2017年09月05日

昼にニュースサイトみたら、羽田空港でエンジントラブルで緊急着陸のニュースが飛び込んでた。
ちょうど昼のニュース時というタイミングでもあったんだけど、ウェブやスマホアプリで飛行機の現在地はわかるわ、空港には中継のカメラが着陸の様子を映し出して実況生配信してるわ。

時代だなと思ってしまった。

もし、今のこの環境で日航ジャンボ機の御巣鷹山の事故に遭遇したら、Twitter民は飛行機の現在地を実況し、付近の人は外に出てスマホ撮影投稿し、
一方で管制レーダー以外にGPSデータをもとに早い時間に救助に向かえたんだろうか?などと思ってしまった。
下手すると、乗客が実況する可能性もあるんだよね?
(911テロの時は電話やメールがあったみたいだし)

航空機のチェックインにかかる時間や気圧の変化が苦手で、仕事でも最小限で陸路派なんだけど。
飛行機みるのは好きでも、乗ってると離陸と着陸は凄く緊張する。
水平飛行になってしまえば平気なんだけど。

やっぱ、自分ではどうしようもない、機長に任せるしかない宙に浮いた乗り物という緊張感なんだろうな。

ユーゴスラビアの内紛やシリアの戦闘の中、実況ツイートする人もいて、震災の津波も、豪雨も、先日のJアラートも一般市民が実況してて。
北朝鮮がどーなるかワカランけど、有事になったらやはり実況なんだろな。

実況する事に夢中になって、自身の避難が遅れることはあってはならない。
震災の津波実況しててヤバかった映像結構ある。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字