2017年06月11日

約1年、保育園の卒園アルバム作成に振り回されたのだが、ようやく納品、配布となり、業務終了。

てっきり全部子連れで子供たちも再会なのかな?と思ったら、アルバム係だけ子連れで来て、他の係は親が受け取りにだけ来てすぐ帰るとか、仕事や用事で来れないとかで。
でも、ちぃ太郎は普段学童保育では皆と別々の為、再会出来たのがうれしいようで。

配布会が終わった後、公園で遊ぶ人〜と来たのが、ちぃ太郎の他は放置子系女子2名。
みなそれぞれに後の予定があるらしい。
放置子系女子2名は普段から親の付き添いなしで公園に遊びに出てるので、勿論親の付き添いなし。
つまり俺一人でちぃ太郎、ことみたん、放置子系女子2名を見守る事となったが、ことみたんが靴擦れでぐずったためお父さんにお迎えに来てもらいリタイア。
暫く自転車やキックボードで暴走する3人を眺めてたが、別の公園に移ろうと言い出したので随行。
そちらには放置子兄も他の男子と遊んでたわけだが、小3にもなると親の付き添い無しに遊ぶのはわかるが、同じく別の小1も混ざってる。
学童保育仲間らしいけど、もしかしてこの近辺の人は子供の外出には付き添わないのかな?

そうこうしてるうちに、末っ子系放置子が勝手に俺の自転車からお菓子取って食べるわ、雲梯の介助しろとかうるさい。
自分も末っ子だったからわかるが、本当に親がうっかり存在忘れてしまうレベルで、親の目が届かない事があるので、遊びひとつにも何かと目をかけるというのが嬉しくて調子こいてしまう気持ちはわかる。

また更に公園移動して遊んでたら、また子供らだけで遊びに来る男児がいる、ここは放置主義の地区なのか?と思ったら後から遅れて親が来た。
そしたらちぃ太郎のクラスメイトの双子男児という事が判明。
その他にモンスタートラックのラジコン持ち込む男児も現れて、もう、こいつら何時まで遊ぶんだよ状態に突入。

そしたら、ことみたんからまだ帰らないの?電話が来たので、現状を説明したらことみたんもいく〜となり、また父ちゃんに連れて来てもらって、末っ子系放置子がまだ遊びたいというのを抑え17時30分でようやく切り上げたよ。

「子供を通して家庭が見えてくるんですよ」
無認可時代のちぃ太郎の担任保育士が言った言葉なんだけど、マジで家庭状況まる見えですわね。

最後に出来上がったアルバム見たけど、父ちゃんがデータ作成ミスを発見したよ。
俺の担当じゃないページで最終チェックしきれなかった奴だ…。
あと、色がハイライトがデータより飛び気味でね?

本当はそういうチェックをGWにしたかった。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字