2012年05月16日

不具合があったプログラムの修正の話。

どうしてうまく動かないのかソースを見直したり、
どうやって直そうか脳内であーだこーだ悩むのが1週間。
でもコード直しには実質1時間かからない場合の話です。

なんで1日で終わるような修正の量なのに1週間もかかるんだと。

アイデアを出す産みの苦しみをしらず、見える場所の工数でしか物事がわからない、
コロンブスの卵みたいな話ですわ。

答えが既存であり、ちょっと調べれば答えが見つかるものなら1日仕事でしょう。
そうでない、無いものからものを作り上げたりするのは、パクりでは出来ないのです。

うちの会社のデジタル系は、もとはというと海外アプリの代理店から始まってるので、海外既存のもののリソースを直して日本語化したり、日本語環境での不具合を見つけては本国に直せとクレームを入れる程度しかなく、
ゼロから計画して自己責任で作り上げるという事に非常に疎く、開発者へのクレームだけはいっちょ前みたいな体質。

精神的に疲れるなあ。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字