2017年02月19日

56271581.jpg
1aca234f.jpg
いつも休日は9時頃まで寝てることみたんが7時に起床。
ゆっくりしたいのに、ゆっくり出来ない朝です。

午前中は公園でフリマがあるので出掛けてみましたが、子供のおもちゃの出品は殆どなく、普通に公園遊びした後でマクドナルドのハッピーセット買うという。
少し寒さがゆるんだせいか、公園で1時間くらいは遊ぶようになった。

午後は、アルバムや寄せ書きで、ちぃ太郎に文字を書くようにと宿題出しといたのに、書いといたか?と聞いたら「書いた」「書いたの見つからない」という。
探して来いと言ったら、すぐ戻ってきて無いという。
探してみたら、すぐ見つかる場所に俺の書いた手本と白紙とことみたんの落書きしかない。

つまり二重に嘘をついたわけだ。

まず、書かなかった事を隠す為に、見つからないという嘘。
そして探しもしないで、探したけど見つからないという嘘。

そして、書かせたわけだが、間違っただけでメソメソ泣いて、gdgdと主語目的語もない前置きもない言葉で言うわけで、それがみてた父ちゃんを苛立たせて大泣きしてしまう始末。

間違ったら書き直せばいいじゃん?
世界が終わる勢いで泣くな。

小学校に入ったら毎日のように自分が書きたい文字以外を書かなきゃならない事だらけ。
今の時点でこれでは登校拒否になるかも。

さて小学校のグッズであるが。
市販品で全部揃えると1万円強。
布地類を購入すると5〜6千円。
ミシンがオババに壊されたようなので買わなきゃならない事と、差額?制作時間を考えると俺の時給のほうが高くね?の世界。

布地の値段が自分が家庭科やってた時の何倍?の世界。
たしかメーター500円のものもあったくらいだったのだが。
50cmで1500円近く行く世界。
ミシンなどの初期投資回収できるほど手作りで安く上がるわけではない。

貧困家庭が出費の多さに泣くわけです。

お菓子も弁当も手提げ袋も、手作りのほうが金がかかる世の中になってる。
ちぃ太郎がこれがよいと言った同柄の生地が売り切れな事と、その生地を使った製品が在庫僅かなのもあって、買うことにしたけど。
その店で取り扱っている名前スタンプセットに、算数教材のおはじきや計算棒用のスタンプがあるのに白目になってる。

何もかも、なんかコスト(金と手間暇)かけすぎでね?


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字