2021年01月20日

会社の制度で職級というのがあって、同じ職級に10年も滞留してると、上司の方が部下に昇格の機会を与えてないというフラグが立つようになってるらしい。
自分は間に2回も産休が入ったため、15年も同じ職級に留まってることになる。

そういう人は今まで別の職級(転勤や管理職になることはない)だったので、別の仕組が存在するのだけれども、自分の職級は転勤や管理職に就く前提のもの。
男性中心で作られた仕組なので、出産もして主たる保育者でありながら世帯主として働き続け、相当な年齢になっても低学年児がいるために転勤が難しいとか、会社側は全くの想定外なんだろう。

大手企業ではクオーター制を進めるため、女性管理職も増えているが、うちの会社は主任級以外にはまだいないし、子持ちで主任というのもいない。

上司から一応確認で転勤の可否を聞かれた。
勿論低学年児もいるし、行くとしても野田の工場などの電車で通える範囲の転勤異動しか現状無理。敢えていうなら、テレワークが可能になったのだから、従来のように大阪本社や工場への配属になっても、分室という形でなら対応可能とはこたえといた。
現状をかんがみて、職級は滞留になりますよと。
つまり給料は上がらんの。

ちぃ太郎の言葉の教室の送迎の時に担当の先生とお話したついでに、ちぃ太郎が名古屋行きたいとか大阪行きたいとか言うので、チラッと「子供が中学に上がったら大阪の転勤あるかもしれない、そうしたら単身赴任かなぁ。」と言ったら、先生は「3人で行けば良いんじゃない?」なんて言う。
3人?!
自分とちぃ太郎とことみたん?あれ?お父さんは?と思ったら、「お父さんは東京に置いてって。」と先生。
ま、そんなこたぁ無いでしょうが。

ぼちぼち通級の送迎無しに、ちぃ太郎自身が自分のスケジュール管理をして、時間になったら通級先に連絡の上、移動する、ということをマスターして欲しいところ。


  • mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字