2013年07月25日

毎朝、ちぃ太郎を2歳児クラスに先に置いてきて、ことみたんを0歳児クラスに預け着替えをセットしてから、2歳児クラスに戻り着替えのセットしてちぃ太郎とお別れのタッチをするわけですが、いつもその辺で遊んでいるのに姿が見えない。
奥に入って探したら、トイレでおしっこしてズボンをうまく穿けずもがいてる最中でした。

家じゃパンツすら脱がず、出そうなことも出た事も言わないのにだ。

毎日2〜4枚紙パンツに記名して置いておくのだが、日によって1枚しか使ってない日と3〜4枚使いきってしまう時とムラがある。
最近は2枚前後に落ち着いてるので、おしっこ成功率が上がってるようだ。

しかしウンコだけは、お尻に何もない空間に座ってというのが怖いようで、壁やテーブルに手をついて踏ん張らないと出ないようだ。

家でもオシッコを成功してほしいんだけど、トイレの扉全開で幼児用の小さい便器があるわけではない。
扉をあけて、オマルを手前に出すとか、便座の上にオマル便座をのせておいて踏み台も用意しておくとか、前準備が要るので好きなときに自分だけで行けないのが嫌なのかもしれない。
かといって専業主婦みたいに、昼は家を占有してるわけではない。
頻尿で忘れっぽいオババが用をたしたあとに、ちぃ太郎の為に毎回いつでも使える状態にセットしておくかというと、そうでもないかも…。
あと、保育園の便器は真っ白だが、オマルは色がついてるわけで、拘りが強めのちぃ太郎には白くないものを使うことに抵抗があるのだろう。

とにかく、保育園ではちゃんとやれる時はやれてる。
月齢が高いR君のママによると、3歳児健診の時は殆ど出来なかったのに、ある日突然あっけなくおむつがとれたらしい。

要は本人のやる気。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字