独り言

2012年08月08日

寝室の扇風機であるが、昨年度姑が掃除もせずリビングにあったものをしまったものらしい。
びっしり埃だらけのままで、緊急に出したまま使ってるのであるが、風切り音は凄まじいのに弱風設定だと風が全然来ない。

さすがのズボラなおいらもしびれをきらし、扇風機の埃をハンドクリーナーで吸い込んでみるも、全くとれない。
台所由来の油で埃が固まっていたのである。
さすがに掃除機は諦め、洗面台で丸洗い掃除。
お湯をかけても埃は落ちず、石鹸をかけたらようやく埃がラード状になってとれる状態。
扇風機の網の中央近くになると、埃ラードで目詰まりしている状態である。

音のわりに風がなかったのは、空気の通り道が少なすぎたから。

排水口のネットが目詰まりするぐらい埃がとれた。
洗浄後のカバーや羽をとりつけ試運転すると、音は静かなのに風は十分来る。
今までそのぶんエネルギーロスをしていたわけで。

掃除はたいせつだよね


2012年07月24日

6aff2b1e.jpg
c5668c68.jpg
a4766008.jpg
今朝通勤中、外堀通りの車道に風船が落ちていた。
恐らく後楽園でのイベントから飛んできたんだろうが、自動車も踏んでいいものやらと徐行して邪魔そうだったので、ちぃ太郎のおもちゃにもなるだろうと拾った。

いきなり風船を持ったまま出勤なわけで、同僚はギョギョ!見たいな目で見る。
まぁ一応、そこの前の通りで拾ったと説明するわけだが。

見るアングルによっては、色的にセクシーである。
そんな事をセクハラ上司の前で呟いたら、案の定上司は風船をいやらしい手つきで触るわけで。

振ってしまったおいらが悪いんだけどな。
留めにもう片方も同様にいじくり回すのはよせ。


そういえば今日は木更津の先の、かずさアカデミアパークという一時期問題になった工業団地に行くことになっていた事をすっかり忘れていた。
妊婦なのすっかり忘れて下命してるのか知らんが、車で1時間半のところへ、現地滞在1時間半の打ち合わせに行ったさ。

流石に移動だけで疲れたんだが、だめ押しにちぃ太郎が帰り道公園で遊びたいと、30分ぐらい付き合った。
そのぶん早く寝てくれると良いんだが。
毎朝叩き起こすまで起きない。
毎朝30分遅れて会社に行く理由だ。


2012年06月21日

昨日より今日は涼しいせいか、夏至らしいニュースは少ない。
昔から、春分の日、秋分の日はなぜ祭日として休みなのに、夏至と冬至は休みにならないのか不思議でならなかった。
お彼岸という宗教上の理由なら、お盆も休みであるべきだし。
天皇系の神事の関係だろうな。

でも意味不明な海の日作る前に、夏至と冬至を休みにするというのが筋だとおもうな。
なんて思っていた。
冬至はカボチャを食べるとか柚子湯に入るとか色々あるのに、日本の夏至はとくに何もない。

北欧なら夏至祭がある。
日照時間が一番長い日で、夜10時を過ぎてもうすら明るいんだからびっくりだ。そのぶん冬は4時には真っ暗なんだが。
それ故に日が一番長い日は大切な日なんだろう。

日本で夏至の有り難みが薄いのは梅雨で雨天な日が多いから、というのが大きな要因かもしれない。
昨日の台風一過の朝の富士山上空に出来た巨大な吊るし雲や燃えるような夕焼けのほうがインパクトが強くて、今日のような天気はいまいち冴えない。

ちぃ太郎は燃えるような雲を見て、アッチ!アッチ!
適度に火は恐がっていたほうが良いけど、ちょっとビビり過ぎな気もする。


2012年06月16日

96af21de.jpgそういえばちぃ太郎に寄生された時も、姑が栗原市に帰省していた気がする。
あの時はまだ余裕があり家事もまともにこなしていたんだが、今回は違う。

ちぃ太郎の世話というのが付加され、さらには寄る年波というものがある。
ちぃ太郎が最近不調で寝返りかかと落としを何度もくらって寝不足だったり、代謝能力が以前より落ちてて尿の臭さが半端ない。
少しでも便秘して滞留すると気持ち悪くなる。

そんなこんなで折角のちぃ太郎との二人っきりの夜も、おいらが調子が悪いのでYouTubeやDVD見せっぱなしという状況。
世の中のババアなし働き母2児目ってよく体力持つな。

ちぃ太郎とは10年前に出会いたかったよ。
そう思う40目前の妊婦。

産むなら若いときがいい、というのがジワって来るが、
育てるなら今ぐらいの落ち着いた頭のほうが冷静に判断できるよな。


2012年05月30日

『平成24年版 パートタイマー白書』を発行 「女性の労働力」に関する意識・実態調査結果 〜 既婚女性1,300名と企業1,400社が対象 〜
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000168.000002663.html

半数が育休とっても復職して欲しいと思ってる反面、
1/4くらいが育休とらんで辞めてくれという会社もある…。

会社が育休者を抱える負担を考えたら、いつ戻ってくるかわからない人材を抱えるよりか確実に出社する人材を。
というところだろうか。
特にギリギリの採算性で対面サービスする業界はそうだろう。
毎日のサービスに穴はあけられないから。


子育て新システムに移行しようかしまいが、問題になるのは財源である。
待機児童が減らないのは、保育士自体が育休をとれない遠回しに寿退職を強いられるような待遇の悪さで、自分の子の保育先が確保できないから復職も出来ない。
それ以前に、今問題になってる生活保護の受給額より低い賃金の場合もあり。
公立園ですら担任だけ常勤で、他の保育士は非常勤パートタイムといった具合。
ワーキングプア状態だから復職しない。

それと都市部だからこそ、用地確保、人件費が余計にかかり、新しい認可保育園を設立する予算が自治体にない。

働きたいけど預かり先が無いから働けない。
そんな状態をまず解決しないといけないのだが、資金源が消費税に向いてる。

自分は寧ろ、子育て支援策を講じてない法人や、社員の子供の扶養率に応じて、企業の法人税を上乗せしたらどうだろうか。
扶養子沢山の企業は既に、扶養手当や社会保険料を負担してる。
若者使い捨てな企業や非正規雇用が大半を占める企業は、そういった負担なく利益を貪ってるわけで。
そういった企業の法人税を上げて財源にして欲しいなと思う。

そうでもしないと、日本社会はなかなか動かない。


2012年05月29日

ダルい原因はわかってるんだけど、ダルいのはダルい。
それでも、ちぃ太郎の支度してそのまま自分の支度までして、保育園にいった足で会社に向かってしまう。

一日ぐらい保育園に預けた後に家で休んでもいいんだけどさ。

先週の土日に本番で、今週ちぃ太郎への罪滅ぼししたから、昼寝もしないでいたので疲労もたまってるし、
エアコンがあちこちで稼働しはじめて、ダストが出るせいか鼻の調子も悪いのである。
それに加えて体調不良だから、まぁ〜かったるい。
(体調不良の原因は人様のエイプリルフールにボケ返した事に起因だとおもう)

そしてちぃ太郎は魔の2歳児ゾーンに入って、反抗期でごねかたも半端ない。
おいらがしんどくて放置プレイするものだから、余計かまってほしくて悪さする。
もう、怒るとダチョウ倶楽部の上島のように、被っていた帽子を地面に叩きつけるわ。
ダルいときにしんどい大騒ぎをされて、疲労度倍みたいな。

ま。
もう少し頑張るべ。


2012年05月21日

7efb36b3.jpg
2db9ea4f.jpg
バタバタしてて、うっかり日蝕グラスを買い忘れた。
どうしようかと思ったら、古いポジフィルムをまだ持っていた事を思い出し、黒いブランクが無いか探してみたらスリーブ3本分と10cm程度のがいくつかあったので、電灯を透かしてみて濃度を確認。
1枚では皆既日蝕に使えるギリギリだが、2〜3枚重ねると部分日蝕にも使える濃度になるので、これで観察する事に。

一応ちぃ太郎の為にデジカメのモニタを通して見させようとしたのだが、いかんせん付属の150mmズーム程度では満足な大きさで観察出来ない。
早めに朝食を済ませ、ちょこちょこ通路に出てセッティングしてたらちぃ太郎も出てきて、裸足で歩き回りながらカメラにちょっかいを出す。
時々雲が出てきて見られるか不安になるが、幸い太陽が透けるほどの薄曇り。
3枚重ねしなくても1枚で十分な光量に落ちていた。
天然のフィルターである。

いよいよ金環になろうとしたときにちぃ太郎にもフィルムを当てて見せようとしたら嫌がる。
ふとちぃ太郎のサングラスがあった事を思い出し、安全な光強度な事を確認のうえちぃ太郎にかけたら大人しくしてた。

ちゃんと見てたかどうかはわからないが、一応太陽の方向を見てたと思う。

ちゃんとした写真はプロが撮ったのが出回るけど、直接見る感動は代わるものがないもの。
1歳のちぃ太郎に記憶が残るかわからないけど、一応見させたぞ。


2012年05月12日

横浜市や川崎市で、微量放射線検出のミカンを使う使わない云々で対応が別れたんですが、
放射線以前に突っ込みたい点がある。

給食の献立自体である。

先日自分の母校の給食献立を見たが、
主食(パンかご飯)、汁物、主菜(蛋白質類)、副菜(野菜主体)かデザート、牛乳、(時々フルーツ)
という構成である。
メニュー内容も、あらこれ夕飯の参考になるわ!ってぐらい

しかし首都圏近郊は、
パンに焼きそばと牛乳とか、
炒飯、スープ、シュウマイとか、
たまに、ご飯味噌汁焼き魚という組み合わせがある程度。
明らかに品数が少ない。
ちぃ太郎が進学するだろう中学のメニュー見たらさらにがっかりしたよ。

給食センター方式と給食室を学校にもつ違いもあるし、野菜類の価格差もあるだろうけど、
献立を考える栄養士がやりくり下手な無能な学校は不幸である。

上京したときやテレビ番組で、関東の人の給食はろくな思い出が無いみたいな言い方をするが、メニュー見たらよくわかったよ。


おいらは給食が充実した地域に住んでたんだと。
ちぃ太郎が通う保育園は、調理師や保育士の手間を考慮しつつ(笑)よく考えられたメニューだなと。
若い美人栄養士が頑張ってますね〜。
(美人調理師は育児休暇で、今はおばちゃんたちが作ってます。)
ちぃ太郎は毎日完食&おかわりマークです。

給食が美味しいと保育園や学校も楽しみになるもの。


そんななか、こんな話題も。

【英国】 わびしい給食を9歳少女が嘆く ブログ掲載の写真に驚きの声が続々
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1712003.html

海外もひでーなおい。


2012年05月10日

酵素とは、生体でおこる化学反応に対して触媒として機能する分子である。
生体で起こる化学反応だから、特定の温度やpHで機能するもんだ。
逆にいうと変な環境では機能しない。

そして微生物。
微生物だって生き物である。
好きな環境ってものがあるし、嫌いな環境にいけば窮鼠猫を噛むように、180度違った振る舞いをする菌もある。

そして、固いセルロースやそれらを繋ぐペクチンではエネルギーになりにくいが、
カビ菌など腐敗菌がそれらを破壊してバラバラにして多糖類にする事でようやく乳酸菌や酵母菌が活動でき、さらに難溶性な物質を水溶性に化学変化させて、植物が吸収しやすい形になる。

しかし、そういう菌の連携プレイをすっ飛ばして、特定の善玉菌だけヨイショして、
何でも効く特効薬のような宣伝をするのはどうだろう。

特に、生ゴミに菌と糖を入れて密封する類。
最初の繊維質分解をすっ飛ばして乳酸発酵させたら、繊維は残ってる。
自然の順番をすっ飛ばして、それを自然という不自然さ。
例えるなら、炭に火がつかないから着火剤振りかけてライターで火をつけるような乱暴さがある。

伝統的な堆肥って、牛や馬の糞に敷料が混ざってるのを、冬の前に田んぼに山積みにして春先まで自然発酵させて、田起こしの際に撒くわけです。
当然ウンコだから臭いますが、雪に閉ざされ、春先にはマイルドな匂いになります。
湯気がたちます。
草木は基本、腐らせるのではなく、灰にして撒いていた。

宅地化が進んで、田舎の香水といわれる春先の臭いを嫌い、伝統的な家畜の糞の自然発酵を使用しなくなり、化成肥料も使うようになった。
最近になって都会のゴミ減容化、リサイクルのニーズが出て、公園の落ち葉を腐葉土にしようとか、生ゴミを堆肥化しようとか、そういうものに助成金が出るようになった。

公金が出るところ、必ず群がるものあり。
尤もらしい似非科学で行政を欺き、助成金利権で私腹を肥やす連中がいる。

都会の都合で臭いが出ないよう密封するやり方、しかも菌と糖を追加しなきゃうまくいかないとか。何処が自然なんだろう?
ましてやそういうものを、
学校のプールに入れて浄化とか。
菌も生き物で環境の好き嫌いがある事を理解していたら、役に立たない水を汚すだけの事をしてる事に気づいて欲しいね。

ましてや放射能消えないから。
むしろ菌の酸でセシウム化合物が水溶性化合物に変わり、植物への移行を推進するぞ。
奴らの理論や実証は、まず実験の基礎のキもなってない。
そんなレポートには単位はやれぬ。実験計画からやり直せ的な穴だらけな成果報告で、理屈がわからない文官を騙して助成金を貰う詐欺師に近い。
それを推進してる母体が宗教団体だからなおのこと悪質。


一方で牛糞堆肥をきちんと好気発酵させて無臭化した堆肥が、先入観から売れないで余ってる。
こちらは何も添加せず、撹拌機で時々空気を入れてるだけ。
こっちのほうが自然に近く、肥料の成分も良いのに。
牛の胃のなかに棲み、固い牧草をも消化するさまざまな微生物が含まれた糞と藁に付着した腐敗菌が、混ぜた籾殻も藁もほどよく分解するんだよ。
わざわざ菌も糖も買わなくていいのさ。

西日本で余ってるなら、汚染区域の反転耕で土が開拓時代に戻って痩せてるから、沢山運んできて欲しいなりね。





2012年05月07日

野生ワラビの検査が始まったらのっけからコレ

岩手県 - 野生たけのこ、野生わらびの放射性物質検査の結果について
http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?cd=38590

一番バッターの陸前高田のワラビがいきなり制限。
実家より線量低い地域なのによ。
しかもあちらは石灰岩とか多いのでどっちかというとアルカリな地域。
逆に言うと山がちで土壌は少ないともいう。
他の線量が高い地域で基準値内なところもあるので、クリティカルヒットしたんではないかと。

一関の牧草や、俺んちの問題の箇所の牧草みたいに、局地的に高いという箇所はなんぼでもある。
土が酸性寄りならば水溶性セシウム化合物が多くなり移行しやすくなるし、
根が地表近く広い面積にあれば地表付近のセシウムを集めやすくもなるし、
多年草ならば通年で吸収もするし、もとからカリウムが多いわりに軽い植物であれば、キログラムあたりの数値も高くなりやすい。
それがカリウムが少ない痩せた土地であったり、斜面のしたの方で上から沢山流れ着いたような窪地ならば、基準超え米と同じ要領で局地的に高くなる。

こういうサンプリングで思うのが、
周囲地形のデータや採取地の土壌pH、土壌の地質、カリウム、セシウムの値、空間線量等を併記して無いこと。
クリティカルヒットの為に全域規制はあってはならないし、勿論一番低いサンプルでもって規制解除する事もあってはならない。

採取場所の条件から傾向が見えれば、採ってはいけない場所、採っても大丈夫な場所というのがわかってくる。
単純にBq/kgを公表するのではなく、採取条件を併記して欲しいな。


2012年04月18日

中国の黄砂の源の乾燥化が進んでるのは既知である。
ちなみに過去の中国核実験の場所はウイグル自治区であり、タクラマカン砂漠がヤバイのも既知である。
毎年降下物を測定してあって、黄砂のふる3〜4月に限ってセシウム降下量が増える。

ある程度、黄砂にのって中国の核実験時代のセシウム降下がある。
それは0.1Bq/m2/月のオーダーであるが、100km四方の面積だと100億Bq/月、100Bq/kgのゴミ100000トン分が毎年3〜4月に100km四方内に積もったのと同じというと大量に感じる、数字のマジック。

最近こんな記事をみつけた。
塩湖の枯渇で黄砂が「化学黄砂」に、市民の健康脅かす(2)=中国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0413&f=national_0413_032.shtml
今まで湖だったところが乾燥している。

水の集まる場所は様々なホットスポットになりやすく、重金属をはじめ放射性物質、そこで発生する雑菌もある。
これが黄砂となるわけだ。

福島原発事故ではストロンチウム量はセシウム量の約1/100と概算可能だ。
しかし炉心が露になり臨界し続けたチェルノブイリは1/10とストロンチウム量が多い。
これが核実験になると1/1桁とストロンチウム量が多い。

セシウム降下で見たら非常に少ないが、セシウム:ストロンチウムが1:1近い核実験で汚染された黄砂となる。
そんなホットスポットの湖底が乾上がって風で飛んでくるから、前よりひどくなるんじゃないかという。

放射能のせいとかいうまえに、重金属などがもっとヤバイ気がするのね。


2012年04月16日

結論から言うと、自治体の保育予算が足りないと言うことなんだな。

保育園が足りない、足りないから子供がいる保育士が職場復帰出来ない。保育士が足りない。
それに保育士の賃金が低すぎる。ワーキングプア状態。
正規職員はクラスに1名ぐらいで、他は非正規や臨時雇用というパートタイマーで賄ってる公立園もある。
そして需要が高い地域は土地代が高い。新規設置しようにも用地が取得できない。

百歩譲って、NPOや商工会が用地を取得し、保育士も手配したとしても、
認可園となるには自治体が予算を確保して…となるので認可されるまで2年ぐらいかかってしまう。
予算がとれない場合、認可園としての助成金が出ないので、無認可園としてスタートする事になってしまう。

自治体が設置予定をして公募するまで、認可園は増えない構造。

これじゃいっこうに待機児童は減らないし、質の良い保育士は育たない。
大事な子供を預けてるのだから、預かる保育士には気持ちよく仕事が出来る環境があって欲しい。

単なる預かり所じゃなく、色々教育しつけして頂いてるから、
もうちょっとおいらは保育料金高くていいんじゃね?と思うのです。
保育の自治体負担多すぎね?


2012年04月11日

本日、仕事で遠出の為、ちぃ太郎には30分繰り上げ行動をとってもらい、7時前には食卓についてもらった。

ここまでは順調であった。

さて自分が着替える段になり、黒のパンツスーツを着ようと思ったら何処にもない。
探したが全く見当たらない。
そんなこんなしているうちに結局何時ものお出掛け目標時間に。
(普段はそこから更に遅れる)

しかたないので、別のスーツに着替えて海浜幕張まで出掛けた。
そしたら途中経路の有楽町線までいつも通りに遅れていて、新木場でさらに1本逃してしまった。
なんだかんだ予定の電車より2〜3本後になってしまい、上司を待たせてしまうわ、先方到着が予定より20分遅れてしまうわ。


で、探していたスーツであるが、
どうやら先日実家の法事に着て、忘れてきてしまったっぽい。
忘れ物チェックしたと思ったのだが…。
何しろちぃ太郎のものが多くて出し入れしてるうちにまた出してしまい忘れたか。

もし実家になければ、レンタカーに忘れたとか、新幹線に忘れたとかまで考えないといけない。
姉にメールで問い合わせたら、明日探しとく…って、俺の泊まった部屋、俺が帰った後に誰もチェックしてないのか?
そっちのほうが謎だ。

上下黒は、演奏会でも着る服なので見つからないと困るです。


2012年04月05日

何かの本で漢字にも陰陽五行説を当てはめ、人名には陰の字は用いないようにとか、女性には木や水の字を使い火の字は避ける、なんてのが書いてあったような気がする。

俺様の本名の1文字は、実は火の属性で、本来男に使う文字らしい。

そんなこんなで人名への使用を避ける漢字というものがある。
それが頭の隅にある俺様には、最近のキラキラネームに度肝を抜かれる。
一つは、ひらがなだけでも漢字が想像できない漢字。
一つは、読み仮名は普通だけど漢字が人名に向かないのや難読漢字を使用してる。

こだわりがあってそういう文字を使ったんだろうけど、
書くのも画数多くて、PCで名前を打つときになかなか変換候補に出てこない名前は、名付けられた本人が一番苦労する。


そんな事を思ったのは、
ちぃ太郎の新しい仲間の漢字にも度肝を抜かれたから。
一番まともそうな名前が、どうやったらその文字!という予想の斜め上を行く漢字の組み合わせであった。


2012年03月29日

普通の画像を形成する光学系というのはレンズを使う。
レンズは平行光を点に集光出来るわけで、正面から来た光は中央に集まり、斜め前から来た光は斜め後ろに点を結ぶ。
これをすべての方角で行った点を繋げたのが像になる。

太陽光はほぼ平行に光が入るが、太陽にも面積はあるわけで、
虫眼鏡で集めた光は点にはならず、ある大きさをもつ。
日蝕の時にはよく見ると欠けた太陽そのものが小さく見える。
理科の教科書では太陽光は平行と教わるけど、実はちょっと斜めな光も混じっている。それが、影の縁がシャープではなくボケて見える理由になってる。

赤外線や可視光は、屈折や回折で光を曲げられるのでレンズを使えるが、殆ど曲がらないX線やγ線ではレンズが使えない。
だからX線ではフィルムやセンサーに身体を密着させ、影を撮影する方式をとっている。

レンズがなくともピンホール(針穴)をつかって像を結ぶことが出来る。
木漏れ日が円の集合体のようになるのは太陽の形を投影してるからで、室内で針穴をあけた紙の影をみたら、蛍光灯の形の「木漏れ日」になる。
穴の大きさでピントが決まり、穴が大きいほどボケる。
だから穴が小さければ良いのだが、そのぶん穴を通る光の量が減るので見えにくくなる。

東芝などが出してるガンマカメラはピンホール方式で、鉛箱の穴を通ってきたγ線を16×16個のセンサーで計測する。
Ge半導体測定器1つが1千万円以上するので、センサーだけですごい値段になる。

しかしこんなのが出た。
JAXA|「超広角コンプトンカメラ」による放射性物質の可視化に向けた実証試験について
http://www.jaxa.jp/press/2012/03/20120329_compton_j.html

シリコンとカドミウムテルル半導体の層を使って、ピンホールを使わずにγ線の飛んできた方向が特定出来る。
コンプトン効果という現象を利用して、入射したエネルギー、出てきたエネルギーを計測すると、入射角が逆算出来るという仕組みで、飛んできたγ線の方向を特定する。

感度はまだ1時間も撮影しないといけないようだが、解像度を落とせば時間短縮も可能なので、今後に期待したい技術。



2012年03月27日

朝から滝の鼻水。
時節柄花粉症かと思いナゾネックスを噴霧しなおすも全く効かず。

これは前に経験がある。
鼻風邪だ。

午後には鼻栓しないと仕事にならないほど滝の鼻水。
体質で過剰に鼻水が出やすいのである。
全力で菌や異物を押し流そうという免疫機構なんだが、暴走するのだ。

ジョークで、「免疫を高めます」なんて薬を飲んだらこういう体質の人は悪化するのか?という話がある。

運悪く手持ちの鼻炎カプセルを持ってきてない。
(ナゾネックスの効きが良かった為に飲む必要が無くなったので…)

夕方早退してちぃ太郎を耳鼻科に連れていったが、俺のほうが診察が必要なんじゃないかとは思ったが、ちぃ太郎だけ受診。
家に着いてようやく鼻炎カプセルのんで2時間後に効いてきたら今度は身体がだるい。

そりゃあれだけの大量の鼻水を出すのだから、それなりの体力を消耗します。
しかも飲み薬は眠くなる。

母業は休みなしと申しますが、ちぃ太郎が容赦なくボディプレス極めてくる。
元気がいい子も考えものだ。


2012年03月13日

仕事が19日に入りそうになり、慌ててその日休む予定を伝えた。
休みの真ん中に対外的な仕事を入れる、しかも彼岸にというのもなんか無情である。

そういう時期に「岩手に法事で帰省」というと、すごく誤解される。
近親者では震災の死亡者はいない。
でもその前年に伯父や甥を亡くしており三回忌があるわけで。

積雪が気になってレンタカーの予約をしようか迷っていたが、胆江日日新聞のライブカメラを見る限りは路上には積雪はないので、駅レンタカーに予約。
一ノ関から借りようと思ったら、流石に気仙沼市や陸前高田、大船渡へむかう拠点であるので、喫煙車以外は満車。

普通に水沢江刺からのレンタカーに。

しかし、オプションのスタッドレスやチェーンにチェックが入れられない。
果たしてノーマルタイヤなのだろうか?
以前冬に借りたときは雪が積もってたので親切にチェーンを付けてスタンバってくれてたが。

ただでさえ震災の影響で悪路になってる箇所もあり、ちぃ太郎が新幹線での長旅の後にチャイルドシートで大人しくしてくれるかも謎。
どっちかで寝てくれるといいのだが、とにかく寝ない子なので。


2012年03月11日

電気を使わない過ごし方も考えたんだが、ちぃ太郎がいるうちはそうも出来ない。
その時刻にちぃ太郎にナムナム〜と言ったら、手を合わせてお辞儀した。

誰だ仕込んだ奴

というほど保育園で仕込まれている。
あの日、揺れ始めでワンセグを付けたら震源が宮城沖で、これは大変な事になると直感した。
直後長い揺れの最中にじぃから電話がかかってきて、その時はじぃはまだ関東の地震と勘違いしてた。以降電話は規制により不通。

早めに徒歩帰宅を決め込み、ビル屋外待避から直接早退。

5時を過ぎると迎えに都心に向かう車が増え、6時頃には郊外へ行く車がごった返し渋滞。
その脇をちぃ太郎を前だっこして保育園から自宅へ向かった。

携帯の電池残量を気にしながら断片的にワンセグを見たら名取の飛んでもない津波映像が目に入り、貞観津波の再来を確信した。

この寒空の中、変動する潮位で身動きとれず屋根の上に孤立している人がいるかと思うと、気が気でなかった。

実家には翌朝電話が繋がり無事を確認出来たが、以降1週間長期停電による交換器のダウンにより実家との連絡は取れなかった。


被災者やその関係者の数だけ被災ドラマがある。
波に飲まれた人、辛うじて生き延びたけど翌朝を待たず凍え死んだだろう人、沖に流され沈み行く瓦礫の上で絶望するしかなかった人、町ごと避難して取り残され餓死した人、様々な死があったと思う。

生き残った人は生き残った分、生き延びてほしい。


そんな日に、反原発の「パレード」なんて書いてしまう、社民党とか九条の会とか。(怒)


2012年02月29日

地震研のおじさんの研究成果に倣い、無感地震も含めた地震データを見るようになりました。

気象庁:最近1週間の地震:関東:震央分布図
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/weekly_map/tokyo/weekly.shtml

先月はそうでもなかったのですが、2月上旬あたりから東経140度のラインで地震が活発で、
利根川の延長上の沖合いも活発化してます。
利根川は中央構造線の東端みたいなもの。
それに対し、立川断層などはフォッサマグナの東の境目付近でして、南に延長すると三浦半島、南房総に繋がり、それと平行して北米プレートの境界線である相模トラフがあるわけですが、
最近南房総や相模トラフでも小さな地震がありまして。
先ほどの利根川延長線で止まっていた地震域が南下しそうな感じ。
そんな事を思っていた矢先に千葉東方沖がまた発生。

震度0でもデータを見てれば活性化してきたな〜ってわかるんだけど、
地震研のおじさんが言ってたように、しょっちゅう警報出してるとオオカミ少年になっちゃう。

事実、津波警報に関しては、数メートルの予報が出てても実際は50cmだったりとかが続いて、東日本大震災の時も油断していた人がいたと思う。

実際に予想以上のものが来ないと、人間は警戒しないものなんだ。
でも来たときにはもう遅いんだよな。
データ観察続けとこ。


2012年02月21日

ちと、腹に据えかねたこと。

じぃの机の上に反原発集会を3/11にするチラシが置いてあった。
ポストにでも入ってたやつかと思ったら、YouTubeで話題になってるThe Song For Japanを集会で吹いてくれないかと依頼があったらしい。
原発事故には怒っているが、反原発ではない。信条として断っていいものか。

仏教徒でキリスト教の楽器吹いといて何を今更でもあるが。

それはそれとして、そのチラシには公園から会場まで「パレード」すると書いてあったのだ。
パレードの意味を考えてほしい。
パレードとは祭りや祝い事の行進の事である。

多くの人が亡くなった3/11の日に、反原発の「パレード」するってどうよ?
50歩譲ってデモ行進とかならわかる。

反原発のイベントするなら水素爆発した12日以降にしてくれ。
○○党の人気取りの活動とか、健康食品会社や微生物会社のマッチポンプにはうんざりしてるんだ。
奴等は不安を煽ることで利益が出る連中だ。
それに躍らされてる事に早く気づいて、冷静に対応してほしいわ。


2012年02月17日

お彼岸に甥の法事をすることになったので、帰省の計画を立てねばならぬ。

独り身ならテキトーで良いのだが、ちぃ太郎がいるので行きだけでも指定席をとならいと座れなかった場合悲惨。
それに被災地で一周忌とか、ボランティアで、新幹線もレンタカーも混むことが予想される。
復興関連業者が内陸の旅館など使っていてレンタカー等で沿岸に向かうため、ちょっとした復興バブル状態。

年度末で仕事がたてこむのでそんなに長居は出来ないが、飛び石な祭日の間は休みにしよう。
休みが長いと、ちぃ太郎の着替えとかもかさばるわけで。
しかも向こうの3月は今日の東京より寒い気がする。
2泊3日か3泊4日が限度だろう。

脳様にとっては平泉に修学旅行すらとんでもないらしいが、おいらの実家は平泉より線量高いぜゴルァみたいな。
(しかもGWに帰省してるし)
神経質な消費者と事勿れ主義の行政の狭間で、一番被曝しながら苦労してるの農家なんだってのに。

独り身なら長期休暇をとって、地域の除染の会合に参加して色々意見言ったり除染作業手伝ったり出来るんだけどさ。
乳幼児抱えてだと難しいんだわ。
さらに世帯主ともなると、おいらが仕事をサボると世帯収入がもろ減るんで、主婦のような身軽さもない。
フツーの人よりは放射線知識がありながら、何も手伝えないのが歯がゆかったこの一年である。


2012年02月13日

昨日から大腸がゲリラ攻撃にあい、大腸は職務(水分吸収)を放棄しており、小腸からダイレクトに直腸に来てしまいます。
小腸からダイレクトにという事は、水分量もさる事ながら消化液の成分も大腸で発酵されることなくダイレクトに来ますもんで、当然デリケートな直腸は痛みます。

そこに昼御飯にカレーなんて自虐的な行為をしてしまった為、現在ヒリヒリするでございます。

しかも血が。

出血性の大腸炎?と思いましたが、それだったら腹はもっと痛いと思うのです。
どうやら出口付近のようでして。

大体下痢とかって2日目にはいくらか復帰するのに、2日目でもこんな人間ドック前日の下剤並みに下るのは初めてです。
しかも不快感はあっても痛みがない。
ちぃ太郎や家族に症状が出てないあたり、感染力は極めて低そう。

速く大腸も職務復帰して欲しいものです。


2012年02月12日

ちぃ太郎は便秘で、紙おむつにもつかないくらい固いウンコを出すのに、おいらは朝からゲリら攻撃にあってます。
特別痛いわけでもないですが、迂闊におならも出せないくらい緩くて頻繁。

ウイルス性胃腸炎なら誰かもボチボチ発症してもいいくらいなのに、ちぃ太郎は夜もしっかり便秘ウンコ。
それほど感染力はないようだ。
しかし夜になってもおいらはコロコロなのです。

食あたりなら出すもん出したら落ち着くわけで。
さっぱり落ち着かない。
ちぃ太郎がYouTubeに夢中になっている隙にトイレに駆け込む次第。

夕飯に古いおかずをたべたのか、
昨日弔った熱帯魚の死に水に悪い微生物がいて、おいらの手から口に入ったか。

ちぃ太郎を風呂に入れるのも、寝かしつけるのも、トイレの不安を抱えながら。
感染性ならちぃ太郎にうつらないで欲しいわ。
布団の上に下痢鉄砲はきついからな。


2012年02月11日

大学時代、先輩の飼ってた熱帯魚を引き取った事に始まる。
初期にホームセンターで買ってきたセルフィンプレコ。当時は5cmぐらいのかわいい奴だった。
しかし餌をバクバクたべ、主役の熱帯魚を弱らせるぐらいウンコをし水を汚す厄介者に。

しかし、大学院で精神を病んだおいらには、その間抜けな姿は癒しでもあった。
ガラスにへばりついた吸盤のようなキュートな口。
4回も引っ越しをしたが、そのたびにしぶとく生き延び、外出中にホースが外れた事件でも他の魚が全滅したのに、ヤツだけはしぶとく生き延びた。

そして俺の嫁入り道具にもお前はいた。

ちぃ太郎が餌をあげるようになり、というかあげすぎるようになり水が汚れやすくなったのもあるし、
先日エーハイムのホースを全取っ替えしたのも水質が替わった原因かもしれないし、
例年になく寒く設定温度より低くなりやすく抵抗力が下がっていたのかも知れない。

一昨日から動かなくなり、昨日多分死亡だが念のためもう一日みたが、ヤツの身体にカビがはえはじめた。
死亡確定である。

おいらは小さい頃から様々な動物の死に触れてきたのでペットの死に関してはサバサバしてるのだが、じぃはあまり免疫がないらしくずっとかわいそうだかわいそうだという。
ちぃ太郎も何となく動かなくなった事をわかってるみたいで、いつもみたいに餌を入れたいと騒がなくなってる。

夕方、じぃとちぃ太郎と弔いに行きました。
多分17歳と思うのだが。
犬猫より長生きした感じ。


さて、空になった水槽であるが。
とりあえず稼働のままにしといて、時間が出来たときに完全清掃する。
水を張って水質が安定したら、ちぃ太郎とペットショップに行って、ちぃ太郎に魚を選ばせるつもり。
ちぃ太郎とともに17年生きるような魚ならば、ちぃ太郎が高校生ごろに往生か。
難易度低い長生きしそうな魚ねぇ。


2012年02月08日

ちぃ太郎が眠くなってコロコロしはじめた時に、

♪コロンコロン♪コロンコロン(緊急地震速報の音階)
緊急ちぃ太郎警報 強い眠気にご注意ください

と茶化しているんだが。
今日は起きてる時に、緊急地震速報。(佐渡島震度5)
そのすぐ後に、ちぃ太郎が股間をパンパン叩いておむつ交換をお知らせ。

見たら立派なウンコが。

ウンコ終了をお知らせするようになったのかな。
地震は東京までは届かないようなのでそのままおむつ換えした訳だが。
もし震源近い沿岸部に住んでいて巨大津波警報が出たとき、おむつ交換してから逃げるか、逃げてから避難先(屋外かもしらん)でおむつ交換をするのか迷うよな。

津波で流された自動車から母子が遺体で見つかった話とか聞くと、避難先で一晩過ごせるようにありったけのおむつやミルクや着替え用意してたら逃げ遅れたんではないかとか思ってしまう。
着の身着のまま逃げても、避難所というものは大人目線で出来てるから。

かといって、個人で赤ちゃん用避難袋を用意しても、赤ちゃんの成長は早くあっという間に使い物にならなくなる。

そこで思うのが既存の保育園の役割。
保育園は様々な月齢の子がいるし、昼寝もするし、食事もする。
着替えや寝具があり、災害時に親が迎えに来れないときの為に、1晩くらいの園児の備蓄はある。

こういった設備や備蓄を、その地域の乳児をもつ母子が裸一貫で避難してきても賄えるくらいの備蓄や設備に拡張出来ないだろうかと。地域の乳児避難所になれるぐらいの。
保育園なら在庫を多目に置ければ、古いものを使って新しいものを補充していくやり方で、常に新しいミルクや離乳食材料、水は常備出来るわけで。

災害が起きると必ずミルクや薬、おむつが不足してるという報道がある。
つまり赤ちゃん用の備蓄が自治体で十分な量がない。

震災直後、物流が一時止まっただけでも買い占め(普段より多く購入)が起こり、店頭から姿を消したぐらいで。
都内で物流が止まったら、非常時でも基幹業務で働いている母親は子供の物資を買いそびれてしまう。

総合こども園に体制が変わっても、保育園が地域の乳児の避難所になれるような機能を持たせられないだろうか。
津波浸水予想地域には高台や避難ビルに、乳児用備蓄を充実さする事は出来ないだろうか。

震災の翌朝にヘリでビル屋上から救助される乳児を見て、あの寒空でよく一晩耐えたと思った。
避難準備で逃げ遅れにならないよう、避難先で餓死や凍死、脱水症状がないよう、自治体は災害備蓄に乳幼児用は必要量あるのか、赤ちゃんはすぐ成長するので各家庭で備蓄しにくいことを踏まえて確認して欲しい。


2012年01月27日

原発停止しても、計画停電がない。
原発なくていいんじゃね?

これを言えてるのは多分、企業で仕事していない、
学生とか、主婦とか、ニートとか、生産活動経験のない活動家かと思う。

自然エネルギーに置き換え。
これを言えるのは、電力が急にダウンすると停電になること、停電が急激に発生すると逆流が起きて送電設備がダウンし、大停電になる事を知らない人かもしれない。
4月の予震の時に、仙台の中継映像で激しい光が見えたが、送電線が切れたりして停電が発生したときに、供給過多になり変電所でアーク放電し、結果的にその後次々停電していったわけで。

消費と供給のバランスをうまくとらないと、大停電を招く。
だから、天候に左右されやすい太陽光や風力発電は単体では存在は無理で、供給調節しやすい火力や水力、原子力と対にしないといけない。

火力については地球温暖化のCO2削減の関係で、震災前は極力抑える方向に動いていた。
そして今の政権は、脱ダム宣言とか言って、ダム建設を中止させようとしていた。
水力発電にダムは欠かせない。
その代わり原子力を推進して、さらにはエコキュート等の商品を出してオール電化でエコとか言ってきたわけである。

現在の電力は、大口需要の節電と火力発電フル稼働状態で成り立ってる。
日本の農地で生産できるバイオエタノールでは賄いきれないし、コストもかなり上がる。

ま、脱ダム宣言を取り下げ、水力発電を復活させるとかしないと、二酸化炭素排出量削減しつつ、自然エネルギーの安定的なバックアップは難しいと思う。
世の中、綺麗事だけでは成り立たず、どこかで妥協しなきゃならない。

自分が反原発、脱原発でないのは、現実的に考えて何も今脱原発をするよりも、
被災地の復興が急ぐべき事だし、その為には資材を滞りなく生産したりするためには安定的に電力が必要なんで、
脱原発はその後でしても遅くはない。

ただ、全電源喪失はシステム的なチョンボ。
震源地に近い女川原発がギリギリのラインで乗り越えたのに、福島第二も東海村も東通もギリギリ乗り越えたのに、
福島第一のは完全に対策不足だった。人災な面がある。

責任の所在は後でいくらでも追求出来るから、
今しなきゃならないのは事態の収拾と、再発防止。

追悼祈念行事の日に反原発活動とか、場違いだと。

あまりにもTwitterのフォロワーに脱原発って書く人多いんで、
自分は別に脱原発じゃねーよと宣言してみる。
むしろ原子力は火や刃物のように危ない面も道具としても研究しつくして欲しい。


2012年01月23日

97e88aa6.jpgPCメールを携帯転送して必要ぶんだけ読んでるので、携帯の着信音がウゼーので常日頃マナーモード状態。
でもほぼメールチェックはまめにしているんだが、ちぃ太郎の送迎、散歩中はこの限りでない。

逃げ回るちぃ太郎を捕獲したりするので、目が離せないのである。

本日も保育園の玄関までは携帯画面を見ていたのだが、ちぃ太郎を捕獲して着替えさせ家に着くまでは、携帯画面を見ていなかった。
しかし雨が降っていて、ちぃ太郎のベビーカーの雨カバーを家に忘れてきており、じぃに持ってこさせようかな〜なんて玄関口で思っていたくせに、傘をちぃ太郎にさして自分は濡れて帰ればなんとかなるだろう、なんて思ってしまいそのまま帰路についた。
その途中、やっぱりじぃに電話かけるんだったな〜とか、家に帰って雨具をとってから迎えに行けばよかったな〜、なんて思いながら脇目もふらず歩き続けた。

家に着くと、じぃ母があれ?行き逢わなかったか?と。
携帯見たら不在着信&メール。

雨具をもって行くからと…。

メールの着信時刻、保育園入った直後。
電話の不在着信、3分前!

なんて間の悪い俺様。
ええ、保育園出る前に携帯画面を見ていれば、ちょっと待っていれば雨具を持ったじぃが来たのですが、ちぃ太郎が通りたいコースとかありまして見事に行き違い。

数分後、引き返して帰って来たじぃに文句言われた。


その雨もぼたん雪にかわり、こりゃ積もりそうだ。
ちぃ太郎の服は北国購入の寒冷地仕様なので、多少の雨でも中は濡れずに温かい生地。
明日の木更津行きの仕事が延期になった事だし、早起きor遅刻して駐車場にちぃ太郎と足跡つけて遊ぶかね。


2012年01月21日

c0e2e9f3.jpg雪の降る直前、雪の降り始め、独特の匂いがする。
都会人はわかってくれない。
雪国出身の人はわかってくれる。

上空のオゾンを巻き込む説が有力らしいが。
オゾン臭を超薄めたら、言われてみればそうかもしれないが、そうでないかもしれない。
雪さらしでオゾン漂白効果があるのかわからんが。

雨の場合の土臭さは、湿度が上がると粘土質から出る臭いらしいい、雨上がりの臭さは微生物らしい。

しかしなんで降り始めだけ。
2日目にまた降り始める時はあんまり匂いがしないし、降る前にも匂いがするんだよな。
2日目の場合は鼻が慣れてしまったということにしたとして、降る前から匂うとか。
上空にあっただけでガスが降りるのか。

昨日「雪まつり」というか、雪からヨウ素検出マツリがあった。
通常定時降下物は1日ためてから、ゲルマニウム半導体で測るんだが、
あちこちに市民測定所が出来て、雪を集めてNaIシンチで測る人が続出。
予備知識の無いまま、測定器付属解析ソフトの結果を鵜呑みにし、ヨウ素検出と大騒ぎしてた。

雨の降り始めには、空気中浮遊の自然放射能(放射性鉛やビスマス)が多く含まれ、そのエネルギースペクトルがセシウムやヨウ素の近くにあるため、スペクトルに幅が出てしまうNaIシンチレーションでは分離できず、ソフトの計算仕様上無いはずのヨウ素まで数字を出してしまう。

専門家がスペクトルを見れば鉛やビスマスの影響による誤検出とわかるんだが、値は絶対と信じる測定初心者や「値を出して自分のやってることはやり過ぎてない事を証明したい下心」がある人は、出た数字を疑いもせず公表してしまう。

通常なら正常バイアスがかかって、測定時間を長くしたり再測定など確認行動をとったり、専門家に問い合わせたりするもんだが、
この気軽すぎるネット社会、いきなり公表する。

個人ならともかく、手数料とって事業しているところとなると、
「専門知識無い人が管理してるのかよ」
という事になり、風評(w)により事業が成り立たなくなる事になる。
測定器を使って事業をするとき、値の公表方法を間違うと信用が一気になくなる。

事故後早い時期から、おいらは測定器の格付けや測定士除染士などの制度をつくらないと、悪徳業者が湧いて出る、と思ってた。
事業をするなら、最低限の知識をもった資格者を置くとか、顧問つけるとか、そうしないと測定器に細工してわざと高い値出して物やサービスを高額で押し付けるビジネスが横行する。


話は戻って、雪に放射性鉛やビスマスって結構あるんだね〜。
鉛の匂いってのもありうるな〜と昨日思った次第。
ビスマスの臭いはどんなんだかわからないけど。

「私は放射能の臭いがわかる(キリッ)」な人は、検知してるんでしょうか。

超微量だけど鉛やビスマスってセシウムより毒性がある金属。
半減期短いとはいえ、結構あたったり小さい頃パクパク食べてたよ〜。

普段からそういう被曝や金属摂取を自然界からちびちびしてる。


2012年01月18日

年末年始は鼻水が垂れてなかったちぃ太郎が、一昨日から鼻水垂らしまくりで夜は口呼吸してるので、午前中休みをとって耳鼻科へ。

熱はなく鼻水は透明で、喉の上が少し腫れてるので、加湿して下さいと。
またネブライザーの為の通院になります。

ついでに俺様も診察。
俺様も鼻水とまんない。とりあえず市販の鼻炎カプセル飲んでしのいでた。
ちぃ太郎同様に腫れていて、夜は口呼吸。去年のこの時期も来たという事で、乾燥で舞い上がるハウスダストによるアレルギー。
加湿して、濡れマスクで寝ろと。

ナゾネックス(鼻噴霧薬)処方された。
これは花粉症にもよく効く。
飲み薬だと身体全体に抗ヒスタミンが効くので喉が乾いたり眠くなるんだが、鼻に直接なのですぐ効き眠くならない。

花粉症の人は流行して混雑する前にこの薬2ヶ月分をもらっておけば、楽にピークを乗り越えられる。

東京は乾燥注意報が連続34日。
砂漠並みの乾燥らしい。
静電気で帯電してくると埃も寄ってくるしな。


2011年12月27日

掛け算の表記の順番に拘る先生がいるのか、と愕然とした。

6×8は正解でも8×6はバッテン?あるいは算数のガラパゴス性:プロジェクトマジック:ITmedia オルタナティブ・ブログ
http://blogs.itmedia.co.jp/magic/2011/12/6886-2d5b.html

お役人かマニュアル先生の典型だなと思った。

でもたまには手順に拘らないと困る分野もある。
プログラムを組むとき、結果オーライ的なソースの組み方をすると、ソースを改変するときや引き継いだ人が勘違いをして、逆の数字を入れてバグになる事もあるし、
行列演算は順番は大事だ。

でも、小学生の段階で、答えは合ってるのに計算順序が逆だからと×をつけられたら、もしかしたらそこで数学が嫌いになってしまうかもしれない。
順番を拘るにしても△ぐらい。

文章を数式に表しなさいという出題ではない。
個数を求める問題なのだから。
勝手に4×12にしたのならともかく…。


人間社会に出ると、正解が無いことだらけ。
自分でやり方を見つけ、最善の方法を模索する力が求められる。

富士山の頂上に立つ、という課題があった場合、
富士宮から行くだけが手段じゃない、山中湖から行く方法もあるしし、ヘリで乗り付ける方法もある。
結果オーライという訳ではない。時間内にコストや目的に見合った最善の手段を選べるかのトレーニングである。

画一的な、正しいやり方、他は間違いという教えかただけでなく、多面的で柔軟な発想が出来る教育。
そうでないと、災害時に状況に関わらず点呼をとり避難経路通りに逃げる、または親へ引き渡し、なんて馬鹿な事をして、津波に呑み込まれる悲劇をまた起こしてしまう。
現に、手順を重視するあまり、予算や法令が無いと全く動けない行政のせいで、余計な被曝をしている人たちがいる。
そういう人が、掛け算の順番に拘るんだと思う。

つまらぬことで好奇心の芽を摘むような事をしたら、教育として本末転倒。