2013年07月03日

ちぃ太郎の時よりなんか仕事に集中出来ない。
ちぃ太郎の時は一人なのでちぃ太郎が寝たら自分も寝れた。
しかもしょっちゅう熱だして休んだので、看病があったとしても自分自身昼寝出来たりしたのだ。

しかし今回は違う。
ことみたんが寝たとしてもちぃ太郎は起きてるのだ。
ことみたんが起きてる間遠慮してるぶん、起きてる間は甘えてくるし、休日は1回は外遊びしないと室内で跳ね回る。
公園遊びはことみたんを抱えあちこち移動なので、それなりに運動量がある。

仕事の休日であっても、子供の世話で全く休まらない。
しかもいつもより多く乳を吸いとられる。

これは月1回ぐらい、仕事も母業も休日な日を設けないと、夏バテする予感。

育児休業は男女ともとれるけど、母乳育児を推進するなら、産休は産後8週でなく離乳食が始まる6ヶ月ぐらいにしないと、単純労働は出来ても体力面もきつけりゃ頭脳労働は精神面できついかもしれない。
いやマジ、仕事のストレス抱えたまま子供に対面すると、本当に鬱陶しい。
逆に子供に合わせたテンションのまま会社につくと、中々仕事をする気にならない。
そして、3時間前後に細切れされた睡眠状態だから、集中できないし考えも整理出来ない。
半病人状態なのである。

でも、会社という場所は、復帰すると1人前の仕事を要求するわけで。

1ヶ月単位で長期取得をする育休という制度ではなく、時間分欠勤になる短時間勤務でなく、育休適用期間に復職した場合、1〜2週につき1日有給休暇増やす感じにしないと、子供の病欠や健診で有給休暇を使いきり自分のための休暇を持てない人が多いんじゃないかな。

3日連続夜中にことみたんに1時間ぐらい覚醒されてしんどい。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字