2007年04月18日

居候して以来、じぃ母に家事一切を任せているのだが、たまにおかしな料理を作る。
例えば中華の場合、中華に必須の生姜やニンニクが入っていないため、肉の生臭さがダイレクトに来る。
例えば洋食の場合、玉ねぎは炒めてから煮込むわけだが、炒めず直接鍋に入れてしまうため、同じく肉の臭み消しになっていない。
恐ろしいのは味見もしないで出すことが多いので、味が濃いときと無い時があるのだ。
いつもこの件でじぃはじぃ母と言い争ってる。

まぁ、これぐらいのことは、実家の母や姉もやるので食べられないわけではない。
作っていただいてる感謝を込めて食べるわけだが。

昨夜は違った。

帰りが遅くなったので、じぃにメールで先に食べてていいよと送った。
10時近くになって帰ると、食卓にじぃが不機嫌そうに居る。
既に食べ終わった時間なのに、食卓にはほぼ手付かずの韮玉と食べ終わった茶碗らしき物がある。
ご飯食べたの?と聞いても曖昧な返事をする。
そうこうしてるうちに目の前に韮玉が出されたので食べてみた。

こ、これは!!!!
魚?……………う、鰻???!!

韮玉に鰻が混ぜて煮込んであった。
鰻の生臭さが韮と喧嘩してる。
そして卵がそれを閉じ込めて、韮の歯ごたえと鰻の甘ダレの薄めた味が…(ry
じぃが「無理して食わなくてもいいぞ、俺外で食べようかと待ってたんだ。」という。

ここで選択肢。
・これ以上手をつけず、食べないでずっと待っていたじぃと一緒に外に行く。
・たとえ何であろうと、じぃ母が作ってくれたことに感謝し食べきる。

「多分生姜入れたほうが」とか「鰻玉はあるけどね」とか約5分一生懸命じぃ母をフォローしようとしたが、じぃが今後のためにならないから無理するなという。

ついにくじけ、外に食べに…。
あぅっ、なんて西告しヽ女家なんだ。つД;)

昨日の学習:「鰻に韮玉」は食い合わせ悪いリスト逝き

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字