2007年07月11日

■最新版 NLPタイプ診断 VAKモデル 2007 ■診断結果表

◆視覚(Visual):49点 普通 
★尺度説明:見る能力が高い:視覚優位タイプかを判定
◆ポイント:見る、明るい、色、イメージといった視覚的感覚で表現する。
(略)

◆聴覚(Auditory):42点 かなり高い 
★尺度説明:聴く能力が高いタイプ:聴覚優位タイプを判定。
◆ポイント:聴く、話す、音といった聴覚的感悪で表現する。
◇高い方:声の高低、抑揚、音程など音の表現を利用して、相手と対話するのが得意であり、自分で声に出したり、講義などで、先生の話を聴いて学習する能力が高い。とりわけ「音」「話す」と言った言葉に関連する仕事 アナウンサー、音響、ミュージシャンなどに向いています。学習面では、講義を聴いたり、CDを聴いたり、音声学習が最も効果的です。

◆身体感覚(Kinesthetic):39点 普通 
★尺度説明:身体感覚能力が高いタイプ。身体感覚優位タイプを判定。
◆ポイント:体のフィーリング、体の動きといった身体的表現を利用する体で覚えるタイプ。
(略)

♭黙読は駄目なのか???

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字