2011年09月10日

ff555d23.jpg
da69cba4.jpg
じぃが土曜日も仕事になり、ちぃ太郎と遊んでもらえないので児童館へ。
やはり児童館の雰囲気にいまいち馴染めないちぃ太郎。

最初の10分は遠慮がち。
なれた頃に帰る時間になってしまう。

でも自分からおもちゃをあさって遊ぶように。
全部車輪があるもの、回転するものを狙ってます。
乗用玩具も自分で跨がり足こぎで進むようになりました。

思えば昨年の今ごろ、認可園の申し込みをしたものの空きがなく、近隣の認証も保育ママも空きがなかったので途方に暮れ、
近くの無認可にするか、遠くの空きのある区認定の保育所にするか迷ってましたっけ。

近くの無認可を遠目で眺めてましたが、ぎゅうぎゅう詰めな感があり、遠くの保育所に問い合わせしてみたのでした。

そこで半年お世話になったのですが、何人かは今の保育園で引き続き働いてるのですが、担任の先生が今の保育園に来てくれなかったのは残念だった。
本当に自分の子と同じように丁寧にちぃ太郎の面倒をみてくれて。
親身になりすぎて子供の引き渡しにモタモタしてると園長に叱られたりするぐらいで。

今は他の自治体の自宅の近くの認可園に再就職してるらしい。
でも保育内容が一義的で、今まで子供の個性に合わせて保育プログラムを組んだりやりがいがあったのに、新しい勤務先のやり方に馴染めない感じの事を言ってたと、前の園長さんから聞いた。

保育園は本当、園によって保育方針や丁寧さが違うんだなと思った。

ちぃ太郎は、産休明けにこの保育士に育ててもらって幸せだよ。
お陰で、月齢をいうと驚かれるぐらい逞しく利発な子に育ってる。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字