2021年02月26日

昨夜、ことみたんにサンリオのamiiboカードが出ると聞いてたので、これは買わないと後で恨まれると思い、Nintendo Storeで予約購入した。amiiboカードはNintendo Switchのセンサーで認識するカードで、あつまれどうぶつの森のキャラクターを呼んだり出きるもの。
この度のはamiibo+というもので、キャラクターではなくアイテムっぽい。

昼過ぎに、果たして注文したのが依頼のものなのか不安になり、Nintendo Storeを覗いたら既に在庫切れになっていた。

購入履歴をみたら、ちゃんと指定のものを予約してた。
ちなみに1袋二枚330円のものである。

これが某通販サイトに行くと既に転売ヤーがその10倍以上の値段をつけて販売予約をしているという。
泣く子と地頭には勝てぬ親心を愚弄する行為。
ただでさえ子育て世代は金がかかるというのに、子供が欲しいものはすぐに転売ヤーが買い占め高額転売する。

発売頒布前や販売頒布開始数ヵ月間は定価と送料以外の値段で販売する行為は転売と見なし、通販サイトやフリマサイトでの販売が確認されたときは儲け分相当の罰金を課して欲しいところ。
鬼滅の刃の単行本なんか、書籍の再販制度ってなんだっけ?と思うレベルで、新品が中古品として売られている。

なんとかならんのかこれ。




  • mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字