2017年04月15日

ちぃ太郎にもIC乗車券をと、ちぃ太郎に緑のカード(Suica)が良いかバスが描いてあるピンクのカードが良いか聞いたら、最初は反射的に緑と答えたけど、バスと電車の絵を見て、バスのカードって言った。

通勤用定期は自動券売機で買えるが、学割や子供用は窓口で証明書や年齢を証明できる書類が必要。

正直、幼児と小人の境界は曖昧で、こういったIC乗車券が出る前は親の申告と駅員の目視判断。
親についていく幼児は無料だが、幼児だけだと小人料金。
昔、「まことちゃん」のお父さんの忘れ物を届けるシーンでは、まことちゃんが改札に入る際に他人の服をつまんで親子のフリするシーンがあったけど、それなら無料。
しかし小学生からは小人。

セコケチとしては、グレーゾーンを駆使して、ギリギリまで幼児のふりをさせたいところだが、法令遵守を教えてるのに無賃乗車をさせるのは矛盾。
なによりも本人が、自分専用のICカードを持ちたいのだ。

なので作りました。
次は合鍵作らないと。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字