2017年03月31日

昨日は退職する保育士とのお別れでしたが、今日は担任と別の小学校に行ってしまう子とのお別れ。
ちなみに、同じ小学校でも学童保育が幹線道路で分断された地区の二つに分かれ、殆どが保育園寄りの学童保育の地区のため、同じ小学校の子とも入学式までお別れなわけだが。

当のちぃ太郎は、小学校に行けるという事でワクワク状態。
他の小学校に行く子が半べそ状態。

特別な理由が無い限り学区変更は出来ないそうで。
それゆえに、小学校に入る前の引っ越しというのは学区を見据えながらという状態。
どこでもいいから保育園に入れる所、通勤経路に楽な所、保育方針にこだわった場所としてると、小学校がみんなと違って友達と別れる、ママ友関係もまた再構築という事になり。

田舎だと進学で別な学校になるなんてのは高校の時ぐらいなもので。都会って親の都合、方針が子供を振り回す、えげつない世界だなと思う次第。

保育園自体は、ことみたんがあと2年通うし、送迎の時間帯によってはたまにはちぃ太郎がついてくる事もあるので、2度と来ない場所ではない。

園長、副園長、担任は、今日の延長保育の卒園児の迎えまで残業なんだな、と思うと少し複雑な気分でもある。
プレミアムフライデーなんて関係ない業種。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字