2017年02月16日

保育園の不承諾通知をSNSにアップロードする呼び掛けがあって、それに対して一点注意点をあげた人がいた。

多くの人は名前や住所を伏せて写真をアップロードするわけだが、郵政バーコード部分がそのまま写ってる場合もある。
これが、郵政バーコードを知るものが見たら、簡単に郵便番号と番地情報が読み取れるので、住所まるわかりなのだ。

自分も仕事で同僚がDMをDBから自動的に作成するシステムを扱っており、そこに自動で郵政バーコードを埋め込むプラグインがあったりしたので、多少なりともわかる部分がある。
文字フォントで数字をバーコードにしてあるので、その文字フォントを入手したら誰でも郵政バーコードが作れちゃう。

なお、郵政バーコードをつけた一定枚数以上の発送は割引になる。




トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字