2013年07月27日

cbf5f55a.jpg
7df4910c.jpg
a9914f31.jpg
土曜の午前中は何だかんだと、ことみたんの離乳食作りで終わってしまう。
忙しいからことみたんはレトルトですませようと思ってたのに、そのレトルトを買いにいく暇もないから結局つくるという状態。
まだまだ歯が生えてないので、ひたすら裏ごしである。

そんななか、ことみたんが退屈してるので父ちゃんに表の通りの車を眺めさせるようにと、共用通路まで出したらば、表では白昼の捕り物劇。
タクシーの乗客が不審者で、タクシーが無線で会社から警察に通報し、覆面パトが追い付いたところの目の前の交番で信号待ちを装って停車したのだろう。
警察がタクシーの後部座席の客に職質しトランクを確認、応援のパトや白バイ、消防からはレスキューが待機してる状態でタクシーから乗客を出し、手錠。パトカーに連行されるも抵抗し中々車内に入らない。

この間、片側三車線のうち二車線が一連の連行に使われたため、プチ渋滞であった。
なお、覆面パトは○暴らしい。
大物ならニュースになるし、小物なら地方版に小さく載る程度だろう。

保育園の夏まつりが夕方からある。
15時前に対岸が見えなくなるぐらいどしゃ降り。
しかしすぐ止んで、南風が入り蒸し暑く。
そんな中ことみたんを前向き抱っこで保育園父母会スペースのお手伝い。

ちぃ太郎は後で父ちゃんと来たのだが、父母会スペースのくじ引きより前に景品を見てしまったので欲しい気持ちが先に経って、くじを引く意味を理解できず、頑なにくじ引きを嫌がって号泣。目の前の景品が欲しいなんで買ってくれないと言わんばかりに泣く。

しかし後でくじを引かせてハズレだけどハズレの箱から1つものが貰えるとわかると、もう一回もう一回と何度も引き始め、欲しかったものの8割を手に入れた。
くじ引きのシステムは乳児クラスには難しかったかも。

空模様は目まぐるしくかわり、雨がぱらついたり日差しが照りつけたり。
終盤になると5分ぐらい本降りしたがまた晴れたり、本当に不安定な天気。

夜はオケ練があるため、保育園の夏まつりを早退し、オババとファミサポのおばちゃんにことみたんとちぃ太郎をお願いして出掛けた。
練習中は天気が良かったのに、練習を早退して駅に向かったら半端ない土砂降り。
しかも寒気が入って冷たい風が吹き荒れてる。
レーダーを見たら真っ赤っかの表示が真上に。

傘あるけど、こりゃずぶ濡れか?と思ったら、最寄り駅から出ると普通の雨程度に落ち着いていた。
雲は南に流れ、北側の視界は良好に。

本当に局所的。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字