2017年02月18日

bb7bceba.jpg今日は保育園の発表会。
写真は他の園児が多数うつりこんでるのと、殆どを動画撮影したので、割愛します。

子供が、というより、今の生活に至るまでに、ストーカーなどトラブルがあった親が居た場合、子供の写真などを手がかりに再びトラブルに遭うという事がなきにしもあらず。
特に、ストーカー側が独身や不幸な目に遭ってる場合に、子供がいて幸せそうな状態というのは要らん逆恨みをされるらしく。

離婚のトラブル以外に、略奪婚とか当人でなく配偶者側のストーカーでとか。
あらゆる可能性を考えたら自分の家族以外の人がうつりこんだ、何か手がかりになる建物や行事などの写真や動画は極力避けないといかんなと。
(例えばキッズユーチューバーの1人は、行動範囲からどのエリアの住人か見当がついたり)

さて、子供らの出来はというと、保育士は今までで一番良かったというのであるが、やはり知らない大人が沢山いる環境は慣れないようで、ちぃ太郎はボソボソ台詞を言うし、ことみたんは舞い上がって先の解説をしだすし。

バレエや空手などのお稽古ごとをしてる子はやはり発表慣れ、発声慣れしてる印象。
やはり度胸つける為に何か習わせた方が良いのかと思うけど、貴重な土日をお稽古のスケジュールとにらめっこというのもなぁと。

子供のうちぐらいは、自由に遊びをするのと、家事を少しずつ覚える時間に使いたいじゃん?

土日は外遊びに注力したせいなのかどうか知らんが、ちぃ太郎はクラスで一番身体が大きくなっていた。
ことみたんも早生まれには全く見えない、夏生まれの子を追い越してる。

将来を考えられるようになる10歳ぐらいまでは、何も考えず遊び中心に興味の赴くままで、親が押し付けしなくていいと思うんだ。

劇の台詞を言うより、自分の気持ちを他人に伝わる言葉にする方がもっと大事だし。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字