2013年07月22日

ちぃ太郎のクラスメイト、腐れ縁N姉貴はちぃ太郎3ヶ月の無認可からずっと保育園が一緒。
昨年までは延長保育も一緒で、親よりも一緒にいる時間が長いのである。

ちぃ太郎は精神的な成長が遅い代わりに運動神経やオタク力はある。
N姉貴は身体は小振りで非常に恐がりな性格ではあるが、精神的な発育は4歳児並みでお世話好きで言葉も達者。

そんなN姉貴と公園でばったりあった。
ちぃ太郎は小躍りしながら滑り台にスルスル登ったので、N姉貴も一緒に登り始めた。しかし滑り台が高すぎて、滑り降りるのが恐くて足がすくんでいた。
N姉貴パパが説得しに行くも、怖い怖いと勇気が出ない。
そこにちぃ太郎が「平気だよ」と言わんばかりに両手をあげて滑り降りる。すこしN姉貴が前向きな気持ちになる。
ちぃ太郎がまた登ってN姉貴の背中を押そうとしたので、流石にそれは危ないから止めた。
ようやく勇気を振り絞ってN姉貴は滑り降りる事が出来た。

今度はちぃ太郎、サイドから裸足になり逆走登りを始める。
するとやはりN姉貴、ちぃ太郎に続いて裸足になって挑戦しはじめ、やはり途中で固まりパパの力を借りながらようやく登りきる。
そしたら2回目も挑戦し出したり。

そして今度はジャングルジム。
N姉貴は登ったものの降りかたがわからずすくんでしまった。
ちぃ太郎にN姉貴に降り方見せてあげて〜と言ってちぃ太郎が嬉々として手本を示したら、
N姉貴、一目で要領をつかんで降り始めたではないか!

N姉貴、知能高い!

ちぃ太郎なんか3週かかったのに。
大人が言葉で説明したり身ぶりで教えるより、同じ背格好の子が実演したほうがわかりやすいのは確かだ。届かないと思い込んでいた棒が届くと確信したんだろう。
ずっと双子のように過ごしてたから、負けたくない思いもあったんだろうけど、保育園でもこうやって刺激しあって成長してるんだろうなあ。
いつもN姉貴の知能の高さに驚かされます。
(向こうはちぃ太郎の身体能力に驚かされてるんだろうけど)

他の園児の観察は楽しいです。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字