2017年09月11日

小田急線の火災延焼について、システム運行のバグに似てるなと思った。
色んな装置やシステムに緊急停止ボタンというのがある。
特に命に関わるような機械には必ず赤ボタンがある。

ただ、その赤ボタンを押すと単純に電源を強制切断するタイプは、だいたい何かの不具合を起こし、再起動に時間がかかったりする。

エレベーターみたいな途中階で停止すると困るものは、今では緊急地震速報を受信して最寄り階に停止する。

ウェブシステムのサーバーの場合、ディスク書き込みの途中で電源が落とされると、ファイルが途中で途絶えDBが壊れたり、ディスク自体がクラッシュするので、無停電電源UPSに切り替え、外部アクセスを中断し、ファイルの書き込み終了を待つ。

話は戻って小田急線だけでなくすべての鉄道の緊急停止について。
以前、京浜東北線だったかで、長時間停車していけない区間で停車し、ショートして大停電になった事故があったけど、止まっちゃいけない区間は結構ある。
そして電車はポイントを通過すると戻ることはしない、そういう前提がある。
例えば津波浸水地域で地震にあったとき、高台から平地の下り坂で緊急停止した場合、送電がストップした場合、津波警報がなったらどうするのか。

客観的に、引き返してさっきの高台にと行きたくなるが、バックは出来ない。
現場の運転手の判断で移動する権限がいると思う。

今回の不運、
消防士が電車を止めるよう警察に指示をし、警察は踏み切りの緊急停止ボタンを押した。
列車の運転手は火事の煙に気付かず、踏み切り事故と思いすぐブレーキをかけ停止させた。
もし煙に気づいてたら現場を過ぎてから停止してた。
停止してから沿線火災に気付き、手動で解除し運行指令に移動の許可を取ってる間に延焼し始め、気付かず移動し始めたところで消防が延焼に気付き再度停止。

本当にタイミングがすべて悪いだけなのだが、何となくシステムのバグのように感じる。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字