2013年04月18日

じぃがヘルプで郊外の工場に仕事に行くことになった。
なんでも、担当者が胃潰瘍かなんかで病欠だかららしい。

この郊外の工場、前にも行かされた事があるのだが、物流上高速道路等には近いのだがJR駅からは遠い。駅と工場の間は会社のバスがあるのだが、なんとそのバスのない時間も仕事をさせられる。
以前は朝7時前に家を出て、23時にようやく帰ってきたという。

前に行かされた時は、ちぃ太郎がお父ちゃんと遊べずストレスをためていた。
お父ちゃんも土曜日も仕事でオケ練習にも出られずストレスをためていた。
あのときはちぃ太郎が1歳を過ぎ夜中に起きることは無くなっていたのだが、今はことみたんが夜中に2〜3回は起きる時期でして。

ちぃ太郎が5ヶ月の頃には父ちゃんが疲れがたまって怪我したわけで。ちょいと心配。

初日から帰宅が10時になってしまった。

まっとうな会社なら、正社員でないのに遠方の工場に行かせたりしないし、いわゆる育児休業取得可能な時期の者は本来残業させずに速やかに帰宅を推奨するわけで。
親会社社長が億単位の年棒なのに、末端は下請けを切ったり、労働基準局から再三改善命令が来たり、事故をおこしたり。

郊外の工場行きは4月いっぱいだけというが、ちょいと心配。


ちぃ太郎は父ちゃんと遊ぶ時間が減って、遊び足りなくてなかなか寝ない。
ことみたんはちぃ太郎がうるさいからなかなか寝ない。

ちょいと荒れそうだな。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字