2017年05月19日

今日もちぃ太郎受難。
ぶつかられて、唇を切って流血のもよう。

今までの感覚だと、週末に怪我してくる確率たかい。
そして、大体はもらい事故。
そして必ずと言っていいほど、同じ登場人物。
いわゆる周り見えてない振るまいする子がいて、もらい事故してくる。
やんちゃといえばそうなのだが、あまりにも酷いようならその手の専門の先生に観察してもらい、適切な指導をしたほうが良い場合がある。

身長の高い低い、体重の重い軽い、様々な顔の造作があるように、心、脳の神経細胞の繋り方も色々あって、一定数成長が遅かったり、変な神経の接続をして違う事をしてしまう、そんな脳の差は存在する。
躾の問題ではなく、脳の神経細胞の接続の問題なので、親に注意をいうよう促したところで、親が注意してもそうなってしまう。

周りが見えすぎる、聞こえすぎる事によって、気持ちがあちこちに行く、集中出来ない場合もあるし、
周りが見えない、音は聞こえてるけど言葉として認識しない事によって、次から次に目に入ったものが気になるものもある。

同じ落ち着きが無いにしても、知覚のタイプによってだいぶ対応が変わるのもある 。

ま、まだ「やんちゃ」の部類だとは思うが、こう毎週毎日のように生傷増やして帰ってきて、必ず同じ登場人物が出てくるとなると、サイコパス予備軍か?と思ったりしてしまう。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字