2017年04月17日

昨日のフリマに出掛けたときから、ことみたんがのぼせたような手の暖かさがあった。
午後あたりから、ことみたんがトイレに行ってはお腹痛いお尻痛いという。

そして就寝。
2〜3時間ごとに起きてはお腹痛いという。
熱はのぼせた感じの微熱で、汗をかかず乾燥してる。

朝も登園可能な程度の微熱なんだけど、眠れないくらいの腹痛だったのが気になって、念のために診療所行った。
症状的に熱で糞詰りだと思うが。
そしたら、ことみたんの痛い箇所が胃のあたりとか右下とかいう。
通常の糞詰りはS字結腸の左側が痛い場合がほとんどなので。

虫垂炎の可能性も否定できないから、念のため総合病院の小児科で検査した方が良いと、紹介状書き始めた。

普通に歩けるくらいなんですがね。

診療所から自転車をこいで総合病院までの坂道をのぼるも、ことみたんを後ろに乗せては流石に難しく、手押しで急な坂をのぼる。

総合病院は待ち時間が長いもんで、格安スマホのバッテリーが半減するほどことみたんがスマホを独占。

医師の診察では、虫垂炎ではないだろうけど、一応レントゲンとって腸の状態確認しましょうとの事で、レントゲン撮ってみたら笑うしかなかった。
上行結腸までウンコパンパン。
胃を圧迫するレベルで便秘でした。
レントゲンの写真をとらせてもらうんだった。

まず、ウンコ抜いて、それで反応見ましょうと。
浣腸して1分で便意、3分は頑張ってようやくレントゲンに写っていた量の半分くらい出た。
ことみたん、スッキリな顔になってるし。

マジで糞詰りでした。

念のため、抗生剤と整腸剤が処方された。
腸壁が傷ついたり、炎症があったりしてるかもしれないので、熱はそのせいかもしれぬ。

なお、虫垂炎の場合は血液検査やCTなので、午前中だけで検査するのは無理。
虫垂炎だと入院もあるので、糞詰りで済んで良かった。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字