2017年05月17日

電車の中でことみたんより小さな子が、最初はおとなしく座ってたんだけど飽きて落ち着きがなくなっていたので、目を合わせてニコッとしてみたら、少しはおとなしくなった。

それに親が気づいて言った一言。
「○○保育園のママだね」
すまん、ことみたんより下のクラス、会う時間が少ないから全く誰が誰だか覚えてない。
休んでどこかお出掛けの帰りなんだろうか、それとも朝の登園の時にあう幼稚園の子なんだろうか?
(保育園前で園児バスを待つ集団がいる)

誰だろう、誰だろうと思い出そうとするが、覚えてないものは覚えてない。
しかし、同じ駅で降りて、保育園と同じ方向に向かった後途中で見えなくなったので、とりあえず保育園近辺の人というのでだいたい合ってる。

保育園の子ならともかく、幼稚園の子の親が、○○保育園の子かわかるって、ある意味凄くね?
それもだが、電車内で前半同じ事を言われる日だったらしい。

お風呂で、ちぃ太郎が「いかのおすし」をいい始めたんだが、やはりまだ全部言えないし書けないな。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字