2012年02月09日

今日は仕事でかずさアカデミアパークという工業団地へ。
木更津の向こう。
アクアラインを通ってさらに先。

むかし千葉に住んでいたので、千葉市から先の田舎っぷりはよく知っていたし、他の工業団地も仕事で行った事があるのでその田舎っぷりも知っている。
しかし、かずさアカデミアパークの場所が予想の斜め上を行っていた。
普通、工業団地は幹線道路や高速のインター近くに作るもんだが、あんまり近くではない。
町から遠い。
インターから工業団地までコンビニが1軒あっただけ。
商店やGSが見当たらない。

とても東京から高速で1時間で来た場所とは思えない光景が。
こういう場所にいきなり都心部に会社があった人が転勤になったら、まずアパートすら近くに無いのだから車買うしかないよという状況。
もしくは社バス利用かタクシーしかない。

工業団地だけがあって街はないのでかなり不便。

そして行った先は、機械油の臭いたちこめる工場。
巨大な旋盤やプレスがたくさんある。
これ食品放射線測定の遮蔽容器にいいなーと思う、ステンレスの厚さ20cmのシリンダーもあったよ。
例によって女子トイレの数も少い。
社食は安かったな〜。
社食ないと外に出ても車で15分かかる。

企業誘致だけでなく、その企業に赴任する人へのサービス、町作りが要るね。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字