2012年04月03日

7ef0d6fb.jpg春の日差しと寒気が入り乱れる季節。

昨日は入園式で会えなかったが、今日から午前だけ預ける慣らし保育が始まった。
いきなり人口密度があがる。
勝手がわからずオロオロする親、なれない環境に不安な子供。
泣きの空気が漂ってるんだが、ちぃ太郎はマイペースでニコニコとお気に入りのおもちゃで遊びだし、さっさと行けよと言わんばかりのバイバイしてやんよ的な投げ遣りのバイバイをされた。

慣らし保育は午前だけだから良かったものの、今日は午後から大荒れの天気。
暖まった空気の上に寒気が押し寄せる事で急激に発達する爆弾低気圧である。
真冬なら、四国や東海地方の沖合いで低気圧が発生し銚子沖で急激に発達してオホーツク海でさらに発達するんだが、暖かくなると低気圧の通り道が本州になり、発達するのも日本海になる。

西日本は午前中から大荒れで、東西に拠点を持つ企業は昼の段階で帰宅命令が出始めた。
大阪に本社があるおいらの会社ももれなく。
しかし15時を目処に帰宅勧告されてるのに、誰も帰る気配がない。

これが平常バイアスというものか。

おいらはレーダー等を見た結果17時には雨も激しくなると予想し、16時半にはちぃ太郎をお迎えにいく事を決定。
15時に会社を出た。
一応、傘をさすと危険と予想して雨合羽を用意してた。

予想通り、ちぃ太郎をお迎えに行く頃は、時折突風が吹いて傘を壊している人を見かけるぐらい。
無風で雨も降らないときもあれば、大粒の雨混じりの突風がいろんな方向から吹き込む。
ちぃ太郎は雨合羽でバギーにのりシートベルトをして移動。
マンションの前で突風にあたり正面から雨をかぶった。
その30分後あたりから暴風雨になり、時折轟音がする。
ニュースを見ると電車がとまって駅に人が溢れている様子が映し出された。

だから15時を目処に帰宅命令がでてたのに。
昨年の台風で学習しなかったのかと。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字