2017年02月14日

dd0bb266.jpg今の仕事場の状況はというと。
1年間に2名他部署に異動になり、1人計画入院中。
なのに、扱うモノは増えてるという具合。

目先の経費削減で人減らしたツケが、ここに来て最低人員でまわすリスクに直面。

期限までにしなきゃいけない事がある一方で、トラブル発生で顧客に回答を急げとか。
しかもきっちり業務引き継いでないからね。
自分はマニュアルあれば自分で読んで操作するし、ある程度は調べるけど、マニュアルにない資材の発注とかメーカーへの問い合わせは、データを引き継いでくれないとわからんのよ。

通常なら1つずつする作業を3つ平行で作業してる状態。

しかもいわゆる準備調整中な段階で、サンプルくれとか客が来るから見せてくれとか、3つの作業が進まんわ。

ネット記事で不正捏造は何故起きるか?なんてあるけど、完成度によって発表時期が決まるんでなく、先に締め切りを決められる、そこでなんらかの成果を出さねばならない、それを本人ではなく外部から決定されたり、他者との競争で先に出す必要があるからダークサイドに落ちやすくなるんだと思う。

無理なものは無理という勇気を技術者は持っていないと、不正や捏造の誘惑に負けちゃうのだよ。

嘘のデータはいかん。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字