2013年07月08日

梅雨明けとともにあるのがゲリラ豪雨な夕立。
坂東太郎と呼ばれる利根川流域の入道雲群。
勿論、荒川流域にも現れます。

本日のゲリラ豪雨は文字通り荒川沿いに南下してきて、ちぃ太郎とことみたんが待つ保育園を直撃したらしい。
ちぃ太郎はその様子を「どろどろどろーってきたの!」と興奮ぎみに解説するものの、ゴが言えずドになるため、なんか緊迫感が無い。
おへそとられるよ〜ってみんなに教えてあげた?と聞くと、うーんというどっち付かずの返事。

そう言えば今朝のちぃ太郎は、サンダルではなく頑なに長靴を履きたいと言い張って長靴を履いていったわけだが、ちぃ太郎の直感は正しかったようだ。

保育士の話だとカミナリは近くの高い建物にドッカンドッカン落ちたようだ。
ニュースではそのうちひとつが、たまにちぃ太郎を連れていく荒川の水門の公園で釣りをしていた人にあたり、亡くなったようで…。
知ってる場所で人が亡くなるというのは残念な気持ちになる。

そんな雨も、ことみたんを迎えにいく頃にはすっかりやみ、青空が覗いている。
本当に局地的なのだ。

梅雨があけたからといって、雨の日装備は用意しないといけない。
また台風が発生したみたいだし。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字