2017年03月08日

ことみたんが最近、男だから、女だから、という事をしきりに言う。
女の子だからピンク。青は男の子の色だよ。

そして、ことみたんはお母さんは何色が好き?と聞くものだから、青や紺と答える。
そうすると、青は男の子の色なの!ピンクがいいと思うよ!と言い返してくる。

すかさず、ラプンツェルは紫だし、エルサは水色、アナは緑のドレスだよ、何色だって良いんだよ。
仮面ライダーだってピンク色あるじゃん?
色で男や女を決めつけないほうが良いんじゃないかな?

それでもことみたんは譲らない。

一方ちぃ太郎は最近、YouTubeでズートピアを見てる。
よく考えると、いわゆる身分差別や人種差別や障害者差別などのあらゆる差別による就業の不自由を動物に置き換えた話なんだな。
理想は差別ないんだけど、実際は先入観による差別がある。

自分はなるべく子供らには差別をしないよう、できるだけ質問にも差別を外して説明をするようにしている。
しかし周りはそうではなくて。
オババは、ちぃ太郎を跡取りや兄として扱い、ことみたんを妹と差別するし、会話の端々に障害者差別や人種や貧困差別が滲み出る。
父ちゃんは外国人差別的な言葉が出る。

差別は、ことみたんの言動からわかるように、原始的な人間社会では必ず通る道なのだろう。
しかし今は、差別は無くす、本人の能力で仕事や生き方が決まる、そういう方向になってる。

差別してる方が、個々の能力を見抜く努力をしなくて済む、能力差による配慮を考えなくて済む、違いの理解をしなくて済む、ラクなのである。
差別しないというのは結構労力が要るもの。

先入観や思い込みをはずすのはかなり労力が要る。
子供に先入観を与えないようにするのも結構労力。

差別でなく、違いを理解して配慮。これを教育するのはホネ。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字