2004年11月20日


今日はビッグバンドの練習
2週練習に行けなかったのと、まる2週間吹いてなかったのとで、ボロボロ。
初見くさ〜と思ったらパート変更したからだった(しかもパート振り直したのオレだしぃ)


携帯でアドリブの組み立てしたはイイが、結局譜面が無いと吹けないので、合間みて五線譜に落としたはエエが、携帯の入力は♯なので、♭系の譜面に転記する時間違ってるしで、実際吹いてみたらボロボロ。
(別な意味でアドリブだよ〜)
しかもよく見たら自分は出せない音まで書いてるし…。(まるで自分で作曲しといて歌い切れてない倉木麻衣みたい)

いろんな意味で不完全燃焼。煤でまくり。

吹ける音域で、早いパッセージ無しで、カッコイイフレーズ作るのって大変だわね。

バンマスが何も感想言わないところがコワイわ。

譜面落とさなくても、コードを見て頭のなかに思いついた音をそのまま吹く領域に達するのはいつのことやら。





041120-1515-00.jpg隣のスーパーで見付けた。
原材料 赤唐辛子、米黒酢、氷砂糖、食塩


うどん、そば、鍋物、もみじおろし、湯豆腐など

美味しいカプサイシン

そうそう、Oh Hot!がスーパー改装後なくなった!

結構気に入ってたのだが。




041120-1421-00.jpg歌口に声を入れると、音程と音量を感知し、トランペットの音として出力する。
バルブ操作もできる。

実際の音とバルブ操作が違うときどんな音がでるのやら。
倍音の概念とかどーなってるの?!

姪の玩具で買って使わしてもらおか〜?

トロ版所望。


2004年11月19日


北米肥満学会で、睡眠時間が短い人ほど肥満の傾向にあることが、報告されたらしい。


ちゃんと寝ることも大事なのね。
水槽に水足したら、流水音がしなくなったので、少し眠れるようになったかも。
せるひん君が、「早く水かえてくれ〜」って呪っていたのかもしれず。




通勤で歩いてて、なんかいつもと違う違和感。

自分なりに分析してみると、
いままで無意識に立つと、
・足がハの字に開く(蟹股)
・足裏の体重がかかる位置が外側(O脚)
・左足に重心
になっていたのだが、無意識にしてても
・足が平行
・足裏満遍なく体重
・左右ほぼ同体重
になっていることに気付く。
違和感は足裏の感覚だった。

何となく猫背気味もよくなってるような…。



2004年11月18日



041118-2249-00.jpgこいつ1匹だけになると、メンテを忘れる水槽。

水が蒸発して8僂阿蕕い靴なくなっていたので、汚い水半分取って、新しい水バケツ3杯追加。

久しぶりに水がたくさんあるので、壁の苔を元気に食べるせるひん君。明日朝には全部食べつくしてくれるだろう。

こいつと一緒に飼える魚買いにいく暇もない。
さびしいなぁ。



今日は久しぶりにエステ。
しかし、生理なのじゃ。
いつもの活性化なコースかとおもいきや、骨盤矯正が今日から入った。
基本的には、
体暖め→骨盤矯正→EMSで筋肉引き締め
のステップらしい。
骨盤矯正は専用のマシーンがあって、股関節付近を先に両サイドから圧迫し開いた骨盤を閉め、次に骨盤上部も両サイドから絞めるという感じ。痛くはないのだが、間接が移動しきしむ感じと、内臓が移動していく感覚がある。

矯正したら、骨盤が元に戻らないよう筋肉を引き締め。
これを毎週入れていって骨盤を正しい位置にし、平行して脂肪潰しや活性化を行なうらしい。


矯正されて、なんか股間の隙間感がかわった気がする。今までちょっと油断すると座ったとき股がかぱっと開く感じなのですが、自然に閉じれる感じ。
姿勢も何となくよくなる。

最近いろんな番組で骨盤矯正をやってますが、これはイイかも。
骨盤体操とかありますが、一回ぐらい整体で強制的に矯正したほうがよいかもね。

効果のほどはこれから徐々に報告しる。





041118-1405-00.jpg色の学会に何故か源氏物語の資料が。
何でも登場人物と色で話すそうで。

しかし、よくみるとこの相関図間違ってる!
光源氏は、藤壼宮の子じゃないよ。桐壼更衣の子だよ。桐壼宮っていないよ。

誤植も多いし。
玉髪ってだれよ。しかも花散里の娘って。
夕顔と頭の中将の隠し子の玉鬘なら知ってるが。

朧月夜の話もなんか間違ってるし。
尚待は女官でもかなり上だから身分高いぞ。

知らない理系の人と侮っての資料なわけはないが。
知ってる人には突っ込みどころ満載の資料でし。



疲労が重なってまた変な夢をみる。

働き蜂がひょんな事から女王蜂に昇格したのだが、卵の産み方がわからず四苦八苦してるサマを観察している、おいら。
すると、近くの川面がむくむく盛り上がったあと、どばーって崩れて水が溢れだす。
おいらは向こう岸に渡ろうと泳ぐけれど、増水した川の濁流に呑まれ水没。

ここで一区切り。

気が付くと家のなかにいる。
トイレから異常音が聞こえたのでみてみると、扉をあけた瞬間小動物が逃げ出した。トイレが増水で逆流しだしていた。あわてて姉に床のものを全部机の上や押入の上段に移動するよう指示をし、ばあちゃん(故人)はベッドに移動させた。
水はみるみるうちに家の中で膝下に達する。

水位が下がってから外をみると、いろんなゴミが外に散在していた。
そんな中、おいらは新潟いかなきゃ、とか、大阪いかなきゃ、とか考えている。




家出掛ける前に
ストーブ消したか?
電気消したか?
鍵かけてきたか?

無意識に行動してるとこれらの記憶が無くて、不安になる。
不安になって家に戻ってみるとちゃんとしてあって、無駄足になる。

いつもそんなことの繰り返し。