2017年03月03日

3c4b31e2.jpg花粉の飛散量が増えたっぽいので、ちぃ太郎は花粉対策の伊達メガネで登園です。
保育園は市販薬の投薬は受け付けず、医師から処方された薬しか与薬依頼出来ないので、昨年余分に処方してもらった目薬(消費期限2018年)を今年も処方されたが如く与薬依頼票書いて預けた。

花粉症とわかってるし2年連続同じ目薬だし。
小学校に行ったら目薬は市販薬(小児用)でも良いのかね。

ことみたんはまだ花粉症の兆候はない。

自分は市販薬の目薬と、市販薬の点鼻薬、抗ヒスタミン剤でしのいでる。
点鼻薬は昨年から出始めたステロイド入りのもの。
その前は耳鼻科に行ってナゾネックス2ヶ月ぶん処方されてたのだが、市販薬に解禁。
炎症をしずめるというより、傷んだ表皮を修復促進するので、寝る前に点鼻だけで良い。
粘膜が腫れたところに花粉が付着してよりアレルギーを悪化させるわけで、悪循環を断ち切るタイプ。
それでも鼻水は出るものなので、抗ヒスタミン剤で出る鼻水の量を抑えてる。

早めに対策してたから、辛いのは薬が届かない気管支ぐらい。
ステロイド吸引、出来るものならしたい。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字