2009年11月26日

安倍氏の鳥海柵と確定 金ケ崎の遺跡

白鳥舘遺跡:12世紀の建物跡など出土−−現地説明会 /岩手

文化審答申:「奥州街道」を国史跡指定へ 接待館遺跡、追加も /岩手

陸奥話記とそれを基にした絵巻でしか資料がない安倍氏。
安倍氏とか調べ始めてかれこれ20年ですが、やっとですねぇ。

鳥海柵は衣川館が落ちたあと通過した柵で、源氏&清原軍が鳥海柵に到達したときは、既にも抜けの空。
倉庫には酒が入った瓶が沢山あったと。

白鳥舘は清原氏が奥州を支配してた頃、吉彦秀武にそそのかされた清原家衡が襲撃した舘ですな。

接待館は通称ですが。並木屋敷など周囲の舘跡と言われるところが衣川舘の総称ではないかとも。
昔は衣川が奥六郡と磐井郡の境なので、その衣川より南に勢力を拡大(金氏藤原氏平氏との婚姻や小松柵川崎柵などの建築など)したことから、前九年の役の発端鬼切部(鬼首か鬼越、有壁)の戦いになったわけで。

安倍氏時代の城柵で確定しているものは少ない。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字