2021年03月07日

午前中はだらだらと過ごし、午後に修理の終わった楽器を受け取りに出掛けました。

185系の車両が軒並み引退で、185系踊り子号も13日で引退。日曜ではラストランということで、ちぃ太郎もついてきました。
ことみたんは風邪で声が変声期男子みたいなことになっていたので、お留守番です。
時刻表でわかる範囲だと、東京発の踊り子号はもう終わってて逆に到着を待つ時間帯になっていて、回送のしかたによって到着番線違うんだよね。

とりあえず楽器屋に向かうために上野東京ラインに乗ってたら、ちぃ太郎の直感が働いたのか、反対側のホームの回送表示が気になるから東京駅で一旦降りたいと。

降りてしばらくたったら、反対側のホームではなくそのひとつ向こうの線路に、185系が来た。
ちぃ太郎の直感すげぇ。

そして小さな撮り鉄君達がスマホやタブレットで撮りまくってた。
ラストランの日は大きな撮り鉄さんが来るんだろう。

そして、品川駅まで移動したら、今度はコンコースに185系のグッズ売場が。
踊り子号のネームプレートはもう売り切れてたけど、手回しのスクロール式行き先表示板のミニチュア5800円には惹かれてたもよう。
したじきとキーホルダーを買ってました。

京急ホームに行けば今度は京急車両を撮り。
楽器屋までのトラップが多い。

楽器屋にそう何回も連れていった訳ではないのだけれど、ちぃ太郎の方がよく道順を覚えていて、先に進んでいく。
楽器の修理は思ったより安く済んだ。
(前に某銀座店に頼んだら倍の価格はかかったので)

店に先にトロンボーン仲間が到着しており、楽器の貸し借りの関係で修理したもうひとつの方を彼に持ち帰って貰い、バストロケースを持ち上げたところで、床の上になにか落ちてる。
拾い上げたら何かの足。
楽器ケースをひっくり返してみたら、バストロの楽器ケースの足が一個無い。

楽器ケースの足がとれたなう。

ネジではまってるとかではなく、表面を覆ってるゴムに挟んでとまってたようで。
長年のゴムの劣化によりゴム皮が破けてとれたもよう。
楽器店内で気付いてよかったよ。
これがとれたのが電車なら気付かず落としたまま電車降りて紛失だし、三本足になったことで立てて置いた時にバランス崩して倒れやすいわけで。
あとでグルーガンでつくか試してみるわ。

帰路、どうするか聞いたら、やはり東京駅で一旦降りて185系待ちたいという。
しかし、降りたホームに居たのは、サフィール踊り子号、終点到着後の回送電車。

そこにも小さな撮り鉄が群がってた。
次の踊り子号到着は一時間後、それまでまつか?確認したが、本人的には待ちたいけど帰宅時間が遅くなるのもあるし、行きで185系を見る目標が達成されたため、帰宅することにした。



  • mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字