2011年01月14日

みまもりカメラを子供監視用にマジ検討。
でも今一つ食指を動かすパンチが。

Softbankに提案。
「お父さん」モデル作って!
白い犬「お父さん」と良く似た犬の等身大ぬいぐるみや陶器置物(屋外用)にみまもりカメラ内蔵。

普段は赤外線センサーで人の動きを感知し方角に合わせて「お父さん」の台詞をいう。
「お前にはまだ早い!」「そっちは危ないぞ!」「良く出来たな」と。
見守りスイッチをONにすると通信も出来てTVコール通した音声を口のスピーカーから出す。

単身赴任先のお父さんがお父さん犬を通して子供と会話出来るわけだ。
お母さんが出産で入院中とかでも、家でお父さんと何してるかわかっていいよね。
遠くのおじいちゃんおばあちゃんが犬でも面白いよね。(嫁にしたら家庭を覗かれて嫌か。)

専用アプリで遠隔操作出来、犬の首を振って視線を変えたり、表情コマンドで耳や尻尾などが動くとなおよし。
本物の犬のように子供が乗ったり出来る強度、抱っこしたり出来る重量、添い寝出来る柔らかさだといいね。

耳にマイクが入っていて、あらかじめ録音した呼び方を検知して、
お父さんかお母さんの電話にTVコールする機能があってもいいね。(使わないときはOFF)

AIBOで作ったら立派なあそび相手と番犬になるな。
ルンバ(自動掃除機)内蔵したら、部屋掃除しながら監視できるな。
火災報知機とかついて、警報は吠えるでもいいな。

そういう遊び心の限定品があってもいいな。


でも、こういうので留守番している子供が事故る瞬間とかみたら悲しいな。
TVコールで呼びとめても窓開けてベランダ乗り越える瞬間とか、
火遊びして家事になりやがて倒れる姿見ちゃったら、親として立ち直れないと思う。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字