2009年06月25日

政宗公まつりのポスターに『戦国BASARA』の伊達政宗が推参!!

戦国時代は大崎氏だろー。
「雀の目」の葛西・大崎一揆だろうー。

なんでも有名物に「あやかろう」ばかり考えて、地元の本当の歴史を理解させようとしない。
あやかり商法ばかりしてるから、活性化できないんだと思う。

萌えエピソード満載!学研の“歴女向け”戦国本とは
戦国“漢”絵巻
販売元:学習研究社
発売日:2009-06
クチコミを見る

眼帯が凛々しい伊達政宗が表紙を飾る

板橋駅前の「近藤勇の墓」のノートを見たことがあるだろうか。
架空のキャラクターならいざ知らず、れっきとした親戚子孫がいる実在の人物なわけで。
○×△最高vvなんて書いてあるのを血縁者が見たら、さぞやお怒り&ぞっとすることでしょう。

先祖をほめたたえてくれるのは喜ばしいことでも、現在の感覚で恥ずかしいことや事実と異なるような妄想でおもちゃにされたら、非常につらいことかと思います。

お金になるからと、オタクの散財を利用したビジネスは、地球にも社会にもやさしくはないのでほどほどに控えてほしいものです。
売れれば何をやってもいいのか?

武将の墓に変な供え物ができないことを祈る。

戦国美麗姫図鑑
戦国美麗姫図鑑
クチコミを見る


萌えればいいのか?

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字