2017年02月11日

422236e3.jpg
40133bb7.jpg
1c64687a.jpg
622f077d.jpg
e8ebc564.jpg
今週仕事がバタバタしてて、ようやく改めて小学校の説明資料を読み返したら、集団登校の世話人に出す書類が昨日までだった。
世話人が隣家だったため、いつでも出せるという気の緩み。
今日気づいて良かったよ。
多分昨日夜まで待って月曜日とりまとめみたいなものだろうから。
集団登校は8時集合8時05分出発、集合場所は寿司屋の前で当番で見守りがあるらしいが。
集合場所から小学校仮校舎正門まで20m無いんでね?
新校舎になったら400mくらいは歩くから慣れておく必要はあるけど。

悪平等のPTAですからにして。当番の日に客先に早出とかあったら死ぬ。

防災頭巾の学校販売が平日なので、同様なの通販で無いか確認したら、通販のほうが袋別売りで高い。
同日に体操着も売りに来るらしいので、やはりその日は休暇をとって、銀行へ給食費引き落としの手続きした上で書類を職員室に持っていき、防災頭巾と体操着を買うのがベターらしい。
体操着はムラの名主系列な商店がほぼ独占的な指定学用品取り扱い商店らしい。
申し訳程度に隣駅のスポーツ用品店などがかかれてるのは、独禁法回避的なやり方。ほぼ独占なんだろ。

体操着や制服に関して、私立ならともかく、公立は全国共通制服や体操着というのを数種類数色作って、製造コストを下げ、流通しやすくし、学校側は種類と色の指定をして校章やワッペン、ゼッケンを用意するだけで良いと思うけどな。

これ、マジで貧困家庭は指定された学用品の用意だけで死ねる。

午後に出かけたときに、筆箱をチラ見したけど、シンプルなやつでも1280円ですわよ奥様。
100均のプラケースやポーチでも良くね?のレベルなんだけどよ。

形から入る日本人、やたら消耗用具に金かかりすぎじゃありませんかね。

そして、小学校まわりの手続き。
就学時健診受けてるのにまた健康調査書を書かせるとか、銀行の受付が必要な引き落としの申込書を使うとか、説明会とは別の日に学用品販売をするとか、別途各人集団登校の世話人に子供を連れて届けに行くとか。
ワンストップで終わるようにしろよ。

小1の壁なんていう言葉がありますが、昭和のシステムを昨年通りと見直しもせずに使い続けてる事に歯がゆさを感じる。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字