2011年06月12日

b07dd894.jpg
d96c10d8.jpg
今日は地元の音楽教室の発表会があり、夕方にその生徒によるオケの本番に乗る。

朝から個人レッスンの人の一人一人の発表が延々とあり、最後の最後にベト5で乗る。
ベト5のトロンボーンは4楽章しか出番がない。

夕方にちぃ太郎をじぃ母に預けるため、夕飯のタイミングを合わせようとしたのだが、
まずちぃ太郎が5時半に起きてしまった。
この時点で、予定ずれまくりである。

空の哺乳瓶をくわえさせ、30分引き伸ばして6時に授乳。
そこから早朝ハイテンション。中々午前寝しないと思ったら、9時半にあっさり眠る。
10時半に起きて午前食なら予定通りなんだが、早起きしたせいもあって11時になっても起きない。
やむなく部屋を明るくして強制起床。
11時過ぎに午前食。

午前寝が長かったものだから、午後は一切昼寝せず午後食の時間を迎える。
眠いので不機嫌ながらも完食。

普通、夕方5時から7時まで預かって、と頼まれたら4時頃には自宅にいるようにするもんだが、
マイペースなじぃ母は、ちぃ太郎の午後食が食べ終わってから買い物に出掛けてしまった。
忙しかったならともかく、それまでTVをダラダラ見てたわけで。

結局出掛ける直前の時間に帰宅して事なきを得たのだが。

ちょうどちぃ太郎が出掛ける直前あたりに眠くなり寝たので、とりあえずベビーサークル(ちぃ太郎ハウス)に長座布団を敷いてその中で寝かせて身支度した。
2時間ほどのお出掛けになるんだが、タイミングよく寝てくれるとは親孝行な赤ちゃんである。

俺様復帰一番の本番はこうして迎えた。

本番は思った通り押しぎみで、演奏終了が19時。
急いで楽器を片付けて家に向かったら、マンションのエントランスにじぃ母がちぃ太郎を抱えて待っていた。
6時半前に目覚めて、どこに行っても俺様が居ないと確認するとぐずったそうな。
首はかきむしられ、瞼は擦れて赤くなっていた。
ちょうど夕飯の時間が来て中々もらえなかったのもあって、ご機嫌ななめだったらしい。

しばらくは抱っこから離すとすぐ泣いたが、夕食食べてお腹が満たされてくると、いつも通りのちぃ太郎に戻った。


そんなんで気もそぞろ、夜間断乳の夜泣きで睡眠不足、さらにはお腹すいて血糖値が低い朦朧の中の本番なんで、よく覚えてはいない。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字