2013年07月31日

昨夜は、ちぃ太郎の熱が下がったとはいえ、37.5〜38℃の間をさまよってる状態で、寝苦しさに寝返りして擦りよってくる。
ことみたんは鼻づまりで1時間おきに息苦しくなりプハァと起きては擦り寄る。

二つの発熱体に両サイドから擦り寄られ、寝返りしようにも出来ないサンドイッチになる。
たまに起きてる父ちゃんに救助を求めることも。

月曜はちぃ太郎からうつされたであろう風邪と寝不足で頭痛がしたが、火曜に昼寝することで解消された。
しかし今度はことみたんの鼻風邪をうつされ、おいらは鼻水がとまらない状態。

今朝のちぃ太郎の体温は登園圏内スレスレ。ことみたんは平熱。
ちぃ太郎は回復期にあるから起床して動き始めれば下がっていくだろう。
とりあえずことみたんだけ登園させ、ちぃ太郎のクラスには診療所で診てから登園する意思を伝える。
ちぃ太郎は朝食をあまり食べず、ジュースやお菓子モード。
嫌がるちぃ太郎を説得して診療所に連れていき診察。
熱が長いのでアデノウイルスを警戒したのだが、喉は腫れてないもよう。風邪ということで熱冷ましと咳止めを処方された。

一応、37.5℃でも回復期にあること、医師の診察を受けて指定感染症でなく、自力で食事できる状態であれば、完全回復でなくても病後児として保育はくれる。
今日は月末だし、何か用事が入れてあった気がしたので、保育園で薬を飲ませて預けた。

会社に着いてみたら、やっぱり用事があったよ。
新しい測定器のメーカーからのトレーニング。

夕方おむかえに行ったら、既に父ちゃんがちぃ太郎だけお迎えした後だった。保育士の話しによると、最初はフィーバーしていたが疲れたのか迎えに来るまで電池が切れたようにゴロゴロしてたらしい。

家に帰ってみたら、この父子、まだ帰ってないし!
保育園で父ちゃんと遊ぶぶん充電してたらしい。
熱も平熱に戻って元気っぽい。

ことみたんも鼻づまりのピークは越えたっぽい。

おいらだけ、今鼻水のピーク。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字