2011年01月15日

昨日から、熱はないもののちぃ太郎のあおっぱなが酷くなり、
今朝方は息詰まって何度も起きられるわ、おっぱいは息継ぎしながらなのでうまく飲めないわで、苛々なちぃ太郎。
熱がないので、すぐ近くの耳鼻科に連れていった。

また中耳炎になったら嫌だからさぁ。

ついでに俺様も長く炎症を起こしている鼻をみてもらいに。


この医者、見立ては良いのだが、歯に衣着せずズケズケと厳しい事をいう先生。
先月の入院以降なんで耳鼻科の診察を受けない?と問い詰められても、入院先が治ったから薬飲み切るだけでいいと言われたんだからなぁ。
鼻水は十分加湿しろという感じなのだが、耳を見たら鼓膜の張りが悪い=内圧が下がっている=滲出性中耳炎との判断された。
耳に水がたまるが痛みを伴わない事もあり、難聴気味になるらしいが乳児はそれをわかるわけもなく。
てっぱんのOPに反応してTV見るので、耳が悪いとはおもわなんだ。
俺様の鼻も悪い事から、涙鼻管閉塞や中耳炎は鼻が悪いことによるものと。
滲出性中耳炎の治療は根気がいるから、小まめに来院して欲しいみたいな事を。
小まめに鼻水を吸引して鼻の奥の腫れを無くして、耳管や涙鼻管を開通させるしかない。
自宅で鼻吸いしてもなかなか出てこなかった鼻水を鼻血でるほど吸引され、ねっとり系青っぱなを吸い取ってもらうと、ゆるゆる系鼻水が拭いても拭いても出るように。
とりあえず鼻は貫通。
仕事してて保育園預けだから、土曜日ぐらいしか来れないから、しかたないと言わんばかりにムコダイン1週間分処方。

むむ、土曜日午前は毎週耳鼻科かよ。


一方俺様はというと、長い間放置してたのを文句言われ、まぁ一生付き合うアレルギー性鼻炎&結膜炎、たまに来て症状緩和の薬と吸引するしかない。
しかもじつは炎症はのどちんこの裏まであったらしく、薬塗られて滲みて初めて炎症の範囲を知る。
首下のリンパ腺もでかいと言われた。
噴霧型点鼻薬と目薬処方された。

診察の後、親子でネブライザー。
鼻吸引で機嫌が悪いところへ、ネブライザーの吸入マスクを押し当てられるもんだから、泣き叫ぶ泣き叫ぶ。

というわけで、しばらく耳鼻科通いになりそう。

あーしかし、鼻の中身は俺様の遺伝か〜。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 1日9分あればアレルギー性鼻炎を自宅で改善できます!  [ アレルギー性鼻炎改善プログラム ]   2011年04月30日 10:27
何の副作用もなくわずか28日間、1日9分の簡単なエクササイズで鼻炎を改善することが可能です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字