2017年05月08日

本日、信じらんない事案が二件発生。

ひとつは、卒園アルバムの件。
本来、データは3月末で揃える予定で、4月は最低限の差し替えのみ、誤植や色調程度の予定だった。
4月上旬の集まりの時には、最終確認程度にしたかった。
俺管轄のデータは遅れはあったものの、連休前には入稿用にデータ変換するだけにして、5月2日の引き取り訓練の帰りにチームリーダーの確認をとるだけになってた。

しかし、その俺以外の担当、
3月末にデータをくれないだけではなく、
4月上旬の集まりで連休前にデータをくれる約束も破り、
リーダーの催促で5月5日までにという約束も破り、
5月6日に今日中にと催促したにも関わらず、7日の朝にもデータは来ず、
7日の20時過ぎにデータを送ってきた。

そこまでならまだいい。
8日の朝6時に修正版があるという。
その人は連休最終日に宿題あげたつもりなんだろうが、こちらは受け取ったデータを他のデータと同じ規格にする作業がありまして。
しかもデータがあるのはその人の家のNAS。
その人が自宅でアップロードは早いだろうが、こちらからダウンロードは超絶遅いのよ。

昨夜折角ダウンロードしたのに、またダウンロードしなおしでまだ終わらない。

保育園ママ、しかも晩産組なので、それなりの職歴あるはずなのに、スケジュール管理出来てないよな。
仕事もこんな感じでギリギリまでやらない、催促されたらやる人なのか。
忙しくてできないなら、早い段階で引き継いでほしかったわ。

入稿間に合うか不安。


もう一件。
鍵を与えられて舞い上がってるちぃ太郎が、うっかり集団下校の流れに乗って学童保育に行かずに帰宅してきたらしい。
それはまぁ仕方ない。
問題はその後。
学童保育の職員がちぃ太郎が来ないことに気付いて、自宅に電話してきたらしい。お迎えに行きましょうか?と。
それに対して姑が、変な回答をしたらしく、学童に戻らずずっと家に居たらしい。
その事を、学童保育も姑も、親に全く連絡を入れて確認をとらない事が問題。
第一連絡先を無視して、第三連絡先の自宅にかけ、保護者の確認もとらずに電話に出た人の回答を鵜呑みにした事。
そして姑も確認の電話を俺にかけない事、勝手な判断で回答をしたこと、帰宅時にどんな手順でちぃ太郎が家に入り、学童保育からどんな電話でどんな回答をしたのかを聞いても、内容が二転三転して、正確に伝えられない事。

そういう人だから単独で長時間預けるのが出来ない、信用できないというのに。
本人は悪い記憶はスルーしていい記憶しか残らないから、何でか「大丈夫」って変な自信を持つんだぜ?
そういう変な自信を持つから、安易に学童に戻さない回答するし、俺にも連絡しないし。

たまたま何も無かったから良いけど。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字