2013年07月04日

041e0600.jpg仕事の報告書の日本語がおかしくなるくらい、文章能力が落ちてるというか、仕事に対してアレルギー出てます。

今日はことみたんのクラスの保育懇話会。
ビデオで保育園での様子の上映があった訳ですが、まだ動きが少ないことみたんは被写体になる時間は短い。
床でゴロゴロしてる様子や、離乳食モグモグくらいなもので。
ハイハイや掴まり立ちグループより短くなるのは致し方ない。

今年は待機児童の高倍率を潜り抜けただけあって、時間通り都合つけて来る母親は半分。
兄弟が2園に分かれた家庭もあり、兄弟のお迎えの都合でいつものお迎え時間の前から開始なんで、早退が利かない職場の人は遅刻。
フルタイムな人ばかりだ。
そして、土曜の保育園行事の話をすると、土曜も仕事なんで保育はあるのか?という質問が飛ぶ。土曜も埋まってるわけである。

こうなると、保育園の父母会ってのも将来運営がきつくなる。
今まで初年度で入園した無認可時代の地元自営業やパートタイマーな人が中心となって運営してくれたので、保育園との打ち合わせや買い出しなどの準備をしてくれたが、いっぱいいっぱい働く人ばかりだとよほど家族が協力的か、社会人団体等で自主運営経験があり自主的に動かないと団体は動かない事をわかってる人でない限り、忙しい事を理由に参加してくれない。

PTAというのはウザい存在なんだ。
そういう事を理由に公立園を選ぶ人もいる。
現に兄弟が公立にいる人は既に転園希望を出してるわけで。
はなから深入りする気は無い姿勢。

ちぃ太郎の時にも兄弟が別園の人がいたけど、転園予定でも付き合いは良かったな。

親も色々である。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字