ほどなかった。
週休2日になり、祝祭日が増えたため、定時の勤務だけでは年間労働に年によって10〜20時間ほど不足する。

定時退社時刻がある期間だけ遅くなる。

普通に考えたら、足りない時間は有給休暇で処理するところ、期間限定就業延長という手段をもうけるあたり、残業代をケチろうという経営サイドの思惑がありそうな。

これを保育園や役所に提出する勤務証明に書いてもらわないと、正当に延長保育が認められないのだが。
やはり珍しい仕組みなのか、説明しても理解しにくい仕組みだ。

時間の自由のきく独身者や専業主婦に家の事を任せきりな人はなんとも思わないだろうが、仕事が終わってから次の予定時刻が定まっている人には甚だ迷惑な仕組みである。
つまり、保育園の送迎や介護など、時間外は追加料金がかかるサービスを利用している人には、いつもより遅くなることは時間外料金が別途かかることになるし、短時間勤務をしている人は調整期間中の育児欠勤の時間が増える。

いつもより30分遅くまで働いているのに、残業代はつかないし、外部サービス利用者は延長料金がかかるし、短時間勤務をしてる人は普段の育児欠勤に30分追加され、欠勤時間×時給の額が引かれるわけで。

損する人が多い制度でもある。

今月いっぱいその調整時間。
今まで30分後ろにずらしたフレックス勤務してたので、定時出社して今までの時間で退出するのが目標。

小学生の登校時間に家を出られれば9時出社に間に合う。

今日は無事成功。



2017年01月31日

ことみたんが、ぐでたまの帽子をかぶって「ぐーでったまたまっ」と高らかに歌いながら公道を歩くので、目立ちまくりです。

そして斜向かいの工事が裏側の外構と地主宅の内装を残したまま1階店舗が先行して開店し、コンビニまで徒歩15秒という立地になってしまいました。
今のところ騒音が気になるとかはない。
夕方に帰宅前に入ってみた。
近隣リサーチしたのか、近くの食品スーパーには置いていない、日用品系が他のコンビニより多く置いている印象。

さて。
ぐでたま帽子と一緒に届いたのが、大島椿のつやつやウォーター。
ことみたんの髪が静電気で埃をマイクロファイバーのように吸い寄せ、レゲエのように髪が絡まって、お風呂に入ると洗髪でとれきらなかった埃が湯船に浮かんでくる問題。
何かいいブラッシング剤でもないかと検索すると、出てくるのはペット用ばかり。
人間用だとリーゼが出てきた。それは何か違うと、検索リストを読み進めたら出てきたのが、大島椿。

ガチの椿油はどうかなとは思うけど、椿油配合のスタイリングウォーター。
霧吹きだし、成分みても特に問題無さそうだし評価も良さげ。
問題は幼児でもいけるものなのか。

お試しで使い始めて3日目ですが、ことみたんの髪の櫛通りが良くなってきたし、湯船にゴミが浮かなくなった=髪にゴミがそんなについてこなくなった。
ことみたんが痒がるという事もなく。

目的は果たしてるようだ。

朝はバタバタするので、夜に吹き付けてブラッシングしてる。
いつも髪を結んでくれる保育士、違いに気づいてくれるかしら?



2017年01月30日

4d6f35ce.jpg
d865e8f3.jpg
ことみたんの保育園のお友達が、マイメロちゃんの着ぐるみ帽子をかぶっていたのに感化されて、ことみたんもマイメロの帽子が欲しいという。

でも同じマイメロ帽子じゃかぶらん?

そう思って、Amazonの着ぐるみ帽子の検索リストをことみたんに見せたら、マイメロが必須ではないらしい。
何個か写真を見て決めたのが、ぐでたまとピカチュウ。

どっちも黄色い

最終的にことみたんは、ぐでたまに決定。
しかし、一人だけ買うと後からもう一人が欲しかったとごねるのが日常茶飯事。
次点のピカチュウも注文しといた。

そして昨日届いたら、二人とも大喜びで夜寝るときもかぶって。
ナイトキャップ?
それぐらい嬉しかったらしい。
ことみたんよりちぃ太郎のほうがずっとかぶってた。

ちぃ太郎の本名知る人、ポケモン本編を知る人が見たらジワジワくるものがある。

勿論、帽子なので、翌朝かぶって登園したわけだが、色が黄色だけあって目立つ。
目立ちすぎるのじゃよ。
一人ならともかく、二人ともかぶるから余計。

さらにジワクルのが、俺がポケモンGo始めてピカチュウを相棒にしてるあたりでしょうか。
リアルにピカチュウとぐでたまをつれ歩いて通園路のポケストップでアイテムゲットするとか。

ことみたんは、ぐでたまがマイブームなんですわ。
ずっとDVD見てる。
台詞も覚えまくり。