2017年03月09日

次来るのは「学童保育死ね」かもしれない。

学童保育の説明会受けたんだけどさ。
申し込みに出したときの調査書とかは何だったんだ?というレベルで、また同じような内容の書類を提出するのである。
申込書は審査のための書類であり、承諾通知を受けて確定したら、また似たような内容の児童書や緊急連絡先や保険証番号など記入す。

それぞれの部署でそれぞれの様式で、似たようなものを書かせる。
コピー機がある時代に複写紙で、何枚も…。

そして、学童保育の仕組みが、なんかパートタイマーを対象としたような内容。
寿退社して子供も大きくなったから少し小遣い稼ぎにでも…。
とても、フルタイムで働き、且つ就学前までは時短勤務などの配慮がされ、小学生になったら企業のあらゆる支援が打ち切られ産前のように働くことを求められる仕事をしている人にはキツい内容。

特に学校が休みの時の保育。朝に入れる時間が決まっているとか、弁当、持ち物。

女性が活躍できる社会というけど、保育園より昭和を引きずってる。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字